« 『ホエール・トーク』  | トップページ | 花粉症 »

2005.02.12

メロンパン

1

もう三十年近く経つだろうか。夫の仕事で私は、中東のある国に駐在した。東洋を思わせるレストランは、かろうじて中華と呼べるものが一軒あるだけだった。豚肉料理はもちろんなし。禁酒国なので料理にもお酒が使えない。料理の本を見ながら、私はどれだけ日本食を懐かしんだことだろう。でも、一番恋しかったものはメロンパンだった。

休暇でヨーロッパに行き、日本食を食べることはできた。でも、パンが違う! 菓子パンがない! 日本に帰国するまで、とうとうメロンパンを口にできなかった。

このコーヒーカップは、あるパン屋の景品でもらった。メロンパンをせっせと食べ続けて。さあ、次はおそろいのパン皿の番だ、と思ったとたん浮気をしてしまった。違うパン屋のメロンパンに恋をしたのだ。現在は毎日のように、そこに通いつめている。当分、熱はさめそうもない。このカップでコーヒーを飲みながら、昔の恋人を思い出しはするが、現在のメロンパンの魅力には勝てない。はたして、おそろいのパン皿は手に入るのだろうか……。 
 


« 『ホエール・トーク』  | トップページ | 花粉症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15706/2892498

この記事へのトラックバック一覧です: メロンパン:

« 『ホエール・トーク』  | トップページ | 花粉症 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa