« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.29

相太がオランダへ!

今日の新聞を見てビックリ! 

ただいま、父親の看病のため九州に帰省中です。
暑い中、看病は大変ですが、相太のオランダ出発には本当に驚きました。でも、フェイエには伸二がいるので案外いい選択だったかも。

持ってきたノートパソコンは、忙しくてまだ設定ができてないので、ただいまネットカフェーから自分のブログにアクセスしています。

父の回復はおかげさまで順調です。
一日も早くデジカメ写真がアップできますように!
フォルダにはたくさんお花の写真があるというのに!

2005.07.23

薮萱草 ヤブカンゾウ やぶかんぞう

152739111

15264111花は八重咲きですが、これは雄シベが花弁化したものだとか。原産地は中国で、若葉と花は食用や生薬として利用され、憂いを忘れ去れさせてくれる花としても知られているようです。別名の「ワスレグサ」は、そこから来たのでしょうね。もう一つの別名は「オニカンゾウ」。英語名は「orange daylily」です。

2005.07.22

ある日の井の頭公園

17275612

一昨日、吉祥寺に買い物に出かけたついでに井の頭公園によってみました。被写体を探しにいったわけではなく、夏の季節に訪れたことがなかったので、様子を見に行ったのです。涼しい日で、夕方ということもあって結構人がいました。知らない人にカメラを向けるのは、とても抵抗があるのですが、後姿なら少し気が楽です。繁華街の雑踏とは違って、のんびりとした光景に思わずシャッターを押しました。構図や光線の具合など考える暇がなかったのですが、写真に切り取られた一瞬は、自然でのんびりした午後のひと時という感じが出てるので嬉しくなりました。おほほ、自己満足もいいところ! お花の撮影とはまた違った歓びがありました。これだから写真はやめられないって感じです!

17323411

実はここのベンチに中年の男性が一人ぽつんと座っていました。最初の写真の若者とちがって、こちらはシャッターを押すのを躊躇するくらい寂しげでした。しばらく撮ろうかどうしようかと迷っていたのですが、何もせずに立ち去りました。池の周りを散歩してまたここに来てみたのですが、もうあの男性はいませんでした。記念にそのベンチを写しておきました。

17423411

無言。


2005.07.21

カサブランカ かさぶらんか

16160721

16164811

ユリの女王ともいわれるカサブランカ。でも、マンションの中庭に咲いているカサブランカはとても女王とは言いがたいですね。花の重みで、こんなに頭をたれています。もっと女王らしくしていて欲しいのですけど……。原産地は中国、日本だそうです。

2005.07.20

アメリカ梯梧 アメリカデイゴ あめりかでいご

10091811

10103011

10093911最初にこの花を見たときはちょっと驚きましたね。南アメリカ原産で、江戸時代に日本に到来したとか。いかにも南国の花という感じがします。アルゼンチンとウルグアイの国花だそうです。日本では鹿児島県が県花に指定してるとか。別名は「海紅豆(かいこうず)」。英語名は「Common Coral Tree」、「Cockscomb Coral Tree」「lucky bean tree 」など。

2005.07.19

ランタナ らんたな

10273211

12590311

紫陽花と同じように、ランタナも花の色が変化しますね。「七変化」という和名も同じです。そのほかにも「紅黄花(コウオウカ)」という別名もあるようです。ランタナは亜熱帯地方原産で、わが国には江戸時代末期に渡来したとか。英語名は「common lantana」「shrub verbena」。そういえば、バーベナにもちょっと似てますね。

紫陽花 アジサイ あじさい

171711111

172213111

1720411117224111写真は一ヶ月ほど前、マンションの中庭に咲いていた「墨田の花火」。なかなかしゃれたネーミングですね! 
アジサイの別名は「七変化」、「手毬花」。英語名の「Hydrangea(ハイドランジア)」は、ギリシャ語に由来し「水の容器」を意味するとか。その他の英語名は「Wild Hydrangea」、「Seven Barks」、「Hydrangea vulgaris」、「Common Hydrangea」など。

2005.07.18

光 ヒカリ ひかり

17102111

13592211

アメリカンブルー あめりかんぶるー

13364311

13364911

「アメリカンブルー」というこの花は、アメリカでは果たして何と呼ばれているのかしら? 調べてみると、英語名は「blue daze」、「evolvulus」。日本の別名も「エボルブルス」でした。原産地はブラジルで、花言葉は「あふれる想い」だそうです。

2005.07.17

ハイビスカス はいびすかす

17264321

15263611

夏の花、ハイビスカスにもいろいろありますが、やはり赤が一番って感じです。大らかで、それでいて華やかなところがいいですね! 抜けるような青空を背景に撮りたかったですけど……。別名は「ブッソウゲ(仏桑華)」。原産地は意外にも中国南部です。ハイビスカスは一日花なのですね。英語名はもちろん「Hibiscus」。

2005.07.16

アザミ あざみ

17313011

1732031117330211近所の駐車場の隅に咲いていたのに、二日後のお天気の日に行ってみると、もう刈り取られていました。代わりにバイクが三台どーんと置いてありました。以前にアップしたアザミです。

2005.07.15

瑠璃茉莉 ルリマツリ るりまつり

13040711

13044311

130529211

蒸し暑い時期にさわやかな色で目を楽しませてくれますね! 
瑠璃色の花を咲かせ、花がジャスミン(茉莉花)に似ていることから瑠璃茉莉という名がついたとか。日本では薬草として利用されてきましたが、南アフリカ原産のこの花も、現地では民間薬として知られているそうです。英語名「leadwort」、「Cape leadwort」、「blueflowered leadwort」、「plumbago」など。

2005.07.14

凌霄花 ノウゼンカズラ のうぜんかずら

10172611

10181311

10234811梅雨頃から盛夏にかけて、塀の上などに橙色の花を多数つける蔓性の植物。花の数も、色も、暑苦しいけれど、なぜか元気を分けてくれます! 中国原産で、英語名は「Chinese trumpet creeper」「Trumpet Vine (Campsis grandiflora)」。

2005.07.13

アガパンサス あがぱんさす

10271411

174126111

17423331

この時期、あちこちのお庭や玄関先で見かけます。和名は「ムラサキクンシラン(紫君子欄)」。原産地は南アフリカですが、「アガパンサス」の語源はギリシャ語で、愛を意味する「アガペー」と花を意味する「アントス」からきているとか。英語名は「African blue lily」。

2005.07.12

フクシア ふくしあ

1707181

17455111

欧米ではポピュラーな花で、色や形もいろいろある。原産地は南アメリカ。日本では「ホクシャ」とか「ツリウキソウ (釣浮草) 」の名でも呼ばれている。英語名は「Fuchsia」や、耳飾りのような形から「Ear drop」、「Lady's eardrops」などの名前もある。

黄色い野草 オオハンゴンソウ(大反魂草)

15435011

ゆり子さんから「オオハンゴンソウ(大反魂草)」だと教えていただきました。ありがとうございます。

2005.07.11

木槿 ムクゲ むくげ

110724111

11082311

10001011

110736211大輪の花が本当にきれいですね! 原産地はインドや中国で、花言葉は「信念」。韓国の国花だそうです。五弁の花の中心にあるのは大きな雌しべで、これに雄しべが多数付着しているのだとか。英語名は「Rose of Sharon 」「Shrub Althea」、「Hibiscus syriacus」。

2005.07.10

アブチロン あぶちろん

10305911

103031111

10300211原産地はブラジル。アブチロンには傘のように花びらが開いたものと、ランプ型のものがある。写真のような花を「チロリアンランプ」と呼んでいる。別名は「浮釣木(ウキツリボク)」、「イチビ」、「ショウジョウカ」など。英語名は「Abutilons」、「Chinese Lantern」。

2005.07.09

紫陽花 アジサイ あじさい

16003311

16092311

16381011

三枚とも、かなり最近の写真なんですよ。けっこう可憐で思わずシャッターを押しました。

山保呂之 ヤマホロシ やまほろし

135229211

別名「ホソバノホロシ(細葉保呂之)」ともいうようです。

2005.07.08

白粉花 オシロイバナ おしろいばな

16505011

16502621

16520611別名を「夕化粧」ともいい、花は夕方開いて、明け方にしぼんでしまう。「オシロイバナ」という名前の由来は、種子の中の胚乳が白粉のように真っ白なところからきているとか。英語名「marvel of Peru」「four o' clock」、「marvel-of-Peru」、「beauty-of-the-night」。

ギボウシパトリオット

12413611

15413311パトリオットというと、ミサイルを思い浮かべてしまいますけど……。公園や道端などあちこちで見かけます。原産地は日本、中国など東アジア。英語名は「Plantain lily」、「Patriot hosta 」。

2005.07.07

野生のカンナ

15065911

152100111

この辺りの散歩道には野生のカンナがかなり咲いています。

悪茄子 ワルナスビ わるなすび

14383411

いや~、何ともコメントのしようがない名前ですね。命名は牧野富太郎博士だとか。北アメリカ原産で、別名も「オニナスビ(鬼茄子)」。英語名は「Carolina horsenettle」、「Horse nettle」。

2005.07.06

紫陽花のある風景

16515211

黄色い野草

153020111

ブーゲンビリア

175102111

10153111赤い花のように見えるのは、花ではなく苞(ほう)で、その中心にある黄色いしべのようなものが花だとか。苞(ほう)の色は白、ピンク、黄、橙、紫などがある。英語名は「Bougainvillia」。

2005.07.05

朝顔 アサガオ あさがお

10284211

子どもの頃、オシロイ花と朝顔は夏の風物詩でしたが、今は見かけなくなりましたね。久しぶりに目のさめるような紫の大きな朝顔を見ました。英語名は「morning glory」ですって!

蛍袋 ホタルブクロ ほたるぶくろ

15051911

皇居にホタルブクロが咲いていました! 白と薄紫の花がたくさん背景に写っていますが、かなり群生してました。子どもたちが、ホタルを花の中に入れて遊んだことからこの名前がついたとか。英語名は「Cherry Bells」、「Bowl of Cherries」、「spotted bellflower」など。

2005.07.04

雨上がりの紫陽花 アジサイ

16315311

17035211

雨上がりのアジサイを初めて撮影。


黄色い野草

17321211

泰山木 タイサンボク たいさんぼく

15531111

16585511

タイサンボクの花は淡い香りを放ち、白木蓮によく似ている。「大山木」と綴ることもあるようだ。北マメリカ原産で、日本へは明治の初めに到来した。英語名は「southern magnolia」、「bull bay」。


2005.07.03

紫陽花のある風景

17063111


薄紫色の花

15022311

網のフェンスから顔を出していたお花を、思いっきり接写でパチリ。網を入れたくなかったので、ぎりぎりまで接近したら、こんなに面白い写真が! お花の名前は何かしら?


2005.07.02

白い紫陽花 

16413411

16401911そろそろ紫陽花の時期も終わりかなと思ったら、真っ白な紫陽花が咲いていました。枯れゆく紫陽花の中にあって、清楚で花嫁さんのブーケみたいでした!


松葉菊 マツバギク まつばぎく

14440821

14444211葉が松の葉、花が菊に似てるのでこの名前がついたのでしょうか。原産地は南アフリカで、花びらは光沢があります。別名を「サボテンギク(仙人掌菊)」ともいうようです。英語名は「fig marigold」、「icicle plant」、「pebble plant」など。

酔仙翁 スイセンノウ すいせんのう

16375521

トーマス・ジェファーソンが幼少の頃から愛したお花だとか。英国でも伝統的に好まれてきたようです。原産地は北アフリカおよび南ヨーロッパで、別名を「フランネルソウ」ともいう。英語名は「Rose Campion」、「Dusty Miller」、「Mullein Pink」など。

2005.07.01

時計草 トケイソウ とけいそう

17022311

17024311

時計草!思わずうなってしまうほど、ぴったりのネーミング! で、すぐに頭に浮かんだのは「英語名は?」だった。早速ネットで調べてみると「Passion Flower」だと判明。しかも情熱のpassionではなく、キリスト受難の意味のPassion。この花を見つけたスペイン人の宣教師の頭には、即「キリストの磔刑」が浮かんだらしい。中央の柱頭を釘に、その下の葯(やく)を5ヶ所の傷、鮮やかな棒状の副花冠をいばらの冠、がくと花弁を10人の使徒に、巻きひげと葉を迫害者のむちとみなしたとか。宣教師以外の人が見つけていたら、英語名も違ったものになっていたかも……。
私には、アメリカ先住民の羽で作ったヘッドドレス(頭飾り)にも見えましたけどネ。


糊空木 ノリウツギ のりうつぎ

15173611

ウツギに似ているし、樹液から和紙をすくときの糊が取れるのでこの名がついたとか。アジサイに似てると思ったら、ユキノシタ科アジサイ属だそうです。別名は「サビタ」。英語名は「peegee hydrangea」、「panicle hydrangea」。


紫陽花のある風景

170521111

花の重みで下のほうは地面についてますねぇ。本当に重そう。


« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa