« 薔薇 ばら | トップページ | 椿 つばき ツバキ (2) »

2006.01.17

椿 つばき ツバキ (1)

pict025211


pict0101123pg1

椿がもうこんなに咲いていました! うん、やはり山茶花とはしべが違いますね。椿のしべは、すっと長く伸びてまとまtっていますが、山茶花のはまるっこく広がった感じですものね。花の姿のまま散るのが椿、花びらが分かれて散るのが山茶花といわれています。

« 薔薇 ばら | トップページ | 椿 つばき ツバキ (2) »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

椿がもう咲いているのですね。
ウチの庭では今、山茶花が見頃だったりします(笑)
椿って花の姿のまま散るのですね。沙羅双樹もそうですが椿も同じ品種になるのでしょうかね。京都はまだまだ寒いですし…花をあまり見掛けません。植物園の温室にでも行こかな(^^;

首からポトリと散るという意味で、武士は椿を嫌ったようですよ。

冬はお花が少なくて寂しいですね。来週福岡は冬に逆戻りするそうです。いつかお天気のいい日に「のこの島」に水仙を撮りに行こうと思ってます。でも、いつもマクロばかりなので、広々としたお花畑は勝手が違うでしょうね。(何事も練習、練習!)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15706/8206102

この記事へのトラックバック一覧です: 椿 つばき ツバキ (1):

« 薔薇 ばら | トップページ | 椿 つばき ツバキ (2) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa