« キチョウ | トップページ | 夏の終わりに 傷ついたナミアゲハ »

2006.08.30

名前知らずの昆虫 判明:オオスカシバ&イボバッタ

今年の夏から昆虫撮影にハマりました。今までまったく興味がない分野だったので名前調べが大変です。だいたい蝶かトンボくらいの区別しかできなかったので、それ以外の虫を撮ったときは大変です。今日は名前が判らないままで申し訳ないのですが、アップします。

↓高台にあるお宅のフェンスの上にニガウリの花が咲いていました。カメラを構えると黒い虫が! 何だかバットマンみたい!

Pict05321231

↓フェンスから黄色いランタナが顔をだしているお宅があるのですが、そこを通りかかるとお花の上で何かが動いていました。即、カメラで撮ったので、露出やシャッタースピードは以前のまま。日差しが強い上に設定が悪いので見にくいですね。設定を変更する時間もなく、下の3枚を撮ったところで逃げられてしまいました。ランタナの花より大きい虫、いったい何でしょう?

ryoiさんにより名前が判明しました! オオスカシバ(スズメガ科)だそうです。普通は胴体が鶯色をしているようです。この色は珍しいのかも。英語名は「Coffee Hawk Moth」。(2006/08/30,16:30追記)

Pict0760121

Pict07611121

Pict0763121

↓この色のオオスカシバが一般的で、上の色はめずらしいようです。9月8日実家の近所で撮影。(2006/09/09追記)

Pict0121121

Pict0122111

↓みるからにグロテスクな昆虫ですね。気持ち悪い~~なんて思いながら撮りました。

※こちらもryoiさんにより判明。イボバッタです。ありがとうございました。(2006/08/30,16:30追記)

Pict066011

« キチョウ | トップページ | 夏の終わりに 傷ついたナミアゲハ »

写真」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

よく撮れていますね。ピントもしっかり合っていて翅の躍動感もよく出ています。少し露出オーバーでしたね。色は白っぽく見えますが、ハネが透明なので「オオスカシバ」ですね。本当はもっとうすい苔色のはずなんですが。下の多分イボバッタは蜘蛛やカマキリに比べたらはるかに可愛い者だと思いません?

追記
鶯色でないオオスカシバは珍しいようですよ。
http://www.city.funabashi.chiba.jp/kankyohozen/envmap/photogallery/insect/08-0702.html

♪ryoiさん
いつもありがとうございます。
オオスカシバというんですね。ネットで確認しました。普通は鶯色のようですね。もう一つはイボバッタかな?って思ってました。これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15706/11682472

この記事へのトラックバック一覧です: 名前知らずの昆虫 判明:オオスカシバ&イボバッタ:

« キチョウ | トップページ | 夏の終わりに 傷ついたナミアゲハ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa