« デュランタ・タカラヅカ | トップページ | セグロアシナガバチ »

2006.08.12

ムラサキシジミ

早朝、父と散歩をしているときに見つけたのですが、ムラサキシジミではないかしら?

Pict013511

私はかなり歩くのが速いので、一人で散歩をしていたらきっと見過ごしていたでしょう。歩けるようになったとはいえ、父の歩調はまだまだだゆっくり。そんな父を気遣いながら歩いていると、道に綺麗な何かが! 近寄ってみると、この蝶々でした。もちろんカメラは持ってなかったので、父と家に帰り私だけすぐに蝶のところへ。

Pict0087121

写真を撮りながら観察すると、どうも死んでいるようです。

Pict011311

時折さわやかな風が吹いて秋が近づいたことを肌で感じるのですが、上の羽が風にめくれて下から羽がのぞいていました。この時間帯はまだ日陰が大部分でしたが、日中のアスファルトの温度は相当なものでしょう。ムラサキシジミさん、どうぞ安らかに。次回はぜひお花とコラボでね!

Pict058812jpg1

↑この蝶々が飛んでいるときは、薄紫色にきらきら輝いて綺麗ですね。でも、裏はこんな色です。(2006/08/26撮影)

↓生きたムラサキシジミの画像です。(2006/09/02追記)

« デュランタ・タカラヅカ | トップページ | セグロアシナガバチ »

写真」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、死んでたんですか!それはとても残念・・・
私も一度だけ撮ったことがあります、しかも去年の12月に。
http://kyonch.cocolog-nifty.com/www/2005/12/index.html
この蝶、越冬するらしいのですよ・・・・すごいですよね。
こんなに小さくて綺麗なのに、パワフルな蝶々です。
長い時間を生き抜いて、旅たつ蝶々。ごくろうさまでした。

私も早足なのですよ、だからしょっちゅう「ホラ、ここにこんなのがある!」とかおとーさんに注意されます。
カメラをやっているとどうしても目先のものに気をとられてしまいますしね。
たまにはゆっくりお散歩、いいですねぇ。
私の父はまだ散歩はまだ出来ませんが、秋になったら少し歩いてみたいですネ♪

>きょんちさん
そうなんですってね。この蝶々、越冬するとか!すごいですよね~。
きょんちさんは蝶の裏も撮影されてましたね。羽を開くとあの色になるなんて自然って本当に不思議です。
暑いときなのでお父様の散歩は秋からにして、今は休養されたほうが賢明ですよね。 

実はですね、偶然に私も今日ムラサキシジミを撮ったのです。羽を広げない、じっとしていない、でやっと羽を広げたので何枚か撮ったのですがほぼみんなボケていました。すごいがっかりです。ちょっとねばったのですが、二度と開帳せずそのうち雷が大地を震わせて鳴り出したので早々に引き上げてきました。落雷で3度停電しましたよ。
とりあえずこちらのブログに不満なれど、アップしておきました。
http://ryoi4141.exblog.jp/

> ryoiさん
おお、ムラサキシジミ偶然ですね!
蝶々は落ち着きがなくあっちヒラヒラこっちヒラヒラで撮るのが難しいですね。でもryoiさんのはちゃんと撮れてますよ!
雷すごかったようですね。こちらは酷暑、猛暑で息をするのもシンドイですぅ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15706/11399037

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキシジミ:

« デュランタ・タカラヅカ | トップページ | セグロアシナガバチ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa