« 薔薇とトンボ | トップページ | ゲンノショウコ 現の証拠 »

2006.10.14

秋の桜 新宿御苑

ちょっとだけ時間があったので新宿御苑のバラを見に行きましたが、その前の桜で時間をつぶしてしましました。次回は望遠レンズで挑戦したいですね。一番上が十月桜、下二枚がコフクザクラ(子福桜)。コフクザクラは八重なのですが、一輪か二輪ぽつんぽつんと咲いてちょっとさびしかったですね。

Pict0119111

Pict1473111

Pict1480111

一番上の十月桜は望遠レンズで撮った画像に差し替えました。(2006/10/15追記)

« 薔薇とトンボ | トップページ | ゲンノショウコ 現の証拠 »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、瑠璃さん。
も十月桜のシーズンですか・・・・
新宿御苑、このごろまったく行っていないのです。
実は11月から新たにデジタル一眼のクラスを任されることになったので、今大好きなネットも閉じて(笑)頑張って勉強しています。
教えていただきたいのですが、F6というのはどんなレンズですか?
すごく気になっています・・・

♪きょんちさん

おお、それはすごい! キャノン限定のクラスですか?がんばってくださいね。

F6はレンズではなく銀塩一眼レフカメラです。ろくにカメラや写真のことも解ってないのに我ながら恥ずかしい……。

構図もほんとに、なにか物足りないですね。画面も沈んだ感じですね。そういう花もあるでしょうが桜ではどうでしょう。もっと明るくしたら多少は雰囲気は違うかも。自分も桜を撮って画面をみたら、やっぱり何か違うんですね。こういう季節には向かないと思っていたのですが、とちたんの桜は明るかった。同じ御苑のサクラかな。
http://plaza.rakuten.co.jp/tls816/diary/200610070000/

おはようございます。
秋の桜は春のように爛漫とは咲かないので、そこはかとなく冬に向かっている雰囲気が出ていれば良いと思います。特に朽ち行く葉の入れ方は正解です。画面の構成と構図を考えて、素材を対象だけに絞って思い切ってカットしてみて下さい。別にバックを残す必要は無いように思いますが如何でしょうか...

♪ryoiさん

とちたんさんの桜、綺麗に撮れてますね。青空だけに秋の桜らしい郷愁も漂っているように思います。
ここ新宿御苑の十月桜はかなり花をつけていて木全体では華やかです。が、やはり秋の桜なので一つ一つはとても儚く可憐な感じがします。御苑でも神代植物園でも晴れていたら青空を背景に、あるいは逆光の白い背景で撮るのは比較的容易(技術的にじゃなくてチャンスが多いということ)なので、私は今回は違ったことにチャレンジしてます。結果は期待通りには行きませんが、まあ、長い目でみてやってくださいませ。
昨日はマクロだったので、私が目指した背景に入る桜が限られていましたが、今日は望遠レンズを持っていったので、少しだけ選択肢が増えました。

♪イソップさん

アドバイスいつもありがとうございます。確かに背景をガチガチに入れる必要はないですね。

一番上は、やはり時を待てばもっと私の思う背景の色になるように思います。今日、望遠レンズで撮り直しましたので、お花の選択肢が少し増えました。もう少ししたらまた撮ってみます。もしかしたら背景に光が当たっているときのほうが私の思う色がでるかもしれません。WBも少し変えてみました。

やっぱりこの方がいいです。白は画面が締まる色ですから露出については、オーバーになると、グラデーションやテクスチュアーが埋没したり飛んでしまうので、スポット測光がいいでしょう。1枚目もアイリス・ゴーストが少しうるさいけど淡いピンクが良い雰囲気を醸し出しています。

♪イソップさん

次回からスポット採光やってみます。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 薔薇とトンボ | トップページ | ゲンノショウコ 現の証拠 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa