« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.30

蝶と山茶花 (大濠公園)

大濠公園で心行くまでユリカモメの撮影をした後、舞鶴公園へ抜ける道に八重の山茶花が咲いているのを見つけました。後ろに土手があり、丈の低い木だったので撮るのに苦労しました。でも久々の100ミリマクロだったので必死で撮りました、八重の白い山茶花ですもの! でも、それだけじゃないんですよ、おまけがありました。何とお花の後ろに蝶々が! じっとして動かないのですが寒かったからでしょうか? ちょっと心配です。

↓もう少し絞った方がよかったですね。

Pict00771_2

Pict002611_2

2006.11.29

光明禅寺の紅葉 3 (大宰府)

光明禅寺のお庭の紅葉はため息が出るほど見事です。腕の違いがあるにせよ皆さんだいたい同じような構図になるのは避けられないような気がします。人のまねをしないでいかに独自性を出すか今後の課題ですね。プロの作品はやはりそこが違うなとつくづく思いました。今日はお庭ではなくお寺の境内(とっても狭いんですよ)の写真をアップします。昨年は撮らなかったシーンです。 お庭でもそうでしたが、光に泣かされました。時間帯が悪かったのかもしれませんね。

Pict00061

Pict00271_1

Pict0066121

Pict001131_1

P10002711

2006.11.28

ゆりかもめ (都鳥) 大濠公園

Pict00331_1

Pict00421

Pict03981_1 光明禅寺の紅葉は二日分ほど画像があるのですが、毎日同じものが続くと面白くないので今日は「ゆりかもめ」をお届けします。舞鶴公園に隣接した大濠公園へ行ってみました。目的は日本庭園の紅葉でしたが、見ごろは過ぎてもう散り始めていていました。

Pict04371 でも大量のゆりかもめがのんびりと池で遊んでいましたよ。こちらのほうがはるかに面白かったですね。じっと眺めていても飽きることはありませんでした。

→バックに飛んでるゆりかもめを入れて。

Pict00951 こんなにたくさんのゆりかもめがいました! いっせいに飛び立ったり、数羽が飛び立ったり、広い公園の池で楽しそうでした。

Pict00911

池に映るゆりかもめを追うのも楽しかったのですが、朝晴れていた空もだんだん曇ってきたので、それがちょっと残念でした。

Pict03271 飛んでる姿ももちろん撮りましたが、飛び立つ瞬間を撮るほうが私には楽しかったですね。ここは行きやすいのでまた撮りに行こうと思ってます。

Pict03281_1 ふふ、楽しくて撮りまくりました!

Pict06611_1 ←ちょっとブレてるかも。 着地シーンです。

2006.11.27

光明禅寺の紅葉 2 (大宰府)

光明禅寺は小さなお寺ですから画像はどれも昨年と同じような構図になってしまいました。禅寺なので紅葉以外被写体探しに困ります。昨日と同じような画像ですみません。

P10000811_1

P100006121

↓この木の格好、思わずにっこり。禅寺にお似合い?

P10000761

P100006411

↓コンパクトのデジカメで撮影

Pict000421

2006.11.26

光明禅寺の紅葉 1 (大宰府)

福岡の紅葉の名所といえば筆頭はここ、太宰府にある光明禅寺です。昨年より色づきはよくありませんでしたが、それでもじゅうぶん堪能できます。週末だったのですごい人出でしたが、ほとんどの人が静かに異次元の世界に浸っていました。何度来てもいいですね!

↓瓦の色をきれに出すのは本当に難しいですね。

P100014611

P10000751

P100008011

P100002021

2006.11.25

水仙(ペーパホワイト) 新宿御苑

新宿御苑にはもう水仙が咲いていましたよ! 雪のように真っ白なペーパホワイトです。秋の陽を浴びて輝いていました。

Pict03041

↓光を思いっきり浴びた白いお花の撮影は本当に難しいですね。色々露出を変えてやってみたけど、やっとこれがどうにか大丈夫そう。

Pict037011

↓葉っぱが光ってしまいましたね。水仙のお花だけ光って欲しかったのに。

Pict058111_2

2006.11.24

子福桜 新宿御苑

前回よりもさらに桜らしくなってましたね。八重の花びらのせいでしょうか。周りも色づいてちょと華やかになってました。何度撮ってもまた撮りたくなるから不思議です。

Pict06541

2006.11.23

紅葉はまだまだ 新宿御苑

今年の紅葉は遅いようですね。色づきもあまりぱっとしないようです。新宿御苑のモミジもまだまだっていう感じでした。明日から福岡なのでこれが東京のモミジの見納めです。

Pict011921_1

Pict012611_1

↓落ち葉も子供たちにとっては楽しい遊び道具なのでしょうね。

Pict0193121

2006.11.22

ツワブキのベッドで

Pict06981 新宿御苑にもツワブキが咲いていましたが、やはり見ごろは過ぎていました。でもよく見るとそのお花に昆虫が! 蝶もトンボもすっかり姿を消して寂しくなっていましたから、早速カメラを向けました。背景が暗くてちょっと見にくいですね。

Pict03921 ツワブキのあちこちに同じ昆虫がいたのですが、いつの間にか同じお花に二匹……。

Pict04541_1

私も暇ですね! 色んな角度から撮影するなんて。

Pict03991_1 でも夢中になって撮影しているうちに何と三匹に! 三つ巴ですね。どうも喧嘩してるようです。趣味悪いのですが低速シャッターで撮らせていただきました。

2006.11.21

Bad  Day

Pict004212jpg1_2  本物もニセ物も今日の空は青かった。

Pict00391_1 ビルに映ったビルも、

Pict005312jpg1_1 本物のビルも、いつもと同じ。

Pict00631_1 少なくともこの橋をわたるまでは。

うう、その後は……恥ずかしくておそまつな話なので省略!

Pict065611

で、時間があれば新宿で行くところは一つ。新宿御苑。

うう、90ミリマクロが狂った。もわ~としか写らない。すりガラスのような世界。他のレンズは異常なし。ボディもすこぶる健康。

御苑の近所のビルに映ったビルでさえこんなにはっきりしているのに。ビルに反射した太陽でさえ、木陰からこんなに光線を放っているのに……。ふぅ~。

2006.11.20

雨上がりの山茶花

Pict026921 最近はその日暮らしなので雨が降ると画像がありません。そんな私を憐れんだのか少しの間晴れ間が! 近所の公園へまたあのお花を撮りに行きました。そう、冬になると何度も登場する山茶花です。

Pict03121 写真を撮っていると公園の係りの方が通りかかり、今年は6月ごろたくさんの虫がついたので駆除したせいでお花の数が例年より少ないとのこと。写真を撮ってもらって係りの人も嬉しそうでした。

Pict03371_1 綺麗に撮れているといいのですが……。でも紅葉した樹木の中にあって山茶花も今の季節は幸せだなって感じながら撮りましたよ。

Pict011311_2 この画像が一番背景に紅葉の色が出てますが、お花の写真も続くとちょっと飽きるかもですね。

2006.11.19

神楽坂でランチ

金曜日は友人二人と神楽坂でランチ。ランス風料理で、値段の割りに味は???でございました。写真はそのメインディッシュ。ボリュームも満足度もサラダかと思ったくらいです。野菜の下には割いて味付けした鶏肉があり、私にはシーチキンといっても通るくらいでした。もちろんシーチキンのはずはありませんけど。最初はスープだったのですが、冬に冷たいビシソワーズ風スープでございました。シャンパングラスのような器に入った冷たいスープ。冬にですよ! 全員ひと口飲んで「ふぅ~ん」としか言いませんでした。まあ、おしゃべりが楽しかったからいいですけど……。食事の満足度と写欲が呼応してるのか、この日は最後まで写欲がわきませんでしたねぇ。

Pict003511

2006.11.18

萩 ハギ

古来から日本人に親しまれ和歌にも多く登場する萩ですが、まだ咲いていました! hashi34さんのブログ84imageにも最近登場したので、私も近所の野草園に撮りに行ってきました。でも数日前に草刈と選定をしたようでかなりすっきりとした姿になっていました。 下のほうにもシルエットのように入れようと思っていたのですが、選定したあとでは無理でした。雨も待っていたのですがそれも望めそうにありませんので今日のアップとなりました。右の黄色はツワブキです。ピントも甘いのですが、絞りも足りなかったみたいです。

Pict023211

昨年ちひろ美術館で撮ったです。↑の萩とは種類が違うようですね。近所のは柳のように長い枝がたくさん下に垂れ下がっていましたから。植物はいろいろあって難しいですね。

2006.11.17

大宮桜 オオミヤザクラ

東京都の中心にある大宮八幡宮。そこの境内に咲く桜が大宮桜です。毎年初詣の頃にも花をつけて人々の目を楽しませてくれます。来年の元旦は東京にいないので、今年は早々と写真に収めてきました。境内は七五三のためにテントが張られていて、なかなか上手く写真が撮れませんでした。大宮八幡宮の裏手には和田堀公園があり同じ日にそこで秋本番の樹も撮ったのですよ。紅葉と桜を同時に撮るなんてぜいたくですね!

Pict04021_1

千年の歴史を誇るこの地は、かつて「多摩の大宮」と呼ばれていました。東京都では三番目に広い境内を有する神社だそうです。今年の元旦にDimageA200で撮った大宮桜です。デジカメデビューしてやっと一年目の時ですね。コンデジからDimageA200に変えて3ヶ月、絞り優先も知らない時でした。あれから少しは進歩したのでしょうか? 機材が高級になったことだけは確かですけど。

Pict03601

↓風のせいでしょうか、花びらがちょっと乱れていますね。時間が取れたら撮り直して来ます。

Pict04551

Pict039041

都内で咲いている秋の桜、十月桜(駒場野公園)、子福桜(新宿御苑)です。

2006.11.16

石蕗(ツワブキ)にお客様

マンションのお庭に数箇所ツワブキが咲いています。お花のない時期に黄色い花の群は目立ちますね。でもそろそろ終わりでしょうか。

Pict02481

ツワブキの葉は艶があって写真に撮る時にちょっと困るのですが、名前の由来は艶葉蕗(つやばぶき)から転じたと考えられているそうです。別名は「イシブキ」「ツワ」など。葉っぱに艶があるので↓のような色になってます。

Pict025521

菊のお花かと思うようなツワブキが咲いているのですが、このお花がキク科だと判ってなるほどと納得。葉と茎は民間薬として利用され火傷や打撲に効くそうです。

Pict014311_2

2006.11.15

蔓花茄子 ツルハナナス

Pict053321

Pict06141231_2 和田堀公園に行こうとして迷子になったとき、とても綺麗なツルハナナスの花が咲いていたんですよ。ガレージの上で咲いていたので見上げるようにして写真を撮ったのですが、空に向かって咲いている姿も情緒がありました。

Pict05661

このお花はヤマホロシとは別種で、葉っぱの形が少しちがうようです。とても可愛い星型のお花ですが、時間が経つと薄紫色から白色に変化します。原産地は南アメリカで、英語名は「Potato vine.」。

2006.11.14

秋本番 (病気も本番?)

数日前、和田彫り公園に散歩に行き、この画像を撮りました。あいにく広角レンズを持ってきてなかったので50ミリマクロでの撮影です。

Pict057211

で、次の日やっぱり広角レンズで撮るべきだわと決心し、出かけたのですが、途中でお日様が雲隠れ。仕方なく散歩は中止です。で、昨日、もう一度同じ場所へ。でも近道をしたつもりが……トホホ。道に迷って、気がついたら和田彫り公園じゃなくて善福寺川緑地を歩いていました(ん、もう! アルツハイマーの初期症状?)。日は暮れるし足は棒のようになるし、もう散々な一日でした。で、今日、また気を取り直して出かけたのですが、途中でお布団を干してたのを思い出し引き返しまた出かけ、やっと撮影にこぎつけました。でも、でも、あ~あ、家に帰ってPCで見て頭がグァーン!! 木が違ってる~。あの木はいったいどこにあったの???  やっぱりアルツハイマーはかなり進んでるのかなぁ……。

Pict0053111

あ~あ、先が思いやられるわ。

2006.11.13

木立(コダチ)ダリア 神代植物園

神代植物園にも皇帝ダリア(木立ダリア)が咲いていました! 場所はコスモス畑のそばです。10月頃植物園のダリア畑 にいっぱいダリアが咲いていて、そこで蝶の写真を撮ったのですが、もしかしたらそこにも植えられていたかもしれませんね。私が撮った場所は下に植え込みがあり見上げて撮るのはけっこう大変でした。もう少し下から写したかったのですけど……。何人かのアマチュアカメラマンがシャッターを切っていらっしゃいましたが、みんな口をそろえて綺麗な色が出ないとおっしゃっていましたよ。色が出ないと悩んでいたのは私だけではないのでちょっと安心しました。

Pict0296111

ここの皇帝ダリア(木立ダリア)は、昭和記念公園の皇帝ダリアとちがって俯きかげんのダリアが多かったですね。原産地はメキシコで、英語名は「Tree Dahlia]」。

福岡宮地獄神社、民家村の皇帝ダリアです。

2006.11.12

炎に向かって 

カクテールなど中心がまるで炎が燃えているようなバラがありますが、そんなバラ、大好きです! このバラの名前は何かしら? アブが炎にむかって飛んでるようにも見えますが、こんな綺麗な花の館で休息できたら幸せでしょうね。

Pict039741

2006.11.11

秋の青空にアブチロン

アブチロンも長く咲いてくれるお花ですね。赤と黄色の花の形が可愛いくて大好きです。ご近所に見上げるほど立派なアブチロンがあるので、秋の青空を背景に撮ってみました。以前アップしたものはこちらです。

Pict01731

2006.11.10

食欲の秋 カマキリ

Pict0455221_1 カマキリの世界にも食欲の秋があるのですね。それにしてもお行儀の悪い食べ方! でもこのお腹の具合からすると妊娠中なのかしら? だったら下を向くのは大変そう。

Pict048011 色んな方向から狙ってみましたが、何しろ大きな花びらの影でむしゃむしゃやっているので上手く撮れませんね。

 

Pict0442121 でも、食事中の写真を撮るのは昆虫とはいえ、あまり趣味のいいものではありませんね。撮っててもちょっと気が引けましたよ。それにしてもカマキリってけっこう器用なんですね。

Pict07251 で、さすがにご馳走様みたいですね!

Pict0691121_2 これってぜったいに満足してますよね。

※お花の色がうまく揃ってませんね。影になったところを撮るのも難しかったですが、お花の色がうまく出せてません。

ふぅ~、難しかった!

2006.11.09

皇帝ダリア 昭和記念公園

昭和記念公園には皇帝ダリアが咲いていました。随分背が高くて見上げないとお花が咲いているのに気がつかないくらいです。2メートル以上もあるんですよ。コスモスと一緒に円形花壇に咲いていたので、逆光で撮ってみました。

Pict07921

神代植物園に咲いている皇帝ダリア(木立ダリア)の画像はこちらです。

福岡宮地獄神社に隣接する民家村の皇帝ダリアです。

2006.11.08

コスモスにお客様 昭和記念公園

今日は青空が広がっていいお天気でしたね! 銀杏の色づき具合を見に昭和記念公園に行ってきました。何と花壇には少しだけ薄黄色のウインターコスモスが咲いていましたよ!! 前回ももちろん咲いていたのですが、曇り空で写欲がわきませんでした。紅葉の見ごろにはまだちょっとなので早めに切り上げてコスモスの花壇によってみると、逆光を受けてわずかながらもコスモスが輝いていました。よーく見るとそのコスモスにはお客様が!! マクロを忘れてきたので望遠レンズで撮りました。

Pict061211_1

2006.11.07

秋陽を浴びて 山茶花

Pict00491 近所の公園に椿かと思うほど美しい八重の山茶花が咲いていました。ちょっと風が強かったのですが静まったところを見計らってパチリパチリと撮って来ました。とっても誇らしげに咲いていましたよ。

Pict009211_3

たくさん花をつけていたので、被写体を探す愉しさも味わいながら撮りました。

Pict0389111

撮影に没頭していると一人のご夫人がやってきて、どういう風に撮っているの見せてくださいと言われました。モニターを見せると、携帯しかないけど私も撮っていこうと一生懸命携帯のカメラで撮っていらっしゃいました。Pict020511

山茶花は数本あるのですが、落ち葉の上に山茶花の花びらが散って秋の風情を感じましたね。

2006.11.06

今日であった昆虫たち

Pict037911_3 ちょっと日差しは弱かったのですが近所を散歩していると昆虫たちに出合いました。シロイバナタンポポには花アブのお客様が。

Pict047011近所の野草園に紫ツユクサが一輪咲いていたので近づくと、小さな昆虫(クモ?)がいました。でもカメラを近づけると 飛んでいってしまいました。

Pict05951 今、あちこちでツワブキが綺麗に咲いていますね。今日は比較的暖かかったのでキチョウが飛んでいました。黄色のお花にとまっているのでちょっと目立ちませんが、まだ蝶が飛んでいるのですね!

ツワブキの英語名は「Japanese silverleaf」です。

2006.11.05

秋の子福桜 新宿御苑

Pict0156334jpg1

前回はぽつりぽつりとしか咲いていませんでしたが、昨日は満開でした。周りの木も少し色づいて情緒がありましたよ。あわてなくても秋は確実にやって来てくれるのですから、待つことを覚えねば……。物事には時期というものがあるのですね。

同じ時期に都内で咲いている桜です。大宮桜十月桜(駒場野公園)、その後の子福桜(新宿御苑)

2006.11.04

旧開智小学校 

Pict02821松本城を見学した後、重要文化財の旧開智小学校を訪ねました。明治9年から昭和38までの90年間使用されたこの校舎は、当初女鳥羽川のほとりに建てられたのですが昭和39年現在のところに移され復元されました。

Pict03471擬洋風(和風と洋風の入り混じった)建築のこの校舎は当時のお金で1万1千円かかり、その70%が住民からの寄付だったということですから驚きです。 教育熱心な住民が多かったのですね。近代の学校建築を代表するものとして最初に重要文化財に指定されたそうです。

Pict025611 校舎の斜め横には花壇がありコスモスや鶏頭などが咲いていました。そのお花を入れて何とか校舎を撮りたいといろいろやってみました。とにかくお花好きの三人ですから、「うわ~、こんなにフジバカマが咲いている!」っていう声があがりました。

Pict029111

実はここを見学し終わると、友人二人が私に撮影のための時間を作ってくれました。ここをさっと撮影して松本城の桜並木を撮ろうかと思っていたのですが、何しろ色んなお花が咲いていたので夢中になって時間を忘れてしまいました。

                                                     Pict06081_1

教室の中には私たちも見覚えのある机やオルガンが置いてあり、椅子に座ってはるかかなたの童心に戻りました。昔の教科書なども展示されていて懐かしかったですねぇ。

Pict06151ガラスは当時とても貴重でしたが、その高価なガラスが使われているところから「ギヤマン校舎」とも呼ばれていたそうです。文明開化当時の日本は柔軟で吸収力があったのですね。 この校舎を建てたのは松本の大工棟梁の立石清重ですが、当時の東京や横浜の洋風建築を見学してまわったそうです。

安曇野絵本館といい旧開智小学校といいはるか昔の童心に戻れて本当にいい旅でした。

2006.11.03

秋の松本城

Pict03261ゆっくり温泉につかってリフレッシュした私たちは、次の日松本城を訪ねました。青空の広がるいいお天気で、お城とお堀のカモが最高の被写体になってくれました。さすが観光地だけあって、安曇野もそうでしたがここ松本の人はとても親切でした。

Pict04351_2 さっそく天守閣に昇ってみましたが、その階段の急なこと! 一段の高さがすごく高いので、短い足をよいしょよと伸ばしてカメラをぶっつけないように大変でした。侍の中にはきっと階段を転げ落ちた人がいるに違いありません! 

Pict039711_2 ボランティアのガイドさんは年配の人でしたが、素足でとても元気でした。毎日ここのガイドをしていると足腰が鍛えられて健康にもいいでしょうね。

Pict040811 天守閣にある窓です。そこから鉄砲を出して敵に発砲したり、石垣をのぼってくる敵に落石するものです。その窓から色づきはじめた木々が見えてとても綺麗でした。

Pict04681231_1 お堀沿いにある桜並木が赤く色づいてとても綺麗でしたが、残念ながらそれを撮る時間はありませんでした(本当はあったのですが、お焼きを食べたかったので。桜とお堀のセットは千鳥ヶ淵で撮ればいいと友人が悪知恵を授けてくれました)。でも城内の紅葉した木を一本だけ撮って来ました。

2006.11.02

紅葉 安曇野絵本館

親友二人と一晩泊まりで松本に行ってきました。「あずさ」で松本に着いた私たちはまず安曇野へ。穂高の駅からお目当てのおそばやさんに向かう線路沿いには色々な花が咲き誇り、銀杏は金色に輝いていました。それだけで感激した私たちはすっかりいい気分になりました。そしておいしいおそばを食べるともう今回の旅行がいい旅になることを確信したのでした。安曇野にすっかり満足した私たちは次にタクシーで安曇野絵本館に向かいました。街路樹はきれいに色づいて絵本館ではもうメルヘンの世界に。三人それぞれ好みの絵本を手にして閉館間際まで夢のような時間を過ごしたのでした。

Pict01961

←絵本を読んで過ごした絵本館のテーブル。

Pict022811

絵本館の周りの紅葉

 

Pict0223211

Pict0217111_1

Pict01651 Pict014911_1  

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa