« 秋の松本城 | トップページ | 秋の子福桜 新宿御苑 »

2006.11.04

旧開智小学校 

Pict02821松本城を見学した後、重要文化財の旧開智小学校を訪ねました。明治9年から昭和38までの90年間使用されたこの校舎は、当初女鳥羽川のほとりに建てられたのですが昭和39年現在のところに移され復元されました。

Pict03471擬洋風(和風と洋風の入り混じった)建築のこの校舎は当時のお金で1万1千円かかり、その70%が住民からの寄付だったということですから驚きです。 教育熱心な住民が多かったのですね。近代の学校建築を代表するものとして最初に重要文化財に指定されたそうです。

Pict025611 校舎の斜め横には花壇がありコスモスや鶏頭などが咲いていました。そのお花を入れて何とか校舎を撮りたいといろいろやってみました。とにかくお花好きの三人ですから、「うわ~、こんなにフジバカマが咲いている!」っていう声があがりました。

Pict029111

実はここを見学し終わると、友人二人が私に撮影のための時間を作ってくれました。ここをさっと撮影して松本城の桜並木を撮ろうかと思っていたのですが、何しろ色んなお花が咲いていたので夢中になって時間を忘れてしまいました。

                                                     Pict06081_1

教室の中には私たちも見覚えのある机やオルガンが置いてあり、椅子に座ってはるかかなたの童心に戻りました。昔の教科書なども展示されていて懐かしかったですねぇ。

Pict06151ガラスは当時とても貴重でしたが、その高価なガラスが使われているところから「ギヤマン校舎」とも呼ばれていたそうです。文明開化当時の日本は柔軟で吸収力があったのですね。 この校舎を建てたのは松本の大工棟梁の立石清重ですが、当時の東京や横浜の洋風建築を見学してまわったそうです。

安曇野絵本館といい旧開智小学校といいはるか昔の童心に戻れて本当にいい旅でした。

« 秋の松本城 | トップページ | 秋の子福桜 新宿御苑 »

レトロ探訪」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは・・・
昔の建物というのはなんとなく落ち着いて風格がありますよね。東京にもあちこちに残されていますが、みんな、中に入るとおおらかな気分になります。今回の写真も良く雰囲気を掴んでいると思いますし、前景の処理がうまく行っているので建物の重厚さが良く出ています。やはり、チョット、花などを添えるだけで絵葉書的表現から抜けられるものなんです。

♪イソップさん

本当に昔の建物は落ち着きますね。東京に残されている建物も暇な時に撮影していきたいと思ってます。前景の処理が上手くいっているとのこと、ほっとしました。ありがとうございました。

瑠璃さん、うまーい。
花と建物、一緒に撮ると「どっちが主役?」ということになりかねないのですが、上手に処理されていますよね。
疑洋風?うーん初めて見ました、こういう洋館。
松本には松本のやりかたがあるわけですね。
それにしても明治期のまだ貧しい時期に、どれだけ教育に熱心だったかよくわかります。
何とか勉強量を減らそうとする今の教育とえらい違いです。

♪きょんちさん

たまたまお花と建物が上手く撮れただけですよ。きょんちさんのように安定していい写真が撮れるようになればいいんですけど。
文明が異文化に接した時また新たな文明が発生するとよく言われますが、新たな文明を生み出す吸収力と創造性を昔の日本人は持ちあわせていたのですね。

親友が松本の銀行にいた頃遊びに行ったことがあります。松本城は夜行ったのでまるっきり覚えていません。市内の道路が広く道路に駐車している車がほとんどなかったのが印象的でした。外見がきれいで品のある小学校ですね。内装を変えてホテルになるくらいですね。

♪ryoiさん

本当に小学校って信じられませんよね。教育熱心で粋な住民が多かったのでしょうね。70%も教育目的の寄付で出来上がった学校なのでホテルじゃ問題があるでしょうけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の松本城 | トップページ | 秋の子福桜 新宿御苑 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa