« 南の楽園? バリの蝶 | トップページ | バリのシラサギ(1) »

2006.12.26

バリ島の宗教

バリ島に来て一番楽しみにしていたのは、ヒンズー教の文化に触れることでした。夫の仕事で中東生活が長かったので、イスラム教についてはかなり勉強しました。また厳格で厳しい旧約聖書の神を共有するイスラム教、キリスト教、ユダヤ教は兄弟教でもあるのでこの三つの宗教は理解してきたつもりですが、ヒンズー教に関してはカースト制度や聖典くらいしか知識がありませんでした。駆け足の旅行ですからとても理解はできないのですが、それでも田舎まで旅をしてみてヒンズー教が人々の生活基盤であるのがよく解りました。

ケチャックダンスとバロンダンスを観ましたがどちらも聖なる踊りなのですね。ヒンズー教にはギリシャ神話のように多くの神がいるのですがダンスは善と悪の闘いを表していたり、悪が動物の姿になって現れたりします。せりふはあまりなく神聖な踊りなのですが、動物が出てきてコミカルなしぐさをしたりしてけっこう楽しめました。

↓ケチャックダンスは夕方から始まり、音楽の伴奏はなく男集がクチャクチャクチャクチャと口で唱えながら踊りが進んでいきます。

P10007591

街のいたるところに寺院や神の像が祀ってあり必ずお供えが置かれていました。

P10007411

ホテルの裏は海岸なのですが、その海岸にもこうやってお供えがしてありました。

Pict07171

私たちの泊まっているホテルはビジネスの施設が整ったアメリカ系のホテルを選んでいますが、ヒンズー教の寺院があるホテルが近くにあったので写真を撮ってきました。寺院もいろいろ種類があるようですが、こういう寺院はあちこちにあるようですね。

Pict08661

Pict08701

Pict09161

ガイドの女性に聞いたのですが、バリのヒンズー教徒は名前の前にカーストを表すものが付けられるので簡単にどのカーストが判るようですね。インドは廃止されているのですが名前でだいたい判るようです。女性は下のカーストの男性とは結婚できないとか。男性は下のカーストの女性をもらうことができるようです。イスラムでは女性は異教徒と結婚できませんが、男性は異教徒の女性をもらうことができます。四人まで奥さんを持てて必然的に子どもはイスラム教徒なので教徒がどんどん増える仕組みになってます。いろいろな宗教があるのですねー。

« 南の楽園? バリの蝶 | トップページ | バリのシラサギ(1) »

写真」カテゴリの記事

旅の想い出」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
昨日は日本全土を前線が通過し、台風並みの大荒れの天気となりましたが、今日は打って変わって良い天気になり、気温も上がり小春日和となっています。
毎日を楽しくお過ごしのご様子なりよりです。
写真を拝見すると、ピュアーな色使いが多く、リバーサルには最高の条件のようですね。F6はお持ちになったのですか? こういう色使い程デジとポジの違いがはっきり現れると思います。
"行きたいなー・・・、思いっきり撮りたいなー"

イソップさんのおっしゃるとおり、今日は台風一過の素晴らしいお天気です。一足先に正月休暇をとった主人とゴルフをしてきました。
風が強くて参った~
瑠璃さんは駐在員暮らしが長かったのですネ、ごくろうさまでした。でもとても良い体験をされたのですね。
調べてみたら私も昨年2005年の8月末にバリダンスを観ています。
おっしゃるとおりすごく神聖な踊りなんですよね。
色々な動物が出てくるのも観ました。
目の使い方が独特で、私は歌舞伎の暫(しばらく)!を思い出しましたよ。
瑠璃さんはお正月過ぎまで滞在されるのですか?どうぞゆっくり骨休めしてきてくださいね。
ところで私は明日仕事納めをしてから、関西へ戻ります。今回はパソコンを持っていかないので、1月の10日くらいまでカキコミが出来ないかもしれません。
本当にすみません。

♪イソップさん
アジア全土が被害を被ったネット障害ですが、いち早く日本は復旧しましたね。バリはどこ吹く風でのんびりしたものです。現在、シンガポール空港でホーチミンへの乗り継ぎ便を待っているところです。お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

ポジにぴったりの色彩なのですか! 残念ながらF6は福岡に置いてきました。バロングダンスは朝撮ったのでもっと綺麗な色でしたが、間違って画像を全部削除してしまったのでアップはできませんでしたが、イソップさんなら毎日何本もフィルムを消化するくらい面白い被写体がいっぱいありますよ!! 

ここは文化人類学的に見てもとても興味深い場所です。昔ながらの儀式が脈々とつづいていますしね。ただちょっと暑いのが難点ですが、乾季に行けばいいかも。棚田も田植えのシーズンなので泥水で緑が少なかったですね。

♪きょんちさん
お仕事お疲れ様でした。年末年始はご両親とどうぞゆっくりお過ごしください。なによりも貴重な時間と想い出ができると思います。写真やブログはいつでもできますものね。お仕事をこなしながら多方面でご活躍されていたのでネットのない生活もまた新鮮かもしれません。息子さんが大学を出て独立されれば夫婦で海外旅行にも行けるし、撮りたい被写体を求めてあちこち行けますよ! 今は息子さんとご両親を最優先させる時期ですものね。どうぞよいお年をお迎えください。ご両親の回復をお祈りしています。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南の楽園? バリの蝶 | トップページ | バリのシラサギ(1) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa