« シン・チャオ! マスクは必需品? | トップページ | トロピカルな休日 »

2006.12.23

フォーのお味は?

夫が言うにはベトナムは偉大なる外食産業国家であると。とにかく安い、信じられないくらい安いのです! といっても今のところ支払いは夫がやってくれているので私は実感がありません。日本人の駐在員も毎日のように家族で外食しているようです。自分の家で作るより安上がりだとか。何といってもベトナム料理は日本人の口に合いますからね。中華料理とも違うし、タイ料理とも違うし、フランス料理の味付けも加味されていておいしいんです。これからたびたび外食した料理をアップするつもりですが、まずは昨日のお昼に食べたフォーをご紹介しましょう。昨日はフォーともう一品頼んだのですが、あいにくフォー以外は品切れでした。

レストランではたいていおしぼりが出てきますが、ベトナムではおしぼりはサービスじゃないんですよ。こちらはお金(8円くらい)を取られます。日本人にとっては何でもない値段ですが、こちらの人は倹約して頼まない人もいるようです。そうそう、おしぼりのビニール袋をパーンと割る日本人をたまに見かけますが、ベトナムではこれが礼儀正しい使い方なのだそうです。ですから10人くらいの団体さんが横に座るとうるさいこと、うるさいこと! でも礼儀正しいのですから仕方がありません。日本人がおうどんをズルズル言わせて食べるのを見て(聞いて)「まあ、お下品!」と外国人が思うのと同じですよね。

↓フォーレストランへ行くと、何も言わないでもこれが出てきます。野菜ばかりです。もやし、玉ねぎ、コリアンダーのように香りの強い緑の葉(形はミントを大きくしたようなもの)、ほうれん草のような緑の野菜、赤いししとう(チリペパー)とライムです。

P10005311

↓お分かりですね。フォーのトッピングだったのです。緑の野菜はどちらも独特の香りがしますが、夫曰く、その辺の原っぱから取ってきた雑草みたい。でも栄養があって体にいいらしいですよ。 注文するのは鶏のフォーか、ビーフのフォーかという具合におだしと中身を選ぶのです。

P10005351_1

で、現地の一般庶民はというと、こうやって路上でフォーを食べてます。これが普通なんですね。屋台よりも簡単な店構えです。 フォーは中華料理のお粥みたいに本来は朝食べるものだそうです。Pict05501

Pict05561_1 

疫病が流行るとあっという間に広がりそうですね。因みにこの通りは銀座のみゆき通りのような場所ですけどね。いくら高級な通りといえども埃のスパイスはかなり効いていそうですけどね。

おっと忘れてました。私たちが食べたフォーのお値段は日本円にして一人200円くらいです。

« シン・チャオ! マスクは必需品? | トップページ | トロピカルな休日 »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
日本と時差がどの位あるか解りませんが、食文化は進んでいるようですね。テレビの旅行記などでよく見る料理です。美味しそうですね。何と言っても安いのが魅力です。一度、行って見たいです・・・アオザイの美人と会食したりして...!

♪イソップさん
食べ物が日本人の口に合うというだけでかなり旅が楽しくなります。アオザイを着ている女性は思ったより少ないですが、こちらの人はスタイル抜群です。夫も彼女達の腰の細さに驚いています。(どうして判るのか問い詰めましたよ~)。女性と食べ物がよかったら男性には天国ですね! ぜひベトナムへ!

タイに行ってみたいとおもったことがあるのですが、ベトナムは正直今まで思ったことがありませんでした。
おそらくほとんどの食事が大好物になるとおもいますので、一度行きたいなぁ・・・
ただし瑠璃さん、私はシャンサイ(香菜)が全然ダメで食べられません。これは私の唯一の食べられない食品なのです。(本当です)
そういうものは沢山入っていますか?

♪きょんちさん

食事はタイ料理より日本人の口にあっていると思いますが、ベトナム料理も香菜が必ず入っていますね。国としてはタイの方が楽しめるかも。ホテルもタイの方がゴージャスで快適です。若い子がお金を使わないで雑貨の安いものを探すにはベトナムはいいでしょうけど。タイも一時期空気が悪かったですが、ベトナムはちょっとひどいですね。日本人の観光客はマスクをしている人もいますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シン・チャオ! マスクは必需品? | トップページ | トロピカルな休日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa