« 晩秋の風景 山里を訪ねて  | トップページ | 皇帝ダリア(木立ダリア) 宮地嶽神社民家村 »

2006.12.03

落ち葉 

田園風景を撮りに行ったときに見つけた田舎の小さなお寺です。人影はありませんでしたが、境内はきれいに掃除され、お花も咲いてのんびりとした様子が印象的でした。

↓もう少し背景を絞ってはっきりさせた方が好みなんですけど……。

Pict00561

Pict013311_1

« 晩秋の風景 山里を訪ねて  | トップページ | 皇帝ダリア(木立ダリア) 宮地嶽神社民家村 »

写真」カテゴリの記事

四季折々」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
仏事お疲れ様でした。お忙しく大変だった事でしょう。
陰ながらご冥福をお祈り申し上げます。

田園風景というのは広大な対象が被写体となるため、簡単に光線の具合によって場所を移動すると言うわけにはいきません。"山里を訪れて" の場合は田園風景と言うよりむしろ山間の民家の秋を表現したものですから、黄色した葉を入れての画面構成はこれでいいと思います。広い風景に対峙した時はあまり逆光や半逆光にこだわることなく、空を三割ほど入れて下の風景が潰れないようにプラス補正をして下さい。補正量は太陽光線の強さにより決めます。空は若干露出オーバーとなっても問題はありませんが、直射光がレンズに入るのだけは避けたほうが無難です。(但し、落陽の撮影はまた方法が別)
落ち葉の撮影は、一枚、二枚を撮るのではなく、数の多いほうが撮りやすく雰囲気が出ます。敷き詰められているような状況をロングで狙うと情緒が出ます。一、二枚を主題とするときのバックはアウトフォーカスでも良いと思います。まさに一枚目の写真の撮り方です。主体より手前のものがアウトフォーカスとなると色の濁りが出て不安定な画面となります(二枚目)。・・・長々と余計なことを...すみません...m(⊥)m

♪イソップさん
お忙しいのに解り易く説明してくださって恐れ入ります。福岡近郊でもなかなか広い田園風景にはお目にかかれませんが、チャンスがあれば教えていただいたことを実行したいと思います。今日の二枚目は何となく不安定な感じがしていたのはそのせいなのですね。色々ポイントを教えてくださって感謝しています。ありがとうございました。

本当に仏事というのは大変ですよね。
お寺さんとの打ち合わせ。お料理の調達。あんまり知らない親戚との会話・・・・ごくろうさまでした。

うひーーーーこのイソップさんの文章を読んでから、紅葉を撮りにいけば良かった!(>_<)
なるほど一枚を撮るときは前ボケは入れないほうが良い場合が多いのですネ!
実はもういっぱい撮っちゃいましたので(苦苦苦)、この次から気をつけて見ます・・・

♪きょんちさん
義母はすべて家で仏事をやってます。最近でこそ仕出し屋さんにお料理を頼みますが、長い間お料理も手作りだったのですよ。それが生きがいのようです。昔の人は偉いです! 私の生きがいはもちろんカメラですけど!

うふ~、前ボケを入れましたか? でもきょんちさんの画像ですからさぞかしステキなことでしょうね。楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋の風景 山里を訪ねて  | トップページ | 皇帝ダリア(木立ダリア) 宮地嶽神社民家村 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa