« クリスタルフラワーツリー 大丸パサージュ広場 | トップページ | シン・チャオ! マスクは必需品? »

2006.12.21

九州鉄道記念館

Pict05601 門司港レトロ地区にあるレンガ造りの建物の紹介はこの九州鉄道記念館が最後です(レンガ造り以外はいずれまた)。この建物は明治24年から使用を開始されたのですが、九州最初の鉄道会社として門司(現在の門司港)に本社が置かれました。その後国鉄がJRになり平成15年に現在の鉄道記念館として使われています。Pict05461_2 当時九州鉄道が博多ではなくこの門司(門司港)に本社を置いたのはやはり八幡製鉄所の重要性が高かったからでしょうね。原料を門司港から八幡まで運び、製品を港まで持ってくるという重要な任務を担っていたのですものね。

右は九州鉄道記念館前に置いてある当時の標識です。Pict05371

時間がなかったのでこの九州鉄道記念館には入りませんでしたが、入り口に写真のSLが展示してありました。キュウロクの愛称で親しまれていたのもので実物のようですね。

※数日ブログの更新が遅れるかもしれません。

« クリスタルフラワーツリー 大丸パサージュ広場 | トップページ | シン・チャオ! マスクは必需品? »

レトロ探訪」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
東京の交通博物館も無くなり蒸気機関車を見る機会もなくなりましたね。鉄道マニアや機関車を撮っている人たちは寂しいことでしょう。青梅の鉄道公園にはまだD51を初め機関車が何両かあると云う話ですが、ちょっと交通の便が悪いのであまり来訪者は居ないようです。何年か前に行ったきりなので梅の時期に一度行ってみようかなー・・・などと考えております。

♪イソップさん
こんばんは。イソップさんは乗り物もお好きなようですね。梅の時期にデゴイチですか、いいですね~。私は新山口から出ているSLに乗ってみたいと思ってます。でも乗るとSLが走っている姿は撮れないんですよね。

私のブログのアクセス解析を見ていたら貴ブログを見つけ、門司のレトロ地区めぐりの記事を見せていただきました。わたしも三月に門司の街歩きをしたので、懐かしいです。昨日と一昨日の私の記事に門司の写真を登載しましたのでご覧ください。tsutapataとは当地方の方言で、意味はタレントのダニエル・カール氏に聴いてください。

♪蔦旗さん
ようこそいらっしゃいませ。山形にお住まいなんですね。行ったことがないのでそちらの記事も楽しみにしています。ブログはこうやって遠く離れていても交流ができるので嬉しいですね。 これからもどうぞ宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスタルフラワーツリー 大丸パサージュ広場 | トップページ | シン・チャオ! マスクは必需品? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa