« ちょっとひと休み ベトナムのおばさん | トップページ | 革命博物館 ホーチミン »

2007.01.21

ベトナム最古のお寺 ティエン・ハウ寺(Chua Thien Hau)

多民族国家のベトナムの大半を占めるのは中国系住人ですが、お寺の種類も種々様々。ですから色んなお寺があっても不思議はないのですが、あまりにも日本と違うので驚きを隠せません。その筆頭がこのテン・ハウ寺(Chua Thien Hau)。ホーチミンの中心街から西に5キロ、チョ・ロン地区の中国人街にあります。

P10307321_5 P103081821

ベトナム最古のお寺で華僑によって 940年に建てられましたが、その後何度も建てかえられたそうです。海を渡るすべての人を守るように、航海安全の守り神ティエン・ハウ(天后聖母)が祀られています。その像はお寺の一番奥に鎮座しています。福建省系の華僑の間では広く信仰されているようですね。P10309231    

とにかく門を入ると狭いながらも異質の空間が広がっています。極彩色の細かい装飾があちこちに施され、観光客は目を奪われます。イスラムやケルトの装飾文様とはまた違ったテイストで私の目は釘付けになりました。お線香の煙がたちこめる中、入口の両脇に祀られているのは危険を侵して海を渡りこの地に移り住んだ先祖の人たちのようです。

P103077111_6 P10308671

このお寺のもう一つの特徴は天井からぶら下がる渦巻状のお線香。私はマカオのお寺で同じものを見ているのでさほど驚きはしませんでしたが、煙に浮かぶ渦巻きのお線香の群れはちょっと圧巻です。

P10308681_1  私 が訪れたとき、ある家族が一家揃ってこの渦巻きのお線香を天井にぶら下ているところでした。紙には願い事が書いてあるのでしょうか?それとも名前が書かれているのでしょうか?その紙はお線香の上部に付けられていました。昔からの風習がこうして親から子に授けられいるのですね。お線香は燃え尽きるのに一週間ほどかかるとか。ベトナム人は大家族主義ですが、華僑は特に家族の結びつきが固いようです。 

P10308701_1 

P103078711

P10308521_3               

P10308791_1  このお寺は航海の安全と商売繁盛のお寺でもあり、人々の篤い信仰を集めています。宗教は何であれ祈りを捧げる姿には人間の原点を見る思いがします。P10309091_2                              装飾あふれ色彩豊かなお寺ですが、人々の信仰の篤さも随所に認めらます。お供えやお線香をあげる若い人が後を絶ちません。ベトナムではこのお寺に限らず、若人の信仰心の篤さはあちこちで見られるのです。

※管理画面とブログの幅が違うのでやりにくいですね。管理画面できちんと出来ていてもブログに反映されないのでお手上げです。ココログきらい~~! 

« ちょっとひと休み ベトナムのおばさん | トップページ | 革命博物館 ホーチミン »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
日本のお寺にも庫裏や本堂の中は派手なキンキラリンのお寺はいっぱいありますが、外の派手なお寺はあまりありませんよねー。それに比べベトナムのお寺は色彩豊かで明るい感じを受けます。信者が多いのもそう云う所に関係しているのでしょうか?
若者が心の拠り所として信心することは良いことですよね。神仏に誓い神仏の加護を受けるとなれば自分の行動にも責任を持つでしょうし、後ろめたい行為は出来ないでしょうから・・・神仏の対象はともかく、日本の若者達にも見習わせたいですね。
焚いているお香の香りは日本のものと違うんですか?

♪イソップさん
日本のお寺の外観は確かに地味ですよね。中国のものはレストランにしても中華街にしても色彩豊かなので、そういうお国柄なのでしょうかね。色彩豊かなのはベトナムの気候にもマッチしているような気がします。
お線香は日本のものほど香りが強くありませんでした。というより匂いはあまり印象に残ってないですね。

香港やシンガポールのお寺に似てますよね。
渦巻きのお線香も見たことがあります。
本当にアジア!って感じで素敵ですよね。
ところでブログのレイアウトがかなり崩れていますよね・・・私はビルダーを使ってUPしているのですが
瑠璃さんいちどブログのデザインを全部変えてみてはいかがでしょうか?
たとえばテンプレートのものにしてみるとか。
その上で一から設定を変えてみてもいいですね。
今見ると、画像が左・右にあるときに横に来るテキスト(文字)の大きさが狂っていますよね。
もしタグ(HTML)が使えるのでしたら細かく直せますが、一番早いのは元に戻すことだと思いますよ~

♪きょんちさん
テンプレートによっては本文の幅が広いのもあるんですね。自分でカスタマイズしないとダメかと思ってました。そのうちテンプレートを変えますね。
フォントや文字の大きさはワードでテキストを書いて貼り付けたものをブログで編集するとそこだけブログ自体のフォントや文字の大きさになるからだと思います。HPビルダーを持ってますが、インストールすると重くなるのでやめておきます。
アドバイス本当にありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとひと休み ベトナムのおばさん | トップページ | 革命博物館 ホーチミン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa