« 俳優顔負けホーチミンのブライダル写真集(2) | トップページ | ホーチミンの蝶々(3) »

2007.01.28

ベトナムの宗教 仏教偏

P103057111ホーチミン市内にはタイ・ヤック寺というカラフルで派手な大仏様が安置されているお寺があるのですが、残念ながらそこは再建設中で見学できませんでした。お寺に限らず現在ホーチミンではすごい数の店舗や住宅が建設中で、ラッシュそのものです。そこで代わりにベトナム人が紹介してくれたクオック・タ寺 (Vet Nam Quo'c Ta)を訪ねてみました。

P103064211P10306311

Pict02681_2 ところが、このお寺に関してガイドブックはもとよりネット上でも何も情報がないんです。仕方がないので画像を載せながらベトナムの仏教について語っていこうと思います。

P10305871 ベトナムの仏教徒人口は総人口の7割とも9割とも言われています。仏教伝来は定かではありませんが4~5世紀のようです。10世紀に入ると各王朝で仏教が保護され、長い間中国の影響下にあったので、禅宗に密教や浄土教が加味された中国系の大乗仏教が主流になりました。儒教や道教の要素が入った仏教といえるようです。Pict024511_1

フランスの植民地になって一時仏教は衰退しますが、1925年以降は復興運動が起こり、また盛り返しました。 1968年には親米派のゴ・ディン・ジェム大統領の仏教弾圧に講義して、座禅を組んだ仏教僧がサイゴンの路上で焼身自殺を図ったそうです。お寺の数を見ても信者の 多さが覗えます。とにかく日本の仏教に慣れていると色々なお寺があちこちに存在するので驚いてしまいます。

↓二階の部分に置かれていたものです。

P103061511P103062512

Pict02891_1

« 俳優顔負けホーチミンのブライダル写真集(2) | トップページ | ホーチミンの蝶々(3) »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
カラフルなお寺ですねー。ジックリ構えて撮影したら面白いでしょうね。ご本尊(・・・でいいのかな?)は女性の仏様ですか?
日本と違って独特の色使いですね。
唯我独尊様はやはり蓮花の中においでなのですね。甘茶はあるのでしょうか...?

♪イソップさん
ハスはやはり聖なるお花でしたね。ご本尊は唯我独尊様の下の画像ですから、男性だと思います。(生まれながらの仏教徒なのに何も知らないので勉強します)向かって右が観音様でした。この唯我独尊様は人間より背が高いので、お誕生日にはどうでしょうか。無理なのではないかと思います。ミニチュアがあるのでしょうか。 

中国の影響~王朝が故宮を真似て作った王宮の廃墟(かな)をTVで見たことがあります。それから「シクロ」という映画を見た時は、これほど中国の影響があるのかと驚いた記憶もありますねぇ。「インドシナ」はよかった。見ました?

♪ ryoiさん
「シクロ」っていう映画があるんですか? ぜひ観たいです! 「インドシナ」は観たような気がします。仏映画の「ラマン」もインドシナが舞台だったような気がします。「ミスサイゴン」はニューヨークのブロードワェーでミュージカルを観ましたが英語のミュージカルはイマイチ理解力に難点がありました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳優顔負けホーチミンのブライダル写真集(2) | トップページ | ホーチミンの蝶々(3) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa