« 東公園 春を告げる梅(2) | トップページ | しだれ梅  »

2007.02.06

春を告げる梅(1) 舞鶴公園

博多の舞鶴公園は中心街から近く市民の憩いの場です。福岡城跡地にあるこの公園は四季折々の花が咲いて市民の目をたのしませてくれます。昨日行ったときは曇っていたのでさほど人出は多くなかったのですが、今日は団体さんや小学生の遠足など多くの人が見に来ていました。昨日よりかなり梅も開いた感じです。石垣と梅のコラボを撮ろうと楽しみにしていたのに人が多くて上手く撮れませんでした。ちょっと残念。それにしても年配の人もかなりデジカメで写真を撮ってますね! 梅の周りは素人カメラマンでいっぱいでした。お天気が悪くても昨日撮っておけばよかった。でもほとんどの時間帯、逆光なんですね、う~ん、難しかった!

Pict01321

Pict0155121_1

Pict01801

Pict02941

Pict02341_2

Pict01471_1

こうやって見るとかなり咲いていますね! というか舞鶴公園の梅はこんな感じでした。大宰府にも行ってみなくちゃ。

17日に夫が出張で東京に帰ってくるので私も一週間ちょっと東京へ帰ります。大宰府の梅の時期と重なったらどうしよう……。

« 東公園 春を告げる梅(2) | トップページ | しだれ梅  »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

逆光と言いながらエレガントな写真、花を上手く撮れない僕には羨ましい限り、それよりなにより心の洗濯になります。

石垣と梅ですか・・・・難しそう。
がんばってますね!綺麗に撮れています。
来週私は鎌倉で撮影会です、梅の。
参考にさせていただきますね♪
ご主人はベトナムに単身されているのですね。
うちも。。。。うちは東北ですけど!(笑)
でも単身赴任地に行くのって楽しいですよね。
夫にたまに会う、というのも楽しいです。
何となく平安貴族の「通い婚」の気分(^_^;)です。

♪目指せギネスさん
こんばんは。五島の梅はいかがですか? 梅の撮影って本当に難しいです。日本人はすっきりした背景が好きなのでしょうが、何しろ中東生活にどっぷり浸かっていたので、すっきりしてるのは物足りなくなる時もあるんです。空間を埋めつくような感じも好きなんですぅ。梅ってほとんどの場合そういう具合に生えているでしょう? 今回はそれを意識してみたんですが、日本画の梅のようにはなかなかいきません。
「心の洗濯」なんて言っていただいてありがとうございます。

♪きょんちさん
石垣と梅って、構図さえ決まればそれほど難しくないような気もしますよ。だってあまりぼかすと、背景が何か分らなくなるし、第一あの色じゃ汚いですもの。鎌倉ならお寺とかあるんでしょう? 梅だけじゃないほう私は撮りやすいですけどね。お花だけって、枝があちこち出てるので気が狂いそうになります。
今回は背景を少しごちゃごちゃさせてみたのですけど、ちょっとやりすぎたかも。

こんにちは。
梅の花は桜と違って心が静まり、和みます。写真にはそれが表現出来れば最高です。
今時は、一日違うだけで同じ木でも開花の構成がガラッと変わってしまい、再来し、その変化にドギマギしてしまうことも度々あります。
一番良い頃合を見つけるのも写真する者の感覚かも・・・

♪イソップさん
梅にも色々種類がありますね。できるだけ撮影しやすい枝を探すことも必要ですね。舞鶴公園は丘陵になっているので最初の日は上まで行かなかったのですが、上のほうは満開に近かったです。でもお花が咲いてない木もたくさんありました。城壁のそばの梅はかなり咲いていたので撮影チャンスなのですが、城壁の上と梅の木の下に人がいっぱいいて写真が撮れませんでした。あと、青空じゃないと寂しい絵になるのでその辺も難しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東公園 春を告げる梅(2) | トップページ | しだれ梅  »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa