« 寒緋桜 (1) 宮地嶽神社 | トップページ | 早咲きの桜 宮地嶽神社 »

2007.03.04

寒緋桜 (2) 宮地嶽神社

宮地嶽神社の樹齢百年を越す寒緋桜は今年も見事な花をつけてくれました。訪れる人は寒緋桜を愛で桜に逢えた喜びを素直に口にしていました。博多弁の会話を聞きながら寒緋桜を撮影するのも楽しいものです。「うわ~、こげん綺麗か桜に逢えてほんに幸せか~。桜を入れて写真を撮っちゃってんしゃい」「桜を入れるとお前の足は入らんぞ」「よかよか、顔さえ入れば足でん、胸でん切ってよか。今日は桜が主役やけん」

↓向こうにそびえるのは宮地岳。同じ発音ですが神社は宮地嶽神社です。

Pict026811_2

Pict018121_2

Pict02321

Pict01151_1

Pict08531

Pict062811

Pict09831_1

Pict02081

P10700451

Pict03701

« 寒緋桜 (1) 宮地嶽神社 | トップページ | 早咲きの桜 宮地嶽神社 »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
しかし、どれを見ても見事な桜ですね。これで散る時は一度に花吹雪なんでしょうね。でも、その後の若葉の芽吹きがまた良いんでしょうね。
二枚目の構図と色のバランスのとり方が一押しです。九枚目のガラス描写もなかなか面白いですが、画面右上の電球と電線がチョット野暮かな・・・

瑠璃さんの梅や桜の写真を見ると
絞った写真はぜったいにわたしよりお上手です。
どれくらいの絞りで撮っておられますか?
私は風景写真が苦手で、今年は何とか挽回したいと燃えています~!

♪イソップさん
2枚目は最初の日に撮ったので露出はそれほど難しくなかったのですが、2日目は雨の後どんより曇っていて時折薄日が射したりぱっと照ったりとモニターとにらめっこでした。しかもあちこち向いて2台のカメラで撮ったりするので難しさが倍増しました。自分で自分の首を絞めているようなものです。
ガラスの写真、下のコンクリートが多く入るよりいいかなと思ったのですけど……。ここは立て看板が石灯籠の傍にあったり、車が見えたり、電線がぶら下がっていたりで、カメラマン同士で撮りにくいを連発していました。

♪きょんちさん
ええーーーーーー???? きょんちさん、風景写真はお得意中のお得意じゃありませんか! 富士山や海の写真などプロ負けですよ!! きょんちさんの思い違いですよ。カメラやレンズによってもF値って違うんじゃないですか? 私はパンフォーカスは風景モードで撮ることが多いです。パンフォーカスのことはよく判りませんが、F先生がパンフォーカスがいいっておっしゃったのでしょう? F先生にお尋ねになるのが一番じゃないかしら。私は自己流なので間違ってる可能性大です。
きょんちさんの風景写真はお見事ですよ!!
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒緋桜 (1) 宮地嶽神社 | トップページ | 早咲きの桜 宮地嶽神社 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa