« ホーチミンの銀座 ドンコイ通り | トップページ | 夕暮れの聖マリア教会 ホーチミン »

2007.05.23

床屋さん通り Ly Tu Trong Street(ホーチミン)

Pict04811 ベトナムビジネスの興隆とともにホテルの部屋が不足しているため、シェラトンに長期滞在していた人は全員立ち退きを余技余儀なくされました。夫が代わりに探した同じような長期滞在用マンションは、何と「路上の床屋さん」の近くでした! シェラトンホテルから歩いて10分くらいのところです。

Pict05691_4 ドンコイ通りの記事でも判るように、ホーチミンの中心街はモダンと伝統、富と貧が混在していてなかなか面白い風景が垣間見られます。

このLy Tu Trong Streetには路上の床屋さんが数軒ありました!

Pict05481_1

この通りはものすごく車の行き来が激しいところです。写真は車の少ないときを狙ってシャッターを切っていますが、煩いし埃っぽいし、落ち着かないと思うのですが、慣れればどうってことないのでしょうね。

Pict05591 

↓少し歩くと屋根つきの床屋さんが!

Pict06162

Pict06401_1

↓雑談中の床屋さん。はだかの男性の散発を終えたところかしら?

Pict07531

↓主も客もいない床屋さん

Pict072411_1

↓長期滞在用のマンションにある床屋さん。やはり外国人には路上の床屋さんはちょっと……。日本人は日本人がカットしてくれるヘアサロンへ行く人が多いようです。私も行きましたが、チャンスがあったら画像をアップしたいと思います。海外生活で困るのは、食事、医療、散髪ですからね。

Pict07612

« ホーチミンの銀座 ドンコイ通り | トップページ | 夕暮れの聖マリア教会 ホーチミン »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

なかなか住宅事情も複雑なようですね。
外での床屋さんは爽快でしょうね。カットした髪の毛がみんな風で飛んで行ったりして・・・
カットした後の洗髪はどうしているんでしょうかねー。

♪イソップさん
洗髪なんかしないんじゃないかしら? ひげはシャボンをつけてやっているようなので近所で水を汲んでくるんでしょうね。天日にさらしておけばお湯になるし。
海外の散髪屋さんはとっても雑で、シャンプーすればあちこち濡らすし、顔についた切りくずの髪はドライヤを顔の真正面から当てて飛ばすし、トルコでは大正時代の女給さんみたいに逆毛を立てて膨らますし、最後にチップをいくらやるか、もう頭痛の種でした!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホーチミンの銀座 ドンコイ通り | トップページ | 夕暮れの聖マリア教会 ホーチミン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa