« ベトナムでサッカー観戦 タンソンニャット競技場 | トップページ | 床屋さん通り Ly Tu Trong Street(ホーチミン) »

2007.05.22

ホーチミンの銀座 ドンコイ通り

Pict02711_4 ツーリストも滞在者も日本人なら必ず通るドンコイ通り。ホーチミンきっての目抜き通りで、さしずめベトナムの銀座か原宿といったところだろうか。

通りの両脇には高級ホテルやレストランが建ち並びウインドーには日本語の文字もちらほらと見える。

聖マリア教会からサイゴン川まで続くドンコイ通りは並木が続き緑も多い。

Pict03461_5

一週間前、かの有名なGUCCIもオープンし、さらに高級な通りに変身したかと思いきや、やはりベトナムらしさは失われていなかった。

Pict01601_2 ドンコイ通りの出発点でもあるサイゴン川。

ベトナム経済の発展に伴って大きく変貌しつつあるサイゴン川周辺は、ホテルの建設ラッシュが続いている。

ホテルあり、夜のディナークルースありで、観光客目当てのシクロがたむろしている。

Pict01351_5 サイゴン川から聖マリア教会に向かって歩いてみると、左側にそびえる最初の白い建物がマジェスッティックホテル。(道路を渡ってホテル全体を撮りたかったけど、シクロがうるさくまとわりついてくるし、暑いし、往来の激しい道を一人で渡るのが恐ろしかった~)。

作家開高健氏がベトナム戦争中に常宿にしていたホテルでもある。屋上のカフェからの眺めも素晴らしいらしい。(請うご期待!)

Pict010411_3 さてさて、この通りを歩けば必ず日本人に出会う。日本人相手の商売はいろいろだ。日本のスポーツ新聞まで売られている! といってもお気をつけ遊ばせ。日本人が読み捨てた新聞を拾ってしわを伸ばして(??)売っていることもあるらしい。

↓右が「フーン・センホテル」左が外国人に人気のベトナム料理店「ベトナム・ハウス」

Pict02371_3Pict02441_2   

↓路上でお土産品を売っているお店とおじさん。帽子に色んなバッジをくっつけているおしゃれなおじさん。

Pict02541_6

Pict02631_4

Pict00231_4

一階にGUCCIも入っているシェラトンホテル。

本来なら眺めのいい部屋から撮ったホーチミン市をアップできたのに! 長期滞在用の部屋は2LDKでバスルームも二つあり、ジム、サウナ、プール、テニスコート付き。セキュリティーも万全でエレベータルームに入るのに鍵が要り、エレベータを動かすにも専用のカードが必要。

Pict03571_1 さらに進むと市民劇場(オペラハウス)が右手に見える。

日本語の書いてあるウインドーに映した市民劇場。

 

Pict03951  

↓高級デパート「パークソン」 夜景は「夜の帳が下りる頃」の2枚目、市民劇場の夜景は3枚目です。 

Pict04661_2  

そしてこれをさらに進んでいくと「聖マリア教会」にたどり着きます。

↓ベトナムらしさを感じさせるドンコイ通りの一こま。

Pict03001_1 Pict034311

↓やっと聖マリア教会に到着!

P10108471

暑い中、お疲れ様でした!

« ベトナムでサッカー観戦 タンソンニャット競技場 | トップページ | 床屋さん通り Ly Tu Trong Street(ホーチミン) »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

紫外線対策は万全ですか?
写真で見る限り、自動車の数が相対的に少ないように感じますが・・・
ごみごみした日本の風景を見慣れていると、綺麗な町並みという風に見えます。

♪イソップさん
これはまだお店が開く前、9時ごろ撮影しました。今日は長袖で撮影したのですが、昨日うろうろしただけで時計のあとがくっきりとついてしまいました。指先だけ出る手袋が要りますね! こちらの女性のマスクは埃よけというより紫外線対策のようですよ。

♪イソップさん
うふふ、レンズさんの話でしたね~。失礼しました。夫でも私の日焼けなど心配してくれないのに、イソップさんは何てお優しい方なんでしょう!って感激してました。200ミリ用のは、ずっと以前に買っていたので持って来ましたが、ケースの中は赤いフィルターでした。私が入れ間違えたようです。トホホ。

貴女のことですよ。レンズはもともと特にフィルターを付けなくても多層膜コーティングをしているので、必要最小限の紫外線や有害光線はカットするようになっています。+αでフィルターを加えるわけですから・・・
レンズのフィルターは、お肌ほど気にする必要は有りません。必要不可欠なら最初から付いている筈ですから。

♪イソップさん
おお、感激が倍増しました! 写真だけじゃなくて顔の壁塗りにも精を出します!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナムでサッカー観戦 タンソンニャット競技場 | トップページ | 床屋さん通り Ly Tu Trong Street(ホーチミン) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa