« ホーチミンのトンボ | トップページ | メコン川クルーズ (2) »

2007.05.30

メコン川クルーズ (1)

P10907151 メコン川クルーズに行ってきました! 今は雨季のベトナム。雨具を用意していったけどスコールがなくてラッキーでした! 

ホーチミンから小型バスで高速を走るこ約1時間半、ミトーの船着場に到着。
20人乗りのフェリーに(乗客6人)乗ってメコンク川クルーズへ出発しました。

P10907371 本当はメコン河って書くべきなんでしょうね。チベット高原に源を発し、中国大陸を抜け、ミャンマー、ラオスを貫通しベトナムを経て南シナ海に注ぐとか。

メコン河はベトナムに入ると主に9つに別かれることからベトナム人は「九龍」と呼ぶそうです。

P11004161  でもクルーズはほんの支流なので「メコン川」にしました。

今回のクルーズの感想は一言でいうと「楽しかった~」.。でも楽しかったのに、撮った画像を見ても、どこにも楽しそうな写真は無し。なぜ? どうして?ってずっと自問してました。

P10907891  で、理由が解かりました。撮りたい!って思って、夢中で撮ったから楽しかったんだって。

もう一つは一緒に行った仲間がよかったこと。香港在住の英国人夫妻とフランスの未婚の女性。豪州から来たでっかいお兄さんとマレーシアのうら若き女性の6人でした。

P11000491_2 特に仏人の女性とは趣味が写真で意気投合。

ガイドさんが右手に~と言えばガシャ、左には~と言えば、左に移動してガシャでした。

メコンデルタに行くにはフェリーが唯一の交通手段ですが、現在はコーズウェーが建設中です。そのコーズウェーが恰好の被写体に!

こんな写真、どこが面白いの!?って言われそうだけど、走っているフェリーの中からさっと撮らなきゃいけないのでワクワクしながら撮りました!

P11000441_1

P10908551_1  さて、小船に乗り換えて最初のタイソン島へ! でも先頭に英国人と豪州人の大男が座ったので、前方の視界が悪くて写真を撮るのに苦労しました。

相変わらず二人はガシャ、ガシャやってましたが、左右に身を乗り出すと、泥水の川に落ちるので静かに、躍る心を抑えて周りを撮りました。

↓走る小船のそばで水浴びをする島民と交通手段の船。

P10909031 P10908941

P10909691 この島では10種類の果物が取れるとか。島では果物のウエルカムサービスが! 

私はみな食べたことがあったのですが、英国人の奥さんは私が食べて何ともないのを見届けてから口にしてましたね。果物じゃ鶏インフルエンザにはかかりません! パイナップルに少量のお塩をつけて食べると甘いといって出されましたが、豪州人は砂糖をつけた方が絶対に甘い!って言い張りました。彼はキーゥイとスターフルーツは同じような味だって言ってましたね。豪州じゃ同じ味なのでしょうね。

ということで長くなったので続きは次回に。

↓島になっている果物。南国の果物は大きいですね!

P10909181 P10909351

P10909601 P10909531

« ホーチミンのトンボ | トップページ | メコン川クルーズ (2) »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
瑠璃さんの文章を読んでいて、クリスティの「ナイルに死す Death on the Nile」を思い出しました(縁起悪いタイトルですみません)。
いろいろな国の人が同じ船で川を下ります。
英国人・フランス人・アジア人・・・・いろいろな国の人がいるとそれぞれ反応が違って面白いでしょう?今回は食べ物に現れましたねぇ。
甘いものに塩を付けてよりいっそう甘味を引き出す、というのはアジア独特の発想なのでしょうか?スイカに塩、を思い出しました。
次のクルーズも楽しみにしています♪

♪きょんちさん
各国の人が集まると面白いですよね。食べ物は特にね。フランス人がどこの国もいい所と悪いところがあると言うと、豪州人が悪いところがないのは豪州だけだって言ってました。

写真で見ると汚いですが、クルーズはとても楽しかったですよ! 私が単純だから楽しかったのかな~?

楽しいクルーズですね。
空の青さと積乱雲の凄さがいかにも夏と言う風情で、暑そーー
豊富な果物は、私みたいに果物好きにはたまりません。いーぃなー・・・
毎日、楽しみがあって幸せなこと、ご主人に感謝、感謝しなくてはね!!

楽しーーい。
一緒に乗っているようでとても面白い。英国人の奥さん、きっとひどい目に会ったことがあるんでしょうね。
空が南米の空と同じような、南の雲ですね。いいなぁ。

♪イソップさん
戸外は猛暑ですが、船には屋根があるし風も来るので涼しいですよ。それにジャングルの中は陽が当たりません。陰のないところをうろうろすると暑いんですよね。乾季なら大丈夫。フルーツがお好きならぜひぜひベトナムへおいでください!! 撮影の楽しみがなかったら毎日どうやって暮らすのだろうと思ってしまいます。みなさん、雑貨を買ったり、安い物を買いあさったりしてるみたいです。

♪ryoiさん
青い空に白い雲! 写真で見るといいでしょう! 汚い川ですが異空間に身を置くのもまたよきかな、でした。毎日じゃないからいいのかも。ベトナムの女性はよく尽くすので、フランスが統治していた頃、太陽はいっぱいだし、フランス人には天国だっただろうなと思います。

本当に旅は乗り物等、行動を共にする方によって楽しさが倍になりますね。違う人種の方と旅ができるのも外国旅行の楽しさですね。私はこの夏、娘のような年の差のある方とホーチミンに行く予定です。ワクワクしてきました。めずらしい果物楽しみにしてます。これからの旅に注意、これだけは持参する物ありましたら是非お願いします。

♪みちくささん
ようこそいらっしゃいませ。ホー市にいらっしゃるのですね! 無理のない日程で生水を飲まないようにすれば大丈夫ですよ! おいしい果物がたくさんありますので楽しんでくださいね。今は雨季がすごいスコールが来たりしますが、毎日というわけでもないので幸運をお祈りしております。楽しい旅をなさってくださいね。

♪みちくささん
ようこそいらっしゃいませ。ホー市にいらっしゃるのですね! 無理のない日程で生水を飲まないようにすれば大丈夫ですよ! おいしい果物がたくさんありますので楽しんでくださいね。今は雨季がすごいスコールが来たりしますが、毎日というわけでもないので幸運をお祈りしております。楽しい旅をなさってくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホーチミンのトンボ | トップページ | メコン川クルーズ (2) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa