« アンコール遺跡を訪ねて (1) | トップページ | アンコールの遺跡で出合ったトンボ »

2007.06.23

アンコール遺跡を訪ねて (2)

今回は日本人向けのツアーでアコール遺跡を訪ねたので、朝日鑑賞もありました。朝日の撮影は初めてなのでちょっと胸がときめきましたが、神様は私の腕をよくご存知で、お出ましになりませんでした。雨季はやはりチャンスが少ないとのこと。9、10月が一番確率が高く、春分の日が真ん中の塔から朝日が昇るようです。現在はレタッチでけっこう朝日らしくなるようですけど……。記念ですのでアップさせてください。

Pict00761_1 

Pict01921_1   アンコールの遺跡群は11~12世紀に建てられたものが多く、やはりアジアらしいレリーフや仏像の数々に目を奪われます。どの遺跡もそうですが当時の技術や建築過程の人智と労働力に畏敬の念を覚えると同時に人間の愚かさや醜さもいやというほど思い知らされます。この遺跡群が眠りから覚めてわずか百数十年ですが、発見以来、東洋の石像の盗掘や密売が後を絶ちません。金に糸目をつけないコレクターの所有欲にはうんざりさせられます。アンコールの地に置いてこそ女神も石像も喜ぶと思うのですが……。外国人観光客に許可証が必要だったのも盗掘を防ぐためだったのでしょうね。

↓↑ヒンズーの女神像。アンドレ・マルローが愛してやまなかった。彼は国外に持ち出そうとして捕まっている。

Pict01931_1

Pict00891_1

↓カンボジアは有数の宝石産出国。壁の穴には宝石が埋め込まれていたそうです。

Pict01151_2

↓ポルポト政権時代の内紛で傷ついた銃撃の跡。

Pict01011

Pict01691_1   アンコール遺跡もご他聞にもれず宗教間の争いによって遺跡が傷つけられました。アンクル・トムの寺院はめずらしく仏教寺院なのですが、建立王のジャヴァルマン7世亡き後、血縁関係のない王が即位したため、仏像の首や彫刻の首が次々に落とされ、座禅を組むレリーフはヒンズー教の座禅に彫りなおされて、ヒンズー教寺院になりました。

Pict00711_6

Pict01391_3

↓ヒンズー教式の座禅に彫りなおされている。

Pict00921_1

人間の愚かな話が続きましたが、現地の人はおおらかなものです。

Pict05941

Pict06641

Pict00231_5

↓夕陽を眺めるお坊さん。

Pict03381_1

Pict06621_1

↑遺跡の間に座って暑さをしのぐ観光客。

アンコールワットの周囲にはお堀がめぐらされているのですが、夕方になると市民が夕食を持ってお堀の周りに集まってくるそうです。毎日アンコールワットを眺めながら夕食をとるなんて、何と贅沢なのでしょう!

Pict00011

« アンコール遺跡を訪ねて (1) | トップページ | アンコールの遺跡で出合ったトンボ »

写真」カテゴリの記事

旅の想い出」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
何処の国でもそうですが、国の宝は狙われる物なんですね。
この石像などを見ていると、当時の人たちの体型というものがおぼろげながら見えてくるようです。特徴をうまく掴み、表現できている写真が有るからです。臨場感を十分味逢うことが出来ました。

♪イソップさん
当時の女性は腰が細くて出るべきところが出てたのでしょうね。たまに異国を旅するのもいいものですね。でも知らないことばかりでしたけど。
またベトナムの街や蝶を追いかけます。

スケールの大きさに驚きますが、やっぱりこれだけの規模の寺院の建設はこ国民の離反を招くほどの重税と労働を必要としたようですね。
カンボジアには地震がないそうですね。だから残っているんでしょうか。

♪ryoiさん
統治者によって国が衰退もすれば繁栄もするんですよね。それを思うと、日本は本当によくここまでやってきましたね。大政奉還から文明開化とうまく移行できたし、国民の教育水準も高いし、戦争で負けてもまた復興したし。時代がまだまだのんびりしていたのでよかったのかもしれませんけどね。気骨のある日本人が多かったのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンコール遺跡を訪ねて (1) | トップページ | アンコールの遺跡で出合ったトンボ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa