« ホーチミンのシジミチョウとセセリチョウ | トップページ | ビンクォイ(Binh Quoi)庭園の夕暮れ »

2007.06.10

カンムリを被った黒い鳥 ホーチミン

今日の画像はドンコイ通り沿いにある公園で見つけた黒い鳥です。最初は、カラスの子どもが飛んでいるのかと思ってました。よーく見ると頭には逆毛を立てたようなカンムリが! 鳥がこちらを向いてくれなかったのはとても残念ですが、こんな鳥がいるなんて世界は広いですね! といっても私が単に鳥のことを知らないだけかも知れませんけどネ。

※「ジャワハッカ」という鳥だそうです!うっかりかさごさんに教えていただきました。ありがとうございました。

Pict030111

Pict02981_2

Pict03081_3

↓ちょこちょこ公園を突っ切っていくと、近くの街路樹に飛び移りました。

Pict03231_3

↓そして遠くの方へ飛んでいってしまいました。羽を開くと一部が白いんですね! 黒鳥のときもそうでしたが、羽は全部真っ黒というわけでもないみたいですね。

Pict03261_5

Pict03271_2

Pict03281_2

Pict03291

※撮影日は6月7日。

« ホーチミンのシジミチョウとセセリチョウ | トップページ | ビンクォイ(Binh Quoi)庭園の夕暮れ »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

この鳥もきになるけど、4枚目の綿のような花が咲くこの木はなんというのかな?
この木何の木気になる木

♪ryoiさん
今夜はめずらしく夜更かしなのですね。
ryoiさんのタイサンボクじゃないけど、歩道がガラガタ道なので下ばかり見て歩いてたので、写真に撮るまでこんな木だって気がつかなかったのよ~。

ベトナムの人って一年中同じお花が咲いているせいか、お花の名前を聞いても知ってる人が少ないの。全部お花はフラワーでいいんですって。南国は大雑把でいいわー。

お早うございます。
昨日ビデオボードを取り替えたPCを再起動せずに使っていたらおかしかったんですね。 昨夜は白い花に見得たのが実は影でした。 失礼しました。

こんにちは。
冠の有る黒い鳥、初めて見ました。色のわりに愛嬌が有るみたいじゃないですか。羽根の裏が一部白いのも変わっていますね。やはり、世界は広い。私のレンズの中にもこの鳥は居るのかなぁー・・・

♪ryoiさん
ふふふ、私はしょっちゅうそういう間違いをやってるのでちょっと安心しましたよ。
このあたりの木も面白い形をしたものがあるし、聞いたこともない鳥のさえずりが聞こえてくるんですよ! 鳥好きにはたまらないと思いますよ。いつも鳥を探すのだけど、枝と葉が多くて見つけられません。

♪イソップさん
このカンムリを被った黒い鳥、面白いですよね。周りにけっこう人がいましたが、こちらの人は関心なさそうでした。
イソップさんは、鳥の撮影もされてたのでしょうか?? フィルムでの鳥撮影は大変でしょうね。でもF6の連写はすごうそうなので腕が上がったら一度やってみたいとは思ってますが、まだまだずっと先の話です。そうだ、レンズを持ってないからダメなのでした。

こんばんは、はじめまして♪
MEJIRO♪さんの掲示板からとんできました。

早速ですがこの鳥はジャワハッカと言います。日本のムクドリの親戚みたいな鳥です。
日本では与那国島で繁殖しています。ちょっと分類がややこしくて、オオハッカと呼ばれたりもします。
私の住んでいる関西でも、よく似たハッカチョウというのが繁殖していますが、これも純粋な野生ではなくて、元々ペットとして飼われていたものが抜け出して野生で増えたものです。

こんな感じでよろしかったでしょうか?

♪うっかりかさごさん
うわ~、ありがとうございます。流石ですね!
MEJIRO♪さんの掲示板にホーチミン市からはカキコができないんですよ。ROMはOKですが。ですからお手をとらせて本当に申し訳ありませんでした。おかげで助かりました。
早速お礼にそちらに伺わせていただきますね。

bmidofwl jygnvax ubcrn odinjtas hiztk ctdpr judxfheg

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホーチミンのシジミチョウとセセリチョウ | トップページ | ビンクォイ(Binh Quoi)庭園の夕暮れ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa