« 雨上がりの紫陽花 | トップページ | ある日の街角風景 ホーチミン市 »

2007.07.10

ホウガンノキ ホーチミン市

ホーチミン市のBinh Quoi(ビンクォイ)庭園に立ち寄ったときに見つけました。木の周りをロープで囲んで近づけないようにしてあったので重要な木だろうなと思ってました。まるで砲丸のような実がなるのでこの名前がついたとか。お花も一度見たら忘れられませんね。木の下のほうにばかり咲いていました。重いからでしょうかね。タイではこの木は聖なる木、沙羅双樹のようです。日本の沙羅双樹はちょっと違いますね。熱帯アメリカ原産で学名は「couroupita guianensis」、英語名は「Cannon-ball tree」です。

Pict06501_1

↓めずらしく木に学名が記されていました。

Pict06111

Pict06261

Pict06641_1

Pict06221_1

庭園を一回りして帰ろうとするとこの木のそばに民族衣装を着たカップルが! そうです、ホーチミン市ではおなじみのブライダル写真を撮っているところでした。何とちゃっかりロープをはずして木のそばに立って寄り添っています! 私もちゃっかり撮って来ましたよ!

↓カップルの頭上にホウガンの実が! やはり砲丸って感じです。

Pict02161_2

« 雨上がりの紫陽花 | トップページ | ある日の街角風景 ホーチミン市 »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
地域がら、面白い樹や花が有るんですねぇー。
なんとも魅力的な花です。一度撮ってみたいなー・・・

♪イソップさん
やはり南国、面白い植物がありますよね。
前回フランス人の男の子を撮ったのはビンクォイ第二庭園で、こちらは第一庭園です。隣接していますがこちらのほうが植物が多いですね。曇っていたのに現地に着いたら晴れて、庭園を廻るだけでも暑くてうんざりでした。
イソップさんがどうお撮りになるか私も興味津々です。ぜひ実現させてくださいませ。

面白い花の付き方をする木ですね。木に蔓が巻き付いているのかと思ったら枝が蔓のようになっているんですね。
短い旅行ではこうしてゆっくり花を撮る時間もありませんから海外生活を楽しんでいらっしゃる瑠璃さんが羨ましいです。

♪HOPPERさん
本当に面白い木でしょう!? 私も驚きました。
短い旅行では、なかなかこういうのまで分りませんよね。長期滞在となると大変なこともあるのですが、そこは博多っ子、くよくよせずに楽しいことを見つけて有意義に過ごしたいと思います。
博多の街は雨ばかりですが、山笠が飾られて熱くなってきましたよ!! 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨上がりの紫陽花 | トップページ | ある日の街角風景 ホーチミン市 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa