« 路上の昼寝 ホーチミン市 | トップページ | 暮れゆくサイゴン »

2007.07.06

シロオビアゲハ ベニモン型 

以前にシロオビアゲハのオスをupしましたが、今日の画像はメスのベニモン型ではないかと思います。前回も書きましたが、シロオビアゲハのメスはオスと同じような白い斑点だけのものと紅色の斑点があるベニモン型と二種類あるのですが、今日の蝶は赤い斑点があります。ベニモン型の紅色は毒素を持つことを知らせ敵から身を守るためのようです。自然界は本当にうまくできているのですね!シロオビアゲハもベニモンアゲハも個体差が大きいのですが、ベニモン型が出現するのはベニモンアゲハがいる地域に限られているようです。

Pict04321_4

Pict03901_2

Pict03911_1

« 路上の昼寝 ホーチミン市 | トップページ | 暮れゆくサイゴン »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ほぉぉぉ...これはまた凄いですね。いかにも紋付羽織と言った感じ、シナを切っている歌舞伎役者じゃないですか!!
日本では見られないでしょうねー。写真で見る限り、翅の表裏に紋が有るようですね。

♪イソップさん
植物園や公園に行くと何かしら驚きがあるのですが、自然界は不思議ですね。本当に歌舞伎役者のようです! 真夜中のフライトで福岡に帰るので今回のベトナムの蝶はこれが最後になるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 路上の昼寝 ホーチミン市 | トップページ | 暮れゆくサイゴン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa