« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

山口で見かけたシラサギ

山口にお住まいの方のブログには、いつも野草や蝶や昆虫が次々にアップされていて、いつも羨ましく思っていました。本当にあんなに蝶や野草がたくさんいるのかしらと半信半疑でしたが、山口に着いた27日、川の傍を車で通りかかると数十羽のシラサギが遊んでいました!! 福岡県のお隣なのに自然がいっぱいの山口県。さっそく次の日、川へ行ってみました。でも夕立があったせいでしょうか、シラサギは一羽もいません。仕方なくとぼとぼとあぜ道を歩いていていると、小さな池に数羽いました! 近づくとやはり逃げられてしまいました。200ミリの望遠レンズなので小さな写真しか撮れませんでしたが、緑と白の自然色で本当に絵になってました!

Pict08281

↓で、さらに歩いていくと結構いましたよ! 道路の傍を飛んでました。

Pict08101

調べてみると、サギって集団で生息するので、鳴き声や糞害で近隣の住民が迷惑することもあるんだそうですね。知りませんでした。

Pict08371

Pict08411

もちろん大幅にトリミングはしてますが、下の二枚はアップで撮れました! チュウサギでしょうか?  うっかりかさごさんからダイサギのようだと教えていただきました。いつもありがとうございます。

Pict090812

Pict09071

2007.08.30

ひまわりとキアゲハ

真夏を代表するひまわり。そのひまわりにキアゲハが遊びに来てましたよ! ちょっと残念なのは朝から薄曇りで、真っ青に晴れ渡った夏空の背景が望めなかったこと。小ぶりのひまわりとはいえ、蝶とひまわりのコラボもちょっと珍しいかもしれません。おいしいお魚に野菜、それに空気もとびっきりおいしくて山口の休日を満喫してきました!

Pict03502

Pict03471

Pict02792

Pict036821

Pict017012

もっと引いた画像を撮りたかったのだけど、ひわまりが乱立してて無利でした。

2007.08.27

思いのままに 飛んでるクロアゲハ

いつも北側のお庭を覗くと、どこからともなく飛んでくる黒いアゲハチョウ。セージの花に留まったかと思うと、私の頭上すれすれに飛んでいったりします。本当に勝手気ままなクロアゲハです。きっと人生をエンジョイしているのでしょう! 飛翔写真を撮るのは本当に難しいのですが、飛んでる姿を見るとつい追いかけてしまいます。でもなかなかいい写真は撮れませんね!

Pict02411

Pict015111

Pict02491

Pict03001

Pict03221

2007.08.26

マンションの住人 クロアゲハ

前回マンションのお庭にやってきたナガサキアゲハをご紹介しましたが、同時に黒いアゲハが飛んでいたので、てっきり同じナガサキアゲハかと思ってました。でも撮った写真を見てびっくり。クロアゲハのようですね。

Pict02671

Pict027012jpg1

Pict06361_2

Pict06471

Pict06741

2007.08.25

盛夏の白い花 サギソウ

今日の画像は昭和記念公園で撮影したサギソウです。鉢植えをあっちに置いたり、こっちに置いたりして背景をいろいろ変えて楽しみました。真っ白なシラサギが飛んでるように見せたいので、なるべく綺麗な白になるように、しかも白トビせずにまっ白な色が出せたらいいなと願いながら撮りました。池のほとりの花壇の杭の上に置いてサギソウを撮っていると、池では本物のシラサギが飛び立っていました。サギソウとシラサギのコラボも素敵かもしれませんね。

湿地に咲くサギソウは世田谷区の区のお花だそうですね。かつては世田谷区に自生地があったようですが、湿地が開発されて少なくなり現在は咲いていないとか。「サギソウ祭り」は開催されているようです。このお花はその美しい姿ゆえ盗掘され、現在では絶滅危惧種になっています。

原産地は日本、台湾、韓国で、英語名は「White Egret Flower 」。花言葉は神秘、繊細などです。

Pict003611

Pict01331

Pict01691

サギソウの鉢の貸し出しは3時まで。終わり頃、ボランティアの方がいらして、お水をやるので少しの間だけまだ撮影できますよと、お水をやった鉢を親切にもまた貸してくださいました。

Pict01871

Pict02041

Pict022111

2007.08.24

昭和記念公園で目にした蝶たち

昭和公園にサギソウを撮りに行ってきました。今月の31日までサギソウの鉢植えを貸し出してくれます。素人カメラマンに人気で、かなりいましたね。鉢は何度でも取り替えることができるようです。サギソウの写真は次回にして、今日は昭和記念公園で見かけた蝶たちをアップします。特別にめずらしい蝶ではありませんが、夏の昭和記念公園は行った記念なので。そうそう、夫も一緒に行ったのですが、初めてだったようです。平日だったので人出は少なくお花もないので、余計に広く感じましたが、ゆったりと休暇を楽しんでいました。

↓キタテハ

Pict06851

Pict06561

↓モンキチョウ?

Pict08631

Pict02902

↓モンキチョウ

Pict08871

↓ツマグロヒョウモン

Pict02431

もう少し綺麗な色が出てくれるといいのですけど……。

2007.08.21

善福寺川で見つけたトンボ

今日は善福寺川緑地まで散歩に行ってきました。もう少しのところでバスに乗り遅れたので、待ってる間に次の駅まで歩こうと思い歩きましたが、次の駅で待つのが暑いので??結局、目的地のバス停まで歩きました~。40分は歩いたでしょうね。善福寺公園を通り越して和田彫り公園まで来てるのに気がつきました。でも、いい写真は撮れませんでしたね~。まぁ、こういうこともありますよね。

↓阿波踊りのときの笠を被ってるみたい。

Pict015711

Pict0216121

↓川の手すりに留まってました。

Pict02741

↓トンボが翅をすごい勢いで震わせてました。次は尻尾も動かしてました。

Pict028711

Pict01452

↓川ではこんな風景も。懐かしいですね!

Pict00571

↓公園の銅像。

Pict037611

Pict00271

2007.08.20

ユリのある風景

マンションのお庭に白いユリの花が咲いています。ここ数年、福岡ー東京を往復しているので今年初めて気がつきました! 周りに高い樹が多いので青空を背景にした写真が撮れないのはちょっと残念ですが、それでも清楚な白いユリの花が咲いている風景はなかなかいいものです! 撮影は数日に渡っています。

Pict01891

Pict044611

Pict04351

Pict01961

Pict01001_3

Pict0452121

2007.08.19

マンションの住人 ナガサキアゲハ

昨日は近所のスーパーにナガサキアゲハが迷い込んでいましたが、マンションにもナガサキアゲハが棲んでいることを思い出しました。北側のマンションのお庭で3頭も同時に黒いアゲハを見かけたので、最初は同じ種類の黒いアゲハと思ってましたが、写真を撮ってみると、ナガサキアゲハとクロアゲハの2種類のアゲハがいることが判明したのです。今日の画像は8月11日に撮ったもので、ナガサキアゲハです。翅がかなり痛んでいますね。

Pict04321

Pict04781

Pict04451

Pict00231

2007.08.18

迷い込んだナガサキアゲハ

Rimg00601  夕方、近所のスーパーに買い物に行くと、何と面白いお客様がお見えでした! 天井付近をひらひらと飛んでいたのですが、冷えたのか灯りのところに行きじっとしていました。いつもと違うのでちょっと戸惑って一息つきていたのかもしれませんね。買い物客はというと、「あれ~、蝶々が!」というお客さんなんか一人も居ません。私が写真を撮っていても、ちらっと見てすぐに棚の食品に目をやりあとはしっかり品定め。まぁ、ここはスーパーですからこれが普通なのでしょうね。

Rimg00751

↓天井の灯りのところにある飾り物に留まりましたが、けっこう絵になってますね。

Rimg01191

Rimg00941

Rimg01291

このナガサキアゲハ、スーパーで一晩このままの状態なのかしら……。

2007.08.17

初撮り カ・ワ・セ・ミ

幼馴染みのS君の案内で猛暑の中、カメラをぶら下げて気ままに野川沿いを散策したのですが、何と、何と、私は初めてカワセミの飛翔を目にしました! カワセミではなくまさに翡翠です。渓流の宝石と喩えられますが、その美しさは宝石そのもの。あまたの鳥撮りをひきつけて止まない翡翠に、初日で巡り合えるなんてラッキー以外の何ものでもありません。S君曰く、ラッキーというよりずるいのだそうです。これも鳥撮りが趣味のS君の案内があったからこそですね。感謝、感謝!

というわけで、美しい宝石をお見せしたいのですが、この渓流の宝石は200ミリの望遠で撮影したので少々、いやかなり偽物のような輝きを放っております。

Pict0137123jpg1

でも初撮りですし、200ミリの望遠ですから、これで良しとしましょう。

Pict017131

↓下を向いているところも可愛いですね!

Pict01401

ここの翡翠の最大のポイントは餌付けされてないということ。自然のままの姿を撮影できることです。餌付けして翡翠や鳥の姿を撮影するのは本末転倒ですものね! 鳥や動物が自然界で生きていける環境を整えることが私達の役目でもあると思うのですが……。

Pict02541

次回はレンズに期待して。こうしてみんな沼に嵌りこんでいくのでしょうか……?

さてさて、野川には翡翠の他にもこんな鳥がいましたよ!

Pict05061

↑、↓そうです、コサギです!

Pict04151

Pict00211

Pict05631

野川に限らず、鳥や動物が自然の中で生息できる環境がいつまでも続きますように!

2007.08.16

盛夏の野川沿い散策

ギラギラ太陽が照りつける真夏の13日、武蔵野の緑あふれる野川沿いを散策しました。ここは武蔵野公園と野川公園が隣接し、野川が流れ、都内でも有数の自然があふれる所です! 案内役は幼馴染みのS君。ここは彼の散歩コースだとか。私達はまず近所にある国立天文台からスタートしました。ここの見学は無料ですが、天文台の見学はまたにして、まずは自然散策から。

大正10年に建てられた天文台のドーム内には、カール・ツァイス製の望遠鏡が収納されているとか。

Pict00231

とにかく敷地内は広く雑木林もありましたが、炎天下ではセミ以外の昆虫には出合いませんでしたね。ちょっと残念。

Pict00321_2 Pict00541_2

↓そこで私達は野川沿いへと急ぎました。途中の道端で見つけたツマグロヒョウモン。

Pict02631

畑の脇の雑草に混じってこんなお花も咲いていました。太陽が強烈でしょう!

Pict03281

↓本日のメインイベントはこの野川沿い散策。本当にここは東京?って目を疑わずにはいられませんでした。緑がいっぱい!

Pict036511

水車小屋もありました。人がいなくなるのを待ったのですが、なかなかチャンスが来なくて下を向いた時に撮らせてもらいました。

Pict03631_2

野川沿いで見つけたジャノメチョウ。

Pict05911

川の中の石の上にはハグロトンボが!

Pict028011

シオカラトンボ、ノシメトンボもいましたがブログにたくさんアップしたので画像は省略します。さらに川沿いを散策していると……意外なものに出合いました! といってもS君は予想していたようですが、こればかりは自然のなりゆきですものね。ラッキーでした! 次回それをご紹介します。

2007.08.15

今宵ダンスを! アゲハチョウ

野草園の恋の物語は、クロアゲハと鹿の子ユリだけではありませんでした。クロアゲハに刺激された二頭のアゲハチョウはこっそりとダンスの練習を始めたのです。今宵の目的はダンスホール。

↓「Shall We Dance?」、社交ダンスは礼儀正しく。

Pict02071

↓滑り出しは上々。

Pict020212jpg1

↓それぞれのパートもバッチリ。

Pict021711

↓おお、足並みじゃなく翅並みも揃ってますね!

Pict02191

↓けっこう自信がついたみたい。

Pict02221

↓ダンスホールを目指す足並みじゃなくて翅並みも軽そう!

Pict0234121

↓おお、ダンスホールでは主役じゃないですか!

Pict05431

↑私の目の前に飛んできたので、近すぎてなかなかシャッターが下りてくれなかった。もう少し離れていたらバッチリだったかも。

2007.08.14

恋をしたクロアゲハ

ある暑い夏の午後のことでした。野草園に咲いている鹿の子ユリのところへ魔法使いのよなクロアゲハがやってきました。

Pict081711

恥ずかしそうに翅を震わせながら、クロアゲハは恐る恐る鹿の子さんに耳打ちました。

Pict083311_2

「あのね、ボク……、鹿の子さんに恋をしちゃったんですぅ」。そう告白しました。それを聞いた鹿の子さんはぽーっと頬を染めました。

Pict08851

その様子を見たクロアゲハは、いきなり鹿の子さんに口づけをしました。そしてひらひらと飛んでいってしまいました。

Pict09001

その夜、野草園にはいつまでも眠れないユリが一輪ありました。

Pict00341

2007.08.13

暑さの中で かのこ百合

杉並区は緑の多いところです。私の散歩コースには川あり池あり野草園ありと変化に富んでます。ちょっと足を伸ばせば井の頭公園や善福寺川緑地など徒歩圏内にあります。今は暑いので遠出はしませんが、近場の野草園がもっぱら私の撮影練習地。

前回コオニユリをアップしましたが、この暑さの中、かのこ百合も咲いていました!

Pict08131

ただし園芸好きなボランティアが整備をしているので、色んな野草が所狭しと植えられています。大きな白い立て札がどーんとお花の横にあるし、決して撮影条件のいい所ではありません。ほら、バラのつるだって巻きついているでしょう。l

Pict05961

もともと斜面の空き地に作られているので背景には木も入ったりしますが、あまりに隙のない美しい画像より庶民的でいいかもしれませんね(負け惜しみ)。

Pict013011

整ってない物や何でもない風景を切り取るって難しいものですが、お花はまだまだ切り取り易い被写体かもしれません。どう切り取ってもお花自体が綺麗ですものね。

Pict00131

それに、飛んで火にいる夏の虫!ってこともありますからねぇ。

Pict032311

2007.08.12

マンションの住人 コミスジ

前回マンションの住人、アオスジアゲハをご紹介しましたが、コミスジもひっそりと棲んでおりました。同じ北側のお庭です。午前中に撮影し、昼食を終えて再度北側のお庭に来てみるとまだ居ました! 近づくとさっと逃げましたがすぐに留まってくれました。

コミスジは中央アジア、インドシナ、台湾などに広く分布しています。ベトナムでも見ましたね! 日本のどこにでも居る蝶です。パタパタと翅を羽ばたき、次の数秒間は翅を水平にして滑空する独特の飛び方をします。タテハ蝶の仲間で英語名は「Common Glider」。

Pict008811

Pict01651

Pict01961 

2007.08.11

若者が集う街 下北沢 (2)

Rimg04841_2   新旧の雰囲気が混在する街、下北沢。細い路地が迷路のように連なり、朝まで若者やタレントがお酒を飲み交わす下北沢。小劇場やライブハウスから文化を発信する若者の町、下北沢。そんな下北沢が街を二分し、これからますますます変貌を遂げようとしています。大きな道路が通り、街が再開発されようとしているのです。

Rimg03221_2 →若者の好みは多種多様。おしゃれかと思えばちょっと変わっていて、何だかよく分らない。そんな街が下北沢。

 

Rimg04201_2

Rimg03201_2

Rimg04181_2

Rimg00031_2  居酒屋の店頭には新鮮な野菜がいっぱい。「若者よ働け!」の看板も。

Rimg00361_2  やさい酒場なのに野菜は見当たらない.。きっと中には野菜がいっぱいあるのでしょう。

↓とっても下北沢的! シャーーターに描いた絵。

Rimg00431_2

ここ下北沢はかつて落書きの街でもありました。あとを絶たない落書きに街中が取り組み、その様子がTVでも取り上げられました。最近では落書きがすっかり姿を消しましたが、ガード下にその名残を発見。

Rimg04041_2

Rimg03791_2 さて今一番メディアに取り上げられているのがこの市場です! ここに大きな道路が通り再開発されるということで下北沢がその是非を巡って二分されているのです。前回ここを撮影したのですが、市場の名前を探してもどこにも看板がありません。 やはり見落としたのだろうと今日、また行って探しましたがやはり見つかりません。市場の中にある洋品店「小松」さんの店主にうかがったところ「なまえねぇー、下北沢振興会かな」ということでした。(左の写真の中央は市場に入る入り口)

Rimg03591  ここは戦後できた市場で、近所に大きなスーパーができるまで食品や洋品店などが軒を連ね、毎日多くの買い物客で賑わっていたとか。スーパーやチェーン店が出来るにしたがってだんだん歯が欠けるようにお店がなくなっていったそうです。(右は市場のもう一つの入り口)

Rimg03421_3 

←お話を伺った洋品店「小松」さん

Rimg03511  →昔懐かしい食料品店

Rimg01431   昔よく遊んだおもちゃがいっぱい。

Rimg00251  市場の一杯のみ屋さんには昼間からお客さんが来て楽しそうに飲んでいました!

Rimg0369121

Rimg03391_2 →乾物屋さん

Rimg03731 ←きっと進駐軍の払い下げの用品を売っていたのでしょうね。

さてさて、市場で若い子に一番人気のあるお店はここかもしれません。竹中直人さんが出演した映画「男はソレを我慢できない」でロケに使った看板がそのままかかってます。

Rimg03351

本当はここはワインバー。タレントさんやお客さんで朝まで賑わっているとか。竹中直人さん所属の事務所が経営しているそうです。

Rimg03271

Rimg03751

市場とは反対側の南口商店街を抜けると昔ながらのこんな風景も残っていました。再開発によってこの街はどう変わっていくのでしょうか? 北口の旧食品市場がなくなってしまうことだけは確かなようです。 Rimg04441

やはりR6の設定にまだ慣れてないので画像がイマイチですね。もう少しましな写真をアップしたかったです。

2007.08.10

マンションの住人 アオスジアゲハ

私の住んでいるマンションの北側には、武蔵野の面影を残す樹木が生い茂っています。お花が少ないのであまり行ったことがなかったのですが、昨日覗いてみると居ましたよ、アオスジアゲハ君が! ひらひらと我が物顔に飛んでいました。なかなか留まってくれなかったのですが、やっとフェンスの側で留まってくれました。ほとんど住人は来ないのでアオスジアゲハ君にとっては居心地のいい場所だと思いますよ。来年も再来年も元気な姿を見せてくださいね。

Pict07362

少し露出を変えてみましたが、やっぱり普通がいいのかな~。

Pict07771

Pict08091

↓クマゼミ君もいました。

Pict06771

Pict06871

下北沢に行って少し画像を補足したかったのですが、今日もマンションの自然とたわむれていて時間がなくなってしまいました。明日は週末なので人が多いかな?

2007.08.09

ルリタテハ 瑠璃立羽

翅を開くと、瑠璃色の帯模様がが鮮やかに広がるルリタテハ。裏側は灰褐色の小さな凸凹状で隠蔽色のため周囲に溶け込むようにできています。路上でよく見かけますが、縄張りを張っているのだそうです。成虫で越冬するため4月ごろから姿が見られ、日本、中国、東南アジア、インドなど幅広く分布しています。学名は「Kaniska canace」、英語名は「blue admiral)」。

Pict026811

↓GR-Digitalで撮影。けっこう細部まで綺麗に写ってますね!

_10629671

Pict0320121

Pict01741

↓GR-Dで撮影。

_10629691

2007.08.08

若者が集う街 下北沢 (1)

RicohのCaplio R6の試し撮りを兼ねて若者の街、下北沢を撮って来ました。下北沢は渋谷や新宿にも近く、京王井の頭線と小田急線が交わるところです。昨今では三軒茶屋、自由が丘、代官山に並ぶ若者の街としても注目されています。といっても昔からの商店街も健在で新旧入り混じった狭い路地が交錯する面白い街でもあるのです。

しゃれた街でもあり、東大や明治大学が近いことから学生街の名残りも留め、小劇場を擁して文化的な街としても脚光を浴びています。

Rimg00081

↓夏物バーゲンセールの広告だっていろいろです。

Rimg00441

Rimg00501

↓ファッションもモダンから古着まで色々。

Rimg00451

Rimg00191

駅のそばには二つの路線が走る踏み切りがあり、開かずの踏み切りなどと呼ばれています。↓は一つの路線なのでのんびりとしてました。

Rimg00661

↓駅のそばにはマンション(アパート)が建ち並び、一階はお店になってます。でもまだまだ古い家も残ってます。

Rimg00831

Rimg00701

Rimg00631

Rimg00641

次回も下北沢の街風景をアップしますが、R6の設定がまずかったのかピントがイマイチですね。慣れれば良くなるでしょうか?

2007.08.07

猛暑の中で セミとトンボ

暑いですね! 撮影に出かけたいのですが暑くてどうしようもありません。今日はマンションの中で見つけたセミとトンボの写真をアップします。

Pict06311

↓けっこう風があったので植物が揺れて撮影は難航しました。

Pict05001

Pict06681

Pict06071

↓同じギボウシにまたやってきたので胸の模様を撮りました。この画像から判断すると夏アカネのようです。(2007/08/08追記)

Pict046711

Pict04431

↓ゲンノショウコ (近所の野草園に咲いていました)

Pict020011_3

2007.08.06

野草園の蝶とトンボ

昨日は近所の野草園で撮影したコオニユリをアップしましたが、その撮影が終わって帰ろうとする三種類の昆虫に出合いました! 

まずナミアゲハ。ひらひらと飛んできてくれました。しかも三頭も! 二頭はいつも一緒に飛んでいたのでやっと同じ画面に飛んでる姿を収めました。

Pict13561

Pict13571

そして一頭が留まってくれました。

Pict14831

Pict14991

上のチョウとは固体がちがうようですね。

Pict13921

Pict14151

アゲハチョウの撮影でういろうろしていると、何やら黒いものが横切りました。そっと後を追って行くと、オハグロトンボが留まっていました!

Pict13092

Pict13121

カメラをバッグにしまって帰っていると、今度は大きなシオカラトンボ オオシオカラトンボに出合いましたよ! もう少し綺麗な植物に留まって欲しかったのですけど……。

Pict17161

Pict16351

MEJIRO♪さんにオオシオカラトンボのようだと教えていただきました。ありがとうございます。

2007.08.05

コオニユリ 小鬼百合

近所の野草園に咲いているコオニユリです。オニユリとの区別が難しいようですが、名前がちゃんと書いてあるので間違いないでしょう。ちょっと残念なのは添え木に針金で無造作にユリを縛り付けていることです。全体像を撮りましたが、気になりだすと針金ばかりに目がいってしまいます。仕方なくトリミングしたら皆同じような画像になってしまいました。あまり眺めているとどれがいいのか判らなくなってきますね。同じような画像ですがご覧ください。

Pict081631

Pict12331

Pict037612jpg1

Pict048311

Pict080031

2007.08.04

ヒメヒオウギスイセン 神代植物公園

夏は植物園も花枯れの季節ですね。台風の影響で真っ赤なヒオウギスイセンが風に吹かれていやいやをしていました。ヒオウギスイセンは葉っぱとお花が雑然としているので切り取り方が難しいですね。

Pict013111

Pict01131

Pict01111

↓女郎花

Pict02811

リンドウも咲いていましたが、柵があって逆光では撮れなかったし、フォルターも忘れてきたので、紫がやはり綺麗にでませんでした。

2007.08.03

ムクゲ 神代植物公園

昨日、神代植物公園に行ってきました。お目当ては蝶だったのですが、あまり見かけませんでしたね。飛んではいましたがお花がないので留まってくれません。台風の影響で風があったので気温が高い割には気持ちよかったですよ。緑が多いし、人は少ないし、楽しい時間を過ごしました。ムクゲがたくさん咲いていたので色々撮って来ました。さすがに暑いので花びらの縁が少し傷んでいるのもありましたが、撮影の練習と思っておかまいなしに撮って来ました。色んな色があるのですが、何しろ日差しが強いのであちこち白トビしてました。でもメインの被写体以外の白トビは気にしないことししてます。

中国・インド原産のムクゲは韓国の国花なのですね。英語名は「Rose of Sharon 」。

Pict04821

Pict05211_2

Pict049211

↓花びらの縁が傷んでいますが気にしない!

Pict04671

Pict05521

Pict05421

何だかパターンが同じで発想が貧困ですね。もう少し引いて撮ってもよかったかしら。

2007.08.02

夕焼けの夏祭り

Pict04781_2 昨日と今日、近所で夏祭りが催されました。今日は出かけていたので撮影はできませんでしたが、昨日撮って来ました。最初は子供たちの盆踊りや出店風景を撮っていたのですが、夕焼けがとても綺麗だったので、最後はiちょっと移動して夕空ばかり撮ってしまいました。都内でも綺麗な夕焼けが見られるんですね! 

Pict04831

Pict047511

Pict04931

Pict04901

2007.08.01

近所で見かけた蝶

一昨日渋谷に行って疲れたのか、昨日は起きたらもうお昼でした。何だか久しぶりにぐっすり眠ったような気がします。お当番も終わり、久しぶりの我が家でほっとしたのでしょうね。でもなかなか雑用が終わりません。長い間、留守をしていたので仕方がありませんね。

今日も出かけたので夕方近所を散歩して撮って来ました。傷ついた蝶ですが、二頭飛んでいましたよ!

↓ナミアゲハ。今年お初ですね!

Pict07521

Pict093011

Pict08891

Pict09081

↓そうそう、めずらしくDR-Digitalでも撮影したのでした~。

_10627181

_10627151

↓ヒメジャノメですね。MEJIRO♪さんが図鑑で調べてくださいました。

Pict054151

Pict05751

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa