« 若者が集う街 下北沢 (1) | トップページ | マンションの住人 アオスジアゲハ »

2007.08.09

ルリタテハ 瑠璃立羽

翅を開くと、瑠璃色の帯模様がが鮮やかに広がるルリタテハ。裏側は灰褐色の小さな凸凹状で隠蔽色のため周囲に溶け込むようにできています。路上でよく見かけますが、縄張りを張っているのだそうです。成虫で越冬するため4月ごろから姿が見られ、日本、中国、東南アジア、インドなど幅広く分布しています。学名は「Kaniska canace」、英語名は「blue admiral)」。

Pict026811

↓GR-Digitalで撮影。けっこう細部まで綺麗に写ってますね!

_10629671

Pict0320121

Pict01741

↓GR-Dで撮影。

_10629691

« 若者が集う街 下北沢 (1) | トップページ | マンションの住人 アオスジアゲハ »

写真」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

黒地に瑠璃色、結構合いますね。二枚目は緻密に描写されて居ます。
軍用機、ステルス(だったかな?)を思い出しました。

♪イソップさん
こんにちは。日本ではこういう模様の蝶は瑠璃タテハだけなので見てすぐに名前が判ります。自然美は本当に綺麗ですね。
この蝶、なかなかお花に留まってくれません。もっとも夏はお花が少ないですけどね……。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若者が集う街 下北沢 (1) | トップページ | マンションの住人 アオスジアゲハ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa