« 盛夏の野川沿い散策 | トップページ | 迷い込んだナガサキアゲハ »

2007.08.17

初撮り カ・ワ・セ・ミ

幼馴染みのS君の案内で猛暑の中、カメラをぶら下げて気ままに野川沿いを散策したのですが、何と、何と、私は初めてカワセミの飛翔を目にしました! カワセミではなくまさに翡翠です。渓流の宝石と喩えられますが、その美しさは宝石そのもの。あまたの鳥撮りをひきつけて止まない翡翠に、初日で巡り合えるなんてラッキー以外の何ものでもありません。S君曰く、ラッキーというよりずるいのだそうです。これも鳥撮りが趣味のS君の案内があったからこそですね。感謝、感謝!

というわけで、美しい宝石をお見せしたいのですが、この渓流の宝石は200ミリの望遠で撮影したので少々、いやかなり偽物のような輝きを放っております。

Pict0137123jpg1

でも初撮りですし、200ミリの望遠ですから、これで良しとしましょう。

Pict017131

↓下を向いているところも可愛いですね!

Pict01401

ここの翡翠の最大のポイントは餌付けされてないということ。自然のままの姿を撮影できることです。餌付けして翡翠や鳥の姿を撮影するのは本末転倒ですものね! 鳥や動物が自然界で生きていける環境を整えることが私達の役目でもあると思うのですが……。

Pict02541

次回はレンズに期待して。こうしてみんな沼に嵌りこんでいくのでしょうか……?

さてさて、野川には翡翠の他にもこんな鳥がいましたよ!

Pict05061

↑、↓そうです、コサギです!

Pict04151

Pict00211

Pict05631

野川に限らず、鳥や動物が自然の中で生息できる環境がいつまでも続きますように!

« 盛夏の野川沿い散策 | トップページ | 迷い込んだナガサキアゲハ »

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

近くでカワセミに出会えたんですね~、綺麗に撮られててうらやましい。
カワセミを求めて何度那珂川へ通ったことか・・・それでも撮れたのはほんの数回なんですよ。
こちらでは餌付けして鳥を撮影なんて考えられませんが、関東、関西ではけっこう多いそうですね。
自然のままの姿を撮ってこその野鳥撮影ですよね。
明日あたり私も出かけてみようかなと思ってますが暑さがね~。

♪legatoさん
こんばんは。
カワセミを見たとき、すぐにlegatoさんのことを思い出しましたよ! ご一緒に野川にいたらどんなにいいかって。自宅からは1時間くらいかかるんですけど、自然はいっぱいですよ。
私、どこかのブログで舞鶴公園のカワセミを見ましたよ! 
中学、高校と南区の井尻だったので那珂川と聞いてとても懐かしくなりました! カワセミがいるんですね?! 逢えるといいですねー。
200ミリなのでこれが精一杯のトリミングです。彼は500ミリで撮ってました。メールで写真が送られてきたのですが、あまりの違いに唖然としましたね。

よく撮れていますね。
鳥たちのリラックスした雰囲気が伝わってきますよ。
200ミリでもこんなに近くに撮れるの?
500ミリは手持ちだとよっぽど腕力がないと手振れが大きそうですね。
最近鶴見川にはカモさえ姿がないです。どうしたんでしょう。

♪ryoiさん
こんにちは。よく撮れますか? ありがとうございます。前回の記事の川です。対岸にいたカワセミを撮りました。一応彼には200ミリを持っていくとメールしておいたのでカワセミが居た場合でも何とか200ミリで撮れると思っていたと思います。私はまったくカワセミのことは期待してませんでした。茂みの間からそっと狙いましたよ。
彼はオリンパスのカメラでしたが、オリンパスと私のαSDは規格がちがうんですよね。だからαSDに換算すると少し大きさが違うかも。

こんにちは。野川にはまだすばらしい自然が残っているのですね。カワセミがいるなんて驚きまし
た。望遠とはいえ、手に取れそうなくらい
大きくはっきり写っていて、感激しました。
私も野川を歩くときは、目を凝らして鳥を観察
してみようと思います♪
↓下の、蝶たちの一連の写真物語も引き込まれました。次回作楽しみにしています。

♪じょうろさん
じょうろさんのブログで野川公園や武蔵野公園を見て一度行って見たいと思ってましたが、意外と早く実現しました。いいところですね!
けっこう野草も咲いていました。
じょうろさん宅から近そうで、うらやましいです! 今はお花が少ないので蝶にのめりこんでいますが、動く被写体も楽しいですよ!

かわせみ・・・ですか・・・
本当に憑いているとしかいい様がありません。
何年掛かってもダメな人の多い中、素晴らしい収穫ですね。やはり、日頃の行い・・なんですかねー

♪イソップさん
今になって思えば、300ミリを……と残念ですが、最初からそんな贅沢はいけませんね。撮れただけでもラッキーでした。もっと小さいのかと思ってましたが、カワセミは想像してたより大きかったですね。もう一度撮りたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 盛夏の野川沿い散策 | トップページ | 迷い込んだナガサキアゲハ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa