« 段菊とアオスジアゲハ (1) 箱崎宮花庭園 | トップページ | 名島海岸の夕陽 »

2007.10.23

段菊とアオスジアゲハ (2) 箱崎宮花庭園

段菊というのでキク科の植物かと思ってましたがクマツヅラ科なのですね。葉っぱが菊に似ているのでこの名がついたのだそうです。九州の北西部には自生しているところがあるようです。お花の少ない時期に青紫の色の花が段になって咲くので目立ちますね。英語名は「bluebeard.」です。

Pict03601

Pict01471

Pict01441

Pict01452

Pict01932

« 段菊とアオスジアゲハ (1) 箱崎宮花庭園 | トップページ | 名島海岸の夕陽 »

写真」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

1,4枚目 羽の模様が仮面に見えた私は偏屈?


放置プレイに
コメントありがとうございました。
夕べはアルコールなしでした。
今夜は十三夜を言い訳に・・・。

♪Henkutu.さん
確かに仮面に見えますよね。

今宵は十三夜ですか?! きっとおいしく飲めますよ!!

あの忙しいアゲハ蝶を良くこれだけ撮れましたね。感心、感心しきりです。
さぞかし、時間をかけたことでしょう。撮影している姿が眼に浮かぶようです。

♪イソップさん
うふふ、忙しく動いてくれるのでこれだけ撮れたともいえます。私は蝶撮り病ですね。同じような画像ですみません。明日は違う画像で~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 段菊とアオスジアゲハ (1) 箱崎宮花庭園 | トップページ | 名島海岸の夕陽 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa