« 休日の銀座  | トップページ | 曼珠沙華(2) 500ミリ レフレックスの世界 »

2007.10.05

野川の曼珠沙華(1) 500ミリ レフレックスの世界

野川自然観察園の曼珠沙華を撮って来ました。500ミリのレフレックスで覗いた世界はまるでおとぎの国のよう! 大人の画家が子供の眼で眺めた世界をキャンバスに描くのはすごく大変なのだけど、レンズのマジックでこんな世界が広がりました。画家が肉眼で見たとおり描いた写実的な部分と、子供が描いたような絵がミックスした不思議なレフレックスの世界。野川自然観察園の曼珠沙華をしばしお楽しみください。

Pict033412_2 

Pict03222

Pict02152

Pict014612

Pict03112

« 休日の銀座  | トップページ | 曼珠沙華(2) 500ミリ レフレックスの世界 »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

一箇所に光が当たってて凄くいいですねぇ。

こういう写真撮りたかったです。
来年がんばろうっと!

表現が上手いですよ!
これからは紅葉の季節ですねぇ。

彼岸花って冷たい感触がするのに、ぬくもりが伝わってくる写真ですね。
レフレックス500mmってシグマのあの長いレンズばかり頭にあったので、ええ、三脚を持ち歩いて撮影しているのかなぁ、そんなはずは・・と思っていたら、ミノルタのものはコンパクトなんですね。うーむ、欲しくなって来たぞ!

♪たっくさん

気に入っていただけたようで嬉しいです。ありがとうございます。

>表現が上手いですよ!
いえいえ、私がうまいのではなくて、レンズがいいだけですよ! 誰でもこのレンズを使えば撮れる画像です。

♪ryoiさん
αレンズ、私よりryoiさんのほうが掘り出しがうまいみたい。昨日、ryoiさんのレンズを検索したらもう上の方にryoiさんのペ-ジが出てて驚きました!

シグマのはAFが効かないんじゃないのかしら? これはAFもOKだし、軽いのよ!! ボディに手振れ補正があるので手持ちでも大丈夫。

αレンズの真骨頂ってとこね。とっても楽しめるレンズですね。

おはようございます。
またまた、やりましたね。赤と言うか朱色が素敵です。
このタイプは色収差がもともと少ないんですが、固体によって差があります。このレンズは補正がさらに良いみたいです。像描写が柔らかく、質感が良く出ています。良いレンズに当りましたね。

♪イソップさん
そうですか、レンズによって個体差があるんですか?! いいレンズに当たって本当にラッキーでした。
この色にハマると500ミリレフレックスの虜になってしまいます。もう少し色々研究してみたいです。さらに写真撮影が楽しくなりましたねー。

「炎を操る、不死蝶」すごい。


♪Henkutu.さん
本当に炎を操っているみたいですね!
今思うとよく500ミリで蝶を撮ったなと思います。

500ミリ、換算750mmのレフレックスで飛んでいる蝶を狙うなんてチャレンジャーですね~、敬服致しました。
私は近頃、花に止まってる蝶すら撮れなくなってまいりました。とほほのほ

♪純さん
飛んでる蝶を見ると無意識に狙ってます。AFが合わないと、急いでMFでやってます。
梅干に唾液と同じで、条件反射でしょうかね。
いいような、困ったような、とほほです。

おそらく瑠璃さんもこの花は撮ってるだろうなぁと思ってました。
私が撮るとどうしても図鑑に載ってるような写真になってしまうので、こういう撮り方はすごく参考になります。
これは500ミリで撮影してるんですね。私も昔はタムロンの500ミリレフレックスでよく鳥を狙ってました。当時のレンズは四隅が暗く写るという欠点がありましたが、これは隅々まできれいですね。

♪ぬえさん
お久しぶりです。これは東京で撮りました。彼岸花も難しいですね。確かに撮り方が決まってきますよね。人まねは嫌なので、何とか工夫しました。レフレンズは楽しいですよね。鳥を撮られてたのですね?! また500ミリのレフレンズ撮影を復活なさいませんか? 本当に楽しいレンズです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 休日の銀座  | トップページ | 曼珠沙華(2) 500ミリ レフレックスの世界 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa