« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

海の中道海浜公園のアサギマダラ

今日はうす曇りだったので、海の中道海浜公園にバラを撮りに行ってきました。3割くらい咲いていましたが、見ごろは中旬頃でしょうね。で、バラ園に行く前にアサギマダラを発見! バラはそっちのけでまたアサギマダラを撮って来ました。本当は昨日でアサギマダラの記事を終わらせるつもりでしたが、今年の記録としてブログに載せることにしました。今日はフジバカマだけでなく千日紅にも留まっていました。今日は3頭いましたよ。どれもすごく大きな固体で南国の蝶っていう感じでした。

福岡市内3ヶ所で撮影したアサギマダラ(1)  福岡市内3ヵ所で撮影したアサギマダラ(2)もどうぞご覧ください。

(1)

Pict06621

(2)

Pict01511

(3)

Pict07971

(4)

Pict05921

(5)

Pict043311

2007.10.30

福岡市内3ヶ所で撮影したアサギマダラ(2)

今年私が最初にアサギマダラを見たのは10月22日でした。場所は「のこの島アイランドパーク」です。ここにアサギマダラが来るのは知っていましたが、今年来たという情報から10日以上も経っていたので、もう来ないだろうと思ってました。ところがまだアサギマダラが居たのです! 福岡はずっと晴天続きで9月末の陽気だったのでまだ居てくれたようです。

その2日後の24日に箱崎宮花庭園でアサギマダラを撮影し、25日には海の中道海浜公園でも撮影しました。

(1)10月22日、のこの島アイランドパークにて。500mmのレンズを付けていたのでそのまま撮影。3枚撮ったところで若いカップルがアサギマダラの傍を大声で話しながら通り過ぎたので蝶は飛んでいってしまいました。残念!

Pict019611

(2)10月24日箱崎宮花庭園にて。狭いところなので500mmで撮ってみましたがこれ以上下がれなかったので少しピントが甘いですね(ノートリミング)。

Pict05801_2 

(3)10月25日に海の中道海浜公園にて撮影。ここはフジバカマが一段高いところに咲いているので、撮影は難しかったですね。おまけにレンズが短か過ぎました。

Pict04991

※10月30日、またアサギマダラを発見! また撮影してきました。↑の固体と大きさが違うように思います。1頭は翅がいたんでいましたね。海の中道海浜公園のアサギマダラもどうぞご覧ください。

(4)箱崎宮花庭園にて飛翔写真。

Pict07051

(5)同じく花庭園にて。庭園の庭師の方がマーキングをしたいなっておっしゃってました。

Pict07041

2007.10.29

福岡市内3ヶ所で撮影したアサギマダラ(1)

長距離を移動する蝶として有名なアサギマダラですが、私が最初に出会ったのは箱崎宮花庭園で、2005年11月6日のブログにその時のアサギマダラがアップされています。このときはまだコンデジ撮影で写真を始めて半年経った頃のことでした。7月に父の具合が悪くなり福岡の実家で生活していたのです。そして2年後の今年の10月24日、同じ箱崎宮花庭園でアサギマダラを撮影するチャンスにめぐまれました。前回も今回も同じフジバカマに留まっていました。

①旅をしてきた蝶ではなさそうですね。マーキングは見当たりませんし、翅がぜんぜん痛んでいません。

Pict09271

②奥の方のフジバカマに留まると、前のお花や葉がじゃまになって撮影は難しいですね。

Pict05231

③もう少し下から狙いたかったのですが、フジバカマが密生してダメでした。

Pict00631

Pict08521

Pict032511

2007.10.28

花のあるプラットホーム 雁ノ巣駅

海の中道海浜公園へ行く時はJRを利用してますが、公園のある「海ノ中道」駅(駅名はカタカナのノ)は無人駅なんですよ。JR香椎駅から乗る香椎線は、ローカル線そのもので、駅に停まるごとに停車時間が長くてのんびりしています。昔の鈍行列車という感じで、私はのんびりとした列車の旅を楽しんでいます。特に途中の雁ノ巣(がんのす)駅のプラットホームには朝顔が咲いているので列車の窓を開けて朝顔を眺めるのも楽しみの一つです。

Pict002611

Pict010711

この写真を撮ったのは10月21日(日)で、知らずに行ったのですが無料開園日でした。広い公園ですから混雑しているという感じではありませんでしたが、人出はかなりありました。家族連れの大半は車で来てるのでしょうね。お父さんはお疲れのようでしたよ。

Pict01401 

それに引きかえ、お母さんというか女性はいつでも元気ですわ!

Pict01371

2007.10.27

今夜は最高!

獲物をゲットして、ほくほくのダイサギ君を撮って来ました! 今夜の獲物で、一杯やりながらの夕飯なら、なおさら美味だったでしょうが川の中じゃそうもいきませんね。

Pict00571_2 

因みにこちらは水の中でゲットした瞬間です。

Pict00561

2007.10.26

櫛田神社 灯明祭

櫛田神社は福岡の中心にあり小さな神社ですが、地元の人からは鎮守神として敬われています。博多祇園山笠でも有名な神社ですが、山笠はこの神社の右殿の素盞嗚大神へ奉納するお祭でもあるのです。今月の23日には櫛田神社の境内で灯明祭が行われたので行ってきました。

①境内には常時「山笠」が展示されています。

Pict04721_4   

②若い人が多かったのは意外でした!

Pict05711

③灯明に照らされると余計に神々しいです。

Pict05011

④下ばかりではなく上にも目が行きました。

Pict05131

④赤い鳥居も今夜は脇役ですね。

Pict04931

Pict05331

ブレブレ画像を量産しましたぁ。

2007.10.25

紫色の蘭 福岡市植物園 

ryoiさんからlこの蘭は「バンダ セルレア」だと教えていただきました。ありがとうございます。

福岡市植物園の温室は広くて充実しています。蘭やサボテンがたくさんあってしばし熱帯の雰囲気に浸ることができるので、お花の少ない時期にはありがたいですね。紫色の蘭があちこちにぶら下がっていたので撮って来ました。ここの温室は日差しが差し込んで時間帯によっては白トビなど難しい撮影条件になることもあるのですが、ずっと温室に居てまったりとした時間を過ごしてきました。

①このお花が日光が当たって撮影は一番難しかったですね。

Pict05481

Pict01311

③紫色の蘭に間には白いさがり花が咲いていましたが、お花の手前に札がぶら下がっているので望遠レンズが必要でした。下はカメさんがいる池なので近づけません。

Pict056611

④後ろに見えるのは鳥かごで、手を叩くと鳥がさえずるようです。

Pict023511_2

Pict002711

2007.10.24

名島海岸の夕陽

福岡はずっと快晴で青空が広がっています。でも晴れた日に必ず夕陽が拝めるかといえばそうでもないんですね。午後からだんだん曇ってくることも多いし、空が赤く染まり初めても太陽が厚い雲の中から出てこないこともしばしばです。

近所の海岸で鳥撮影のあとに撮った夕陽の写真です。毎日綺麗な夕陽が拝めたらいいですね!

Pict09321

本当は引いて撮りたかったのですが、手前に高架の高速道路が走っているので、それを避けようとすると、どうしてもこういう画像しか撮れませんでした。

Pict09121_2

2007.10.23

段菊とアオスジアゲハ (2) 箱崎宮花庭園

段菊というのでキク科の植物かと思ってましたがクマツヅラ科なのですね。葉っぱが菊に似ているのでこの名がついたのだそうです。九州の北西部には自生しているところがあるようです。お花の少ない時期に青紫の色の花が段になって咲くので目立ちますね。英語名は「bluebeard.」です。

Pict03601

Pict01471

Pict01441

Pict01452

Pict01932

2007.10.22

段菊とアオスジアゲハ (1) 箱崎宮花庭園

秋の箱崎宮花庭園を訪ねてみましたが、リコリスの後、咲いているお花はシュウメイギクとセンニチコウと段菊くらいでした。庭師が午後の水撒きを終えると段菊に蝶がやってきました! アオスジアゲハとツマグロヒョウモンです。アオスジアゲハは落ち着きがなく、あっちのお花、こっちのお花と移り気に飛び回っていましたが、モデルになってもらいました。

Pict00641

Pict035511

Pict03201

2007.10.21

シラサギの飛翔 (2)

昨日に続いてシラサギの画像をアップしています。近所の川でシラサギの飛翔が撮れるので本当にラッキーです。蝶の飛んでる写真を撮るのも楽しいですが、シラサギは姿が綺麗なので無心に追ってしまいます。この歳になってこんなに写真撮影にのめり込むなんて思いもしませんでした。

Pict04071

Pict07341

Pict05481

Pict07971

シラサギとは関係ないのですが、実家の近所は高齢者がたくさん住んでます。散歩すると必ず誰かにお会いするのですが、髪の毛の話になり、ふと私が金髪に染めようかなともらしたら、すぐそのことが近所中に知れ渡り、母が会う人ごとに「瑠璃ちゃん、金髪にするんだってね、楽しみ~」って言われたとか。母は「薄い栗色にしてね!」って言ってますけど。

今日、ウイッグ店で金髪のかつらを被ってみました。鏡で見たとたん思わず吹き出してしまいました。似合いませんね~。金髪のメッシュにしますかね~。

あ~あ、近所を歩くのが嫌だな~。

2007.10.20

シラサギの飛翔 (1)

近所の川にいるシラサギの飛翔を狙ってみました。私が撮影する川岸には小さなボートが列をなして停泊しているので、シラサギはいつも対岸にいます。なかなか近くに来てはくれませんが、飛ぶのを撮るのはわくわくしますね!

ご存知のようにシラサギは白いサギのことですが、チュウサギ、コサギ、ダイサギを指しています。この川にいるのはチュウサギではないかと思います。 (紅とんぼさんから指摘していただきました。チュウサギは今の時期、日本にいないそうです)

Pict04011_2 

②鳥の逆光撮影は難しいですね。

Pict07351

Pict04081_2 

Pict07311_2 

Pict043211

同じような画像ばかりですみません。飛翔撮影の練習なのでお許しください。

2007.10.19

猛々しいウミネコの写真の後は綺麗な秋のお花をアップしようと、花庭園を訪れてみましたが、写欲をそそるお花は咲いていませんでした。福岡はここ数日秋らしいお天気ですが、日差しはかなり強烈です。今日の画像は秋らしく、しかも光とは切っても切れない影を意識したものを載せました。

Pict035011

Pict034811

2007.10.18

ちょっと荒々しいウミネコの写真

Pict01761  鳥の事は何も知らずに写真を撮ってるのですが、ウミネコは留鳥なんですね。カモメ族で、カモメによく似てるのですが、カモメとは区別してるようです。最近私が大濠公園で見たのはほとんどウミネでしょうね。「カモメの水兵さん」の歌のイメージがあるので、のほほんとしてるのかと思いきや、意外と荒々しい場面も目撃しました。左の写真のように大濠公園の池でのんびりと整列して留まっていますが、時おり強いウミネコが飛んできて前からいるウミネコを追い出すんですよ。追い出された鳥は水の中に逃げて平気な顔をしているので闘いにはなりません。大人なのか、弱肉強食なのか、鳥の世界ものんびりっていう訳ではなさそうです。

Pict02601_2 

Pict02951 

Pict02881

Pict02921

2007.10.17

お堀端の蝶 舞鶴公園

舞鶴公園のお堀端では秋の日差しを受けながら昆虫たちがいつものように営みをしていました。トンボも見かけましたが、留まってくれなかったので撮りませんでした。シジミ蝶やセセリ蝶がよく目に付きましたが、ナガサキアゲハも飛んでいました! 今日の蝶は二日に渡って撮影した舞鶴公園の御堀端からです。

①上の三枚は200ミリの望遠レンズで撮影。

Pict00651

Pict008911

Pict010911

④上とは違う日に撮影しました。ナガサキアゲハが飛んでいたので500ミリで狙ってみました。お堀の一歩手前、これ以上下がれないところまで引いて撮りました。レタッチで蝶の後ろの雑草を切り取ればいいのですけど。リングボケが出てますね。

Pict00351

⑤動く蝶に合わせてレンズを振ったので、流し撮りのようになりました。

Pict0074121

Pict00831

2007.10.16

シラサギのハント

シラサギが獲物を狙う場面によく出くわしますが、13日に大濠公園で見たシラサギのハントにはちょっと驚きました。いつもはクチバシで挟んで魚を捕獲しているとばかり思ってましたが、こういうこともするのですね。

①こんな感じでシラサギが歩いていました。

Pict045512jpg1

②獲物をハントする場面はモニターをチェックしていたので見てないのですが、陸地に向きを変えたところから撮影を開始しました。魚を突き刺しているのですね!

Pict041511_2 

③それをうまく下にもって行くことができるのには驚きました!

Pict04191

③落とさないところがすごいですね! でも落としてもいいように陸地に向きを変えたところは流石です。

Pict04211

④器用にクチバシで挟みました。

Pict042311

⑤けっこう大きな魚ですが、丸呑みですね。

Pict04241_2 

⑥こんな食べ方じゃおいしくないような気がしますけど……。

Pict04251

⑦無言……。

Pict04261

いや~、生きるって壮絶ですね。見てる方の胸がつかえました。

2007.10.15

カモメの飛翔

うっかりかさごさんから「ウミネコ」だと教えていただきました。ありがとうございます。

大濠公園で撮影したカモメ(ウミネコ)の飛翔写真をアップしようと思います。カモメにもいろいろ種類があって素人にはなかなか同定が難しいですね。飛翔する姿もそれほど美しいものではありませんが、今の時期一番撮影しやすかったように思います。

Pict02371

Pict02481_5 

Pict02462 

Pict023911

どれも同じような画像ばかりでお申し訳ありません。レンズは500ミリ、レフレンズで、ほとんどノートリミングです。

2007.10.14

釣り人

博多湾に流れる近所の川で、若い男性が釣りをしていました。初秋の川面は夕陽を浴びて刻々と表情を変えていきます。夕陽と釣り人のお蔭で見慣れた川も、今日は一味も二味も違った風景になりました。獲物は何の魚だったのでしょうか?

Pict07301

②クリックすると拡大します。

Pict10161

③クリックすると拡大します。

Pict09941

2007.10.13

おめでたい慶びの日

いつもの舞鶴公園へ行ってみると、何と花嫁さんがやってきました! なにやらベトナム風のブライダル写真が撮れそう! お堀の蓮をバックに記念撮影でしょうか? ご両親に撮影の許可をいただき撮らせてもらいました。ただブログ掲載の許可をいただくのを忘れたので、ツーショットも撮りましたが今日は顔が特定できないカットだけをアップします。お二方、どうぞお幸せに!

Pict015611

Pict01632 

Pict022611

Pict02311

2007.10.12

近所の野鳥(2) 500ミリ レフレックス初撮り

昨日に続いて近所で撮った野鳥の写真をアップしてます。もう少し鳥が大きく撮れるといいですね。川の向こう岸から狙ったほうが大きく写せたかもしれません。

名前はうっかりかさごさんに教えていただきました。ありがとうございます。

Pict04281

②アオサギ

Pict024011

③セグロカモメ

Pict04631

④セグロカモメ

Pict04771

⑤セグロカモメ

Pict050911

⑥ これはカラスかも? トビでした!!

Pict018711

⑦アオサギ

Pict077911

もう少し大きく写したいですね。

2007.10.11

近所の野鳥(1) 500ミリ レフレックスで初撮り

Pict08341   夕飯のお買い物のついでに近所の川に野鳥が来てないか見に行って来ました。やはり来てましたよ!サギやウミネコがいるようです。500ミリ レフレックスの試し撮りでもあり、画像も不鮮明なので名前は調べませんでしたがアップします。お昼はいい天気だったので綺麗な夕焼けを期待したのですが、夕暮れのころにはかなり雲ってしまいいい夕陽は拝めませんでした。

でも野鳥がいたので暗いにもかかわらず撮って来ました。

Pict02902

Pict02881

Pict04701

Pict05131

2007.10.09

中州で見つけた白い鳥

今日、福岡の天神から中州までぶらぶら歩いてみました。繁華街の天神から夜の街で有名な中州までは徒歩10分位です。天神方面から那珂川を渡ると、そこはもう歓楽街で有名な中州なのです。

Pict010011

↑の右手が天神、左が中州です。博多湾から眺めた光景で、ずっと先の左奥が博多駅。

この橋を渡っていると、白い鳥が飛んでいくではありませんか! ユリカモメ です!(本当はウミネコです)。200ミリの望遠なのでちょっと小さくてすみません。

Pict001411

で、中州&川端をぶらぶらして、またこの橋を渡って天神に戻る時、再び白い鳥が飛んでました。てっきり先ほどのユリカモメ ウミネコだと思ってカメラを向けたのですが、家のPCで見て???でした。何だかユリカメモ ウミネコと違うみたい。

Pict00541

ね、違いますよね! おそらくシラサギの幼鳥ではないでしょうか? コサギだそうです。今日は期せずして2種類の白い鳥にお目にかかれました! でもα700のイベントのことをすっかり忘れてました! 今日だったのですねぇ。行きたかったのに残念。

※紅とんぼさん、うっかりかさごさんから二枚目の鳥はウミネコ、三枚目の鳥はコサギだと教えていただきました。ありがとうございます。

お昼の中州はひっそりとしてちょっと不気味なくらいでした。この辺りは風俗営業のお店が多いのですが、夜になっても、かつての賑わいはないんじゃないでしょうかね。私の少女時代、玉屋デパートと川端の商店街以外に、中州に近づけませんでしたけどね。今はあの頃の華やかさは失せて寂しいものです。

Pict008411

いつか天神or中州の屋台を撮影したくて、F1..4のレンズは福岡にずっとおいてあるのですけどね~。いつ実現するのでしょうかね?

2007.10.08

ちょっと遅かったコスモス畑 昆虫編

東区にある海の中道海浜公園のコスモスは見ごろを過ぎてましたが、小さな昆虫は花から花へと自由に飛び回っていました。こういう広いコスモス園では昆虫を追いかけるのは大変でした。

①今日の最初は、昨日アップするのを忘れたコスモスから。何だか子供が描いた絵のように素朴でのびやかな画像になりました。

Pict050321

②目立つ蝶はほとんどヒメアカタテハで、次に多いのは黄色い蝶でした。暑かったし、いつもの蝶なのであまりあまり食指を動かされませんでしたね。

Pict020011

③撮影しやすい場所では吸蜜してくれないんですよね。

Pict023011

④恥ずかしいのか、顔を見せてはくれません。

Pict08101

⑤最後は段菊に止まったセセリチョウ。これもこっちを向いてくれませんでした。

Pict044311

福岡の昆虫は愛想がなかバイ。

2007.10.07

ちょっと遅かったコスモス畑

Pict01561  昨日、海の中道海浜公園へコスモスを撮りに行ってきました。この海の中道海浜公園は東京の昭和記念公園と同じように、米軍基地の跡地を利用して作られた国営公園です。ですから広い、広い! 松林や雑木林が続いていてとても緑豊かな公園です。

Pict02621  肝心のコスモスですが、う~ん、見ごろを過ぎていましたね。これから見ごろを迎える畑もありましたが、どちらも写真撮影にはイマイチでした。ここは西日を受けるように斜面にコスモスが植えられています。暑かったので斜面の下まで降りませんでしたが、下から見上げればもう少しいい画像が撮れたかもしれませんね。とにかく暑くて参りました。

香椎花園とは比べ物にならないような大きな観覧車があるので、まずはコスモスと観覧車のコラボを撮りました。

Pict003811

斜面の下に見えるのはコヒーショップの屋根。これが公園ではなくて個人家だったらすごいですよね!

Pict02421

見ごろを過ぎていたので、枯れたコスモスの残骸があちこちにあり接写は苦労しました。おまけに海風が強くコスモスさんが踊ること、踊ること! 初心者なかせの撮影でした。

Pict04941

Pict05191

最後はレフレックスで撮ったコスモスです。斜面ですので500ミリでいい写真を撮るのは大変。上り下りが大変なのでこの日、レフレンズの出番は少なかったです。

Pict01241

2007.10.06

曼珠沙華(2) 500ミリ レフレックスの世界

昨日の続き、野川自然観察園の曼珠沙華です。この日は人出も多く、500ミリの望遠で焦点を合わせようとすると、向こうの端にいるカメラマンの姿が入って困りました。 広い植物園は別として、500ミリでお花を狙うのもけっこう大変です。それでもぶっつけ本番で彼岸花が撮れたので大満足です。そうそう、実家のすぐそばに公園があるのですが、な、な、なんと~、彼岸花が咲いていました! 終わり頃で撮影は無理でしたけど。

Pict020012jpg2

Pict011821

Pict017312jpg2

Pict01633_2 

Pict00532

 

2007.10.05

野川の曼珠沙華(1) 500ミリ レフレックスの世界

野川自然観察園の曼珠沙華を撮って来ました。500ミリのレフレックスで覗いた世界はまるでおとぎの国のよう! 大人の画家が子供の眼で眺めた世界をキャンバスに描くのはすごく大変なのだけど、レンズのマジックでこんな世界が広がりました。画家が肉眼で見たとおり描いた写実的な部分と、子供が描いたような絵がミックスした不思議なレフレックスの世界。野川自然観察園の曼珠沙華をしばしお楽しみください。

Pict033412_2 

Pict03222

Pict02152

Pict014612

Pict03112

2007.10.04

休日の銀座 

銀座の街撮りをしたいと思いつつ、あまりの暑さに息切れして街撮りを休んでいました。数枚だけ撮っていたので、続きをと思い出かけてみると街はもうすっかり秋の装い。未完の想い出として盛夏の銀ブラをアップします。今回はソニービル前から日比谷公園へ時間限定で廻りました。はじめて銀座から日比谷公園までブラついたのですが、和光の辺りとちょっと様子が違いますね。休日だったこともあり、車も少なくてこれが銀座?って感じでした。こういうのも銀座の一面だとちょっと驚きました。カメラはGR-Digitalです。

①銀座の街をトビ職のおにいさんが彼女と歩いていました。このいでたち、れっきとした日本の伝統衣装ですよね。もう少し引いてお兄さんの全身を撮りたかったのですが、ご存知のようにGR-Dは単焦点。後ろはショーウィンドーでだめした。

_10629091

②ソニービル前のカメラ屋さん。銀座にはカメラ屋さんが多くて驚きました。カメラが舶来品で貴重だった頃の名残りなんですね。

_1062805121

③最近、こういう光景をよく目にしますが銀座も同じなんですね。

_10628771

④不二家の騒動も落ち着きましたが、ぺこちゃんも心配だったことでしょう。

_10628031

⑤昔は銀座というとおしゃれをしていく所だったんじゃないでしょうかね? 休日だからでしょうか、最近はチャリンコに乗って半パン姿も見かけます。いかにも休日って感じがします。

_10629311

2007.10.03

雨上がりの彼岸花 野草園

昨日は太陽や木漏れ日によって出来た玉ボケを飾りに彼岸花を撮ってみましたが、今日は雫が奏でる彼岸花の画像です。雨の雫も上手に撮るのは大変難しいですね。太陽が強すぎても、彼岸花の赤を再現するのは難しいのですが、雨の雫も時間との闘いで、すぐに乾いてしまうのでもどかしかったです。「彼岸花の海の中で」は曇りの日の撮影、昨日は晴天、今日の画像は雨の日と、今年の秋もよくこの野草園に通いました。

Pict0635121

Pict065111

Pict03181

2007.10.02

野草園の彼岸花 

いつも散歩に立ち寄る近所の野草園ですが、お彼岸近くになると楽しみはもちろんそこに咲き誇る彼岸花! 真赤なお花が陽の光を受けて咲く姿は本当に綺麗です。でもその美しさを写真に収めるのは至難の業。生い茂る雑草の中で咲いているので遠景撮影は難しいし、接写もなかなかどうして一筋縄ではいきません。撮っているときは夢中になってますが、撮影が終わるとどっと疲れが出てしまいます。

Pict00491

Pict03901

Pict02051

Pict03991

Pict00941

2007.10.01

野川自然観察園で見かけた蝶たち

自然観察園の野草を見ているとつい時間を忘れてしまいます。手入れが行き届いているせいか、自然を崩さず生き生きと咲いているお花に心が和みます。野生の雰囲気がそのまま残されてる自然観察園は本当に貴重ですね。同じような蝶ばかりで申し訳ないのですが、また撮って来ました。

Pict00281

Pict00191

Pict05001

Pict06071

Pict00231

Pict011311

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa