« カモメの飛翔 | トップページ | お堀端の蝶 舞鶴公園 »

2007.10.16

シラサギのハント

シラサギが獲物を狙う場面によく出くわしますが、13日に大濠公園で見たシラサギのハントにはちょっと驚きました。いつもはクチバシで挟んで魚を捕獲しているとばかり思ってましたが、こういうこともするのですね。

①こんな感じでシラサギが歩いていました。

Pict045512jpg1

②獲物をハントする場面はモニターをチェックしていたので見てないのですが、陸地に向きを変えたところから撮影を開始しました。魚を突き刺しているのですね!

Pict041511_2 

③それをうまく下にもって行くことができるのには驚きました!

Pict04191

③落とさないところがすごいですね! でも落としてもいいように陸地に向きを変えたところは流石です。

Pict04211

④器用にクチバシで挟みました。

Pict042311

⑤けっこう大きな魚ですが、丸呑みですね。

Pict04241_2 

⑥こんな食べ方じゃおいしくないような気がしますけど……。

Pict04251

⑦無言……。

Pict04261

いや~、生きるって壮絶ですね。見てる方の胸がつかえました。

« カモメの飛翔 | トップページ | お堀端の蝶 舞鶴公園 »

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

すごいすごい!しっかり頭から飲み込むでいるのですね。

最後の写真が迫力を増してますね。

♪Henkutu.さん
ちょっとグロテスクですが、公園とはいえこれが自然界での生活ですよね。ちょうど頭が撮影できる距離にいたのでラッキーでした。
ちょっとブレましたがまた頑張ります!

瑠璃さん こんにちは~

最近、野鳥に嵌ってますね!?
そのうち、単焦点600mm F4
120万円也 を買われるのでは?

こんにちは。
凄い記録写真ですねー。
シラサギの捕食生態が手に取るように分かり、驚きました。自然の摂理がその厳しさを現している傑作ですね。

♪紅とんぼさん
500ミリのレフレンズ、私の分身のような感じで大のお気に入りです。徒歩で行ける川にシラサギとカモメがいるので気軽に撮影しています。いつでも撮影できるという気軽な気持ちがいいのかもしれませんね。
これは大濠公園ですが、ここも近くて野鳥がいるのでちょくちょく遊びに行ってます。
またいろいろ教えてくださいませ。

♪イソップさん
芸術写真とは違う鳥の生態写真ですが、知らないことが判って面白いですね。
憩いの場の公園で動物は生きるために必死なのですね。
レフレンズ、本当に楽しいです! 近々街撮りによさそうないいレンズが出そうなので、そちらも嬉しいです♪ 

面白い場面が撮れましたね~♪
人間だと口だけではとても出来ない芸当ですよね。
それにしても魚を丸呑みなんて鰓がのどに引っかかったりしないのかしら?と心配になりますよね。
もうしばらくすると大濠公園も冬鳥達で賑わってきますね、楽しみです。

♪legatoさん
本当に器用にクチバシを使うんですね。驚きました! 私も鱗のことが心配になりましたが、ちゃんと頭から食べてますよね。大濠公園は広くて便利でいいですね! 撮影しなくてもじっと池をながめてるだけでも大らかな気分になれますものね。

瑠璃さんこんばんは。偶然私も今朝出勤途中の
近所の香椎川で同じような光景を見かけ、
へー、こんな風にして魚食べてるんだなーと
感心していましたが、それをこんな形で写されて
いるとは驚きました!
なかなかすごい写真ですね。

♪kassyさん
香椎川って香椎宮の前を流れている川ですか? まさかね~。そんな川があるのですね。調べてみます。

多々良川の上流もけっこう渡り鳥がいるみたいですよ。

生き物の営みは厳しいですよね。サギってけっこうずる賢い感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カモメの飛翔 | トップページ | お堀端の蝶 舞鶴公園 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa