« お堀端の蝶 舞鶴公園 | トップページ | 影 »

2007.10.18

ちょっと荒々しいウミネコの写真

Pict01761  鳥の事は何も知らずに写真を撮ってるのですが、ウミネコは留鳥なんですね。カモメ族で、カモメによく似てるのですが、カモメとは区別してるようです。最近私が大濠公園で見たのはほとんどウミネでしょうね。「カモメの水兵さん」の歌のイメージがあるので、のほほんとしてるのかと思いきや、意外と荒々しい場面も目撃しました。左の写真のように大濠公園の池でのんびりと整列して留まっていますが、時おり強いウミネコが飛んできて前からいるウミネコを追い出すんですよ。追い出された鳥は水の中に逃げて平気な顔をしているので闘いにはなりません。大人なのか、弱肉強食なのか、鳥の世界ものんびりっていう訳ではなさそうです。

Pict02601_2 

Pict02951 

Pict02881

Pict02921

« お堀端の蝶 舞鶴公園 | トップページ | 影 »

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

カメラで覗いてると、色々発見しますよね。

着地の状況や威嚇している状況が手に取るように分かりますね。
こういう生態写真はなかなかありませんし、待ちのタイミングも難しいでしょうね。
一枚目、もう少し右下の鳥が画面に入っていると面白かったです。

瑠璃さん こんにちは~

威嚇しているウミネコ・・・いいのを撮られましたね!
3年間 野鳥を撮ってきましたが、こんなシーンは 撮ったことがありません(-_-;)

♪Henkutu.さん
これも500mmレフレンズのおかげですね。世界が広がりました。鳥を入れた美しい写真ももちろん撮りたいですが、こういうのもまた自然界の一面なので見つめて行きたいです。
いつもコメントありがとうございます。

♪イソップさん
威嚇する場面、左側にも鳥がいたんですよ。威嚇している鳥が真ん中に来てたのでトリミングしてこんな構図になりましたが、次回はもっと上手くできるようになりたいですね! 待ってればいいのですね! 鳥が飛んできてあわてて構えるのでちょっとタイミングをはずしてます。

慣れたら流し撮りにもチャレンジしてみたいのですが、その場合は本体の手振れ補正をOFFにしたほうがいいようですね。鳥が増えたらいろいろ試してみます。

いつもアドバイスありがとうございます。

♪紅とんぼさん
威嚇している場面、これも自然界の一面ですよね。芸術作品ももちろん撮りたいですが、たまにはこういうのもいいかもしれません(本音は芸術作品は難しいってことですけど)。
紅とんぼさんだったらお上手に撮られること間違いなしです。ただこういう場面に出合わないと撮れませんから、チャンスの問題が大きいですよね。
毎回、腕の未熟さを痛感してます。でも撮らないことには上手になりませんものね、頑張ります!

m(__)mおばんです!?そうそうウミネコって意外に獰猛ですよね!?特に目が陰険そうです(^^ゞそんな特徴がどの写真にも出ていますね!?前回のレフレクタでの蝶、背景の処理の事を考えても他のレンズでは出せない好い結果でていますね!?虫撮りは、マクロとれふれくた併用ですね!?熱帯の原色の虫撮り楽しく成りそうですね(^^)ではでは

♪拓隊長さん
レフレンズで撮った蝶の写真もいいですか? イマイチ、ピントが目にドンピシャと来ないのが苦しいところです。被写体を見失うと追跡するのが大変ですが、確かに背景は面白いですね!

500mmで蝶を追いかけようとは夢にも思いませんでしたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お堀端の蝶 舞鶴公園 | トップページ | 影 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa