« 竃門神社(かまどじんじゃ) 紅葉(1) | トップページ | 九州大学 歴史遺産と秋のキャンパス(2) »

2007.11.30

竃門神社(かまどじんじゃ) 紅葉(2)

Pict02621_3 京都などに比べれば人出は少ないのでしょうが、平日にもかかわらずけっこう人出がありました。太宰府天満宮や光明禅寺が近くにあるので竃門神社は人気のスポットのようです!(クリックすると大きくなります)

 

Pict02711 ↑の鳥居から本殿へと階段が続いていますが、その両脇の紅葉がみごとでした。ゆっくりと紅葉を愛でたり、カメラを向けたり、観光客はそれぞれに紅葉狩りを楽しみながら階段を登っていました。

自然美は本当に神々しいですね!

Pict048212jpg1 Pict053711

上から眺める紅葉もまたいいですね!

Pict02861

竃門神社のもう一つの楽しみは銀杏です。何とここではモミジの紅葉と金色に輝く銀杏を同時に楽しむことができるのです! 幸せが二倍になったような、ちょっと得したしような気分になって、本殿へお参りしました。

Pict04171 Pict043311

↓本殿横の紅葉。

Pict03771

本殿のそばにある控え室?

Pict03651_2 

↓神様に手を合わせ、幸せな気分になって竃門神社を後にしました。

Pict014211_2

« 竃門神社(かまどじんじゃ) 紅葉(1) | トップページ | 九州大学 歴史遺産と秋のキャンパス(2) »

写真 風景」カテゴリの記事

四季折々」カテゴリの記事

コメント

竃門神社、良いところですね~。
私は灯台下暗しで、まだ行った事がありません。
来年は朝のうちに、先にこちらに行ってから光明禅寺に行くことにしま~す。(笑)

♪純さん
おお、純さん未踏の地でしたか!
光明禅寺は何度も行ってるのに、私も今年、初めてここを訪れました。大宰府駅から車ですぐですよ。来年の画像を楽しみにしています! 朝の光だとバッチリですね!

瑠璃さん おはようございます!

竈門神社ですか?!
すぐに、ベトナムの話になり 恐縮ですが・・・(^O^)
ベトナムにも 各家庭に竈の神が居まして、毎年 旧暦の12月23日に、天に昇って 天帝に家庭内のことを全て報告するので、(悪いことを告げ口されると大変)とばかり、各家庭ではお供え物をして、竈の神を丁重に送り出します。
中国も同様の風習があるので、竈門神社は、何か両国の“竈の神”に関係が
あるのかな?・・・と思いまして、『竈門神社』を検索しましたが・・・何ら関係ないですね。(^-^)

♪紅とんぼさん
ベトナムにも竈の神様がいるのですね! 日本にも竈の神様がいるので、そこまでは同じですね。それにしても中国とベトナムは関わりが深いですね。
福岡の竈門神社とは関係がありませんでしたか。名前だけが同じなんですね。ちょっとわくわくさせられましたね。

近所の川(海)にはシラサギが居なくなってカモがうじゃうじゃいますよ。ただ波が荒くて、カモがぷわぷわ浮いてます。被写体ブレを起こしそうです。紅葉や歴史遺産の撮影が一段落したら、干潟に行くつもりです。またよろしくお願いします。

紅葉が綺麗ですねぇ

イチョウの葉が凄い落ちていて雰囲気あります。

♪たっくさん
銀杏の葉、これくらい敷き詰められると豪華ですよね。でも、街中じゃ風に飛ばされたり、掃除されたりでこんなになりませんね。

銀杏も紅葉ももう終わりですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 竃門神社(かまどじんじゃ) 紅葉(1) | トップページ | 九州大学 歴史遺産と秋のキャンパス(2) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa