« お散歩  | トップページ | クリスマスイルミネーション »

2007.11.20

ポートレート撮影

ポートレート撮影というタイトルをつけたのにネコの写真で申し訳ありません。実は舞鶴公園で緑の木々を被写体に写真を撮ろうと出かけたのですが、途中でネコをモデルに写真を撮りました。もう少し絞ったほうがよかったですね。ネコを撮っているとき疑問がわいてきました。

Pict04451

あまりネコは好きじゃないので恐る恐る近づきました。画像はもちろんトリミングしてますが、ネコの左目、つまり向かって右の目にピントを合わせてます。でも何だかその目の方が鋭い感じがします。ピントのせいかしら? 両目の中間に当てた方がよかったのかな? 35mm換算ではポートレート撮影に最適だと言われるレンズですが、いったいどちらの目にピントを当てたらいいのでしょう? ポートレート撮影には今のところ興味はないのですけど、お隣さんからワンちゃんの写真撮影を頼まれてますので……。

Pict04341

↑最初は恐ろしかったのでこんなに遠くから撮影しました。銀杏の落ち葉がもっとたくさんあったらよかったのに。これじゃ遠すぎますね。光の具合も悪いし。

↓は今年の3月に大濠公園で撮影したネコです。このときはどちらの目にピントを当てるかなんて考えもしなかったので、ちょっとは成長したのかも。

Pict05091

ネコもおすまししてるところじゃなくて、目を細めたりいろんな仕草をしたところを撮りたいです! 動物を撮るときは単焦点ではなくてズームがいいみたいですね!

« お散歩  | トップページ | クリスマスイルミネーション »

写真」カテゴリの記事

犬・猫・動物」カテゴリの記事

コメント

なかなか難しいポートですね。こちらの様子を伺いながら、近づけば逃げる、そしてまた様子を伺う。猫の習性みたいなものとの付き合いには忍耐がいりますよね。
その昔流行った♪黒猫のタンゴ♯を思い出しました・・・古いかー!?

♪イソップさん
うふふ、モデルが気難しかったですね。意思の疎通が図れなくて笑顔を作ってもらえませんでした。黒猫のタンゴ、懐かしいですね!

m(__)mおばんです!?野良を撮るならやっぱりズームで明るいレンズが好いのかも知れませんね!?でも馴れた猫も寄ると妙にレンズに近付いて来るのである程度の距離は必要かも犬と違い?かなりレンズを意識?するので自然な感じを出すには離れた方が好いですね!?90m/mマクロなんかでも近過ぎるとピントが難しいですが距離がおければ面白いですよ(^^)ではでは

猫は猫嫌いが分かるのかな?
声をかけなくてはダメですよ。
ほら、写真撮るよ、とか。
珍しい瑠璃さんの猫の写真でしたね。

♪拓隊長さん
慣れた野良猫は近づいてくるんですね。エサをもらえると思ってるようです。昨日は鳥撮りに行ったので500mmをつけてたのですが、離れようとするとどんどん近づいてくるしネコも生きるために媚を売る術を心得てますね。飼い猫じゃないと自然な仕草を撮るのは難しいですね。

♪ryoiさん
やはりネコにも話しかけないとダメですか?! ネコはネコ嫌いはわかるのかもしれませんね。ryoiさんのように可愛がっていると自然な仕草をキャッチできるし、撮れた写真も違いますね。
子供が親にとびっきりの笑顔をみせるのと同じですね!

私は、犬猫は少し話かけながら
相手に十分認識させてから、レンズを向ける事が多いです。
でも、逃げられますがね・・・。

♪Henkutu.さん
やはり皆さんちゃんと話しかけていらっしゃるのですね! 福岡のネコは野良でもあまり逃げませんねぇ。向こう様は反対に人間を観察しているような感じですよ。初心者って見透かされているみたいです。

瑠璃さんは猫が苦手でした?
私は以前は犬大好きだったんですが、今は猫大好きに変身してます(^^♪
というか、動物が大好きなんですよね。
この子によく似た野良ちゃんが庭に住み着いて義母からごはんをもらってますよ。
でもなかなかモデルにはなってもらえません。

♪legatoさん
子供の頃、ネコを飼っていたのにいつの間にかネコ嫌いになりました。嫌いと言うほどでもないのですが……。
legatoさんは時々ネコちゃんを撮られていますよね! やはりお好きな方はネコの写真もお上手ですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩  | トップページ | クリスマスイルミネーション »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa