« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

切り紙細工 

 2007年もとうとう大晦日を迎えることになりました。今年は東京、福岡、ホーチミン市を往復し両親の介護に明け暮れる忙しい年でしたが、皆様のお蔭で、稔りの多い1年でもありました。メインのお花の撮影だけでなく、野鳥や街撮りにもチャンレジし、楽しい写真ライフを送ることができました。これからも楽しみながら少しずつ歩んで行きたいと思っています。来年も引き続きどうぞ宜しくお願いします。

↓ミサゴ同様、私も大収穫の年でした! (500ミリのレフレンズにて撮影)

Pict03651

2007.12.30

多々良川のクロツラヘラサギ 2007

近所の多々良川で初めてクロツラヘラサギを撮影したのは、2007年12月25日のクリスマスの日でした。ネットで調べて判ったのですが、絶滅危惧種なんですね。この鳥はサギという名前がついてますが、コウノトリ目トキ科です。因みにアオサギやチュウサギなどはコウノトリ目のサギ科です。クロツラヘラサギは東アジアだけに生息し、韓国、日本、中国東南部、台湾、香港、マカオ、ベトナム、タイで越冬するそうです。ベトナムにも生息していると知って、ちょっと嬉しくなりました。ベトナムのどこに飛来してくるのでしょうね!

日本の命名も顔が黒いところから名づけられていますが、英語名も「Black-faced Spoonbill」です。(画像はクリックすると拡大します)

(1) これは2度目に撮影した26日の画像です。多々良川の貝塚側にいました。25日に撮影した画像はこちらです。

Pict016411

(2)二羽が少し離れたところにいましたが、やがてそれぞれの距離が開いて一羽ずつに。

Pict044511 Pict03921234jpg1

(4) 顔が黒いし飛んでる姿でクロツラヘラサギって判りますね! Pict08091

(5) これは25日に撮影したもの。この時はまだクロツラヘラサギだとは知りませんでした。

Pict021611

(6) 500ミリのレフレックスで撮ったのでゴーストのリングボケが出ています。

Pict02051231

(7)

Pict07031

25日に撮影したロマンチックな雰囲気のクロツラヘラサギ、愛の告白?(1) (2)もどうぞ。

2007.12.29

もう、いくつ寝ると……

2007年もいよいよ終わりを迎えようとしています。年の瀬で賑わう買い物風景を撮影したくて、とある市場にやってきました。東京のアメ横のイメージがあったので朝と夕方の込み合う時間を避け、午後二時ごろ訪ねてみました。う~ん、でも人出はぽつりぽつりとまばらです。ちょっと拍子抜けしてしまいました。撮影は27日だったので、年末のお買い物には少し早かったのかもしれません。一眼レフは邪魔になるだろうとコンデジ Caplio R6 を持参したのですが……。でもお店の人の許可をいただいて、何とか年の瀬にふさわしいような写真を撮って来ました! ふぅ~、もう少し賑やかでもよかったかな、年の瀬だもの……。

Rimg01941_2

Rimg02271_2

Rimg02011_3

2007.12.28

たわわに実ったビラカンサの実 万行寺

Pict056611 博多祇園山笠で有名な櫛田神社のすぐそばに万行寺というお寺があります。浄土真宗のお寺で鐘楼も鬼瓦もそれはそれは立派なのですが、それに劣らず見事なのは真赤に実ったビラカンサの実。たわわに実った実には終日鳥たちがやって来て賑やかなさえずりを披露してくれます。でも残念なことに私が訪れた25日は本堂の改装工事のため、境内には車や建設機材が置かれ苦労しました。

Pict0579121  今回初めて圧倒されるほどのビラカンサの実を撮ったのですが、こんなに大量に実っていると撮り辛いですね。もっと引いて撮りたかったのですが、車があったり、ビニールシートが写ったりと苦労の連続でした。午前も午後もトライしたのですが、逆光に泣かされました。

(3) 1枚目右の建物に隣接した建物(白トビには目をつぶりました)。

Pict05771

(4)

Pict0084121

(5)

Pict0322121

(6) この石碑には車が映ていて、これ以上引けませんでした。

Pict013411

2007.12.27

愛の告白?(2) クロツラヘラサギ

ロマンチックに川岸を散歩していたお二人さん。人目もはばからずに愛の告白を! どの世界でも仲良きことは美しきかな、ですね。

(1) 周りのクロツラヘラサギさんたちも見てられない!って感じですね。

Pict076651

(2) 

Pict07881_3

(3) 二人っきりの世界。

Pict077651

(4) お疲れ様でした。

Pict079151

(5) 最後はご挨拶も忘れずに。

Pict080251

2007.12.26

愛の告白?(1) クロツラヘラサギ

昨日、多々良川(福岡市東区)で初めてクロツラヘラサギを見たのですが、面白いシーンを目撃しました! 鳥に関しては詳しくないのですが、勝手に愛の告白?かもしれないなんて思ってしまいました。というのもクロツラヘラサギは絶滅危惧種に指定されているのです。愛の告白は私の妄想ですが、何とか保護して繁殖して欲しいものです。今日はロマンチックなカップルからご紹介します。(クリックすると画像が拡大します)

(1)本当にロマンチック!

Pict038911

(2)他の鳥に見られても、二人だけの世界って感じです。

Pict04121

(3)まるで内緒話をしてるみたい!

Pict041311

(4)正面の鳥も目に入らない様子。深刻なお話かしら?

Pict04281

(5)将来に想いを馳せて……。

Pict044611

明日はもう少しラブラブなシーンをお届けします。

2007.12.25

多々良川のクロツラヘラサギ?

Pict08061 今日の福岡は気温も高く快晴でした。用事が早く終わったので多々良川へ直行。いつもよりカモは多かったもののユリカモメの数は減っていました。でも今日初めて見るサギが居ました! 近くにいた人が「クロツラヘラサギ」だと教えてくれました。家に帰って調べてみると、嘴の色がネットの画像ほど黒くなかったような気がします。クロツラヘラサギではない可能性もあります。お天気がよかったので白トビだらけでしたが、証拠写真としてアップします。

うっかりかさごさんからクロツラヘラサギだと同定していただきました! ありがとうございます。

(2)手前の8羽がクロツラヘラサギ。

Pict0786231

(3)

Pict02561

(4)

Pict00601

(5)

Pict002911

午後は逆光になるので午前中がいいですね。でも父が9時40分頃家を出るので10時頃しか行けません。

2007.12.24

小さな街のささやかなクリスマス

年寄りと一緒に暮らしていると、四季折々の行事に深い想いが込められることを実感しています。両親とクリスマスを祝えるささやかな喜び。いつまで続けられるのでしょうか。月日が経てば今日の想い出はさらに貴重なものとなることでしょう。今年は近くにおいしいケーキ屋さんを見つけたので、そこまでクリスマスケーキを買いに行ってきました。昨年は天神までケーキを買いいったな~と思って、はたと気がつきました。大丸でクリスマスケーキを買ったのは昨年ではなく、一昨年でした! 父が退院した年だったので、クリスマスケーキも大奮発したのでした。昨年は夫と一緒にサイゴンでクリスマスを過ごしたのです。で、昨年私は何かクリスマスプレゼントを買ってもらったっけ?(私も少々アルツの症状が出始めたかも……)

(1)今年のクリスマスケーキを買ったお店。

Pict053711 

(2) 上のお店に行く途中で見つけたクリスマスの飾りつけ。

Pict05172

(3) 写真館にもこんなすてきな飾が!

Pict05591

(4) レストランは何か特別なお料理があるのかしら?

Pict05871

さ~て、来年はどこでクリスマスをお祝いするのでしょうかね?

2007.12.23

多々良川の野鳥 まずはウォーミングアップ

午後、夕飯のお買い物ついでに近所の多々良川に行ってみました。お天気が悪かたので期待はせず、今日は野鳥撮影のウォーミングアップにしました。前回ユリカモメの団体飛翔を目撃したので気になっていましたが、曇天にもかかわらずユリカモメがいました、いました! かなりの数です。(クリックすると拡大します)

(1)下のユリカモメはほんの一例。私が歩いている遊歩道にいたユリカモメです。

Pict00021

(2)で、前回のようなすごい団体飛翔を期待したのですが、今日は少し統制が乱れておりました。それにルートもあちこち変わります。まず、一羽、二羽が飛び立ちます。

Pict07421_2

(3)ユリカモメの下の黒い鳥は多分カラスでしょう。ユリカモメの団体の中に一羽カラスが紛れ込んでいましたから。

Pict074111

(4)、(5)少しずつマネしてユリカモメが飛び立ちます。

Pict08101 Pict07911_2 

Pict07681_2 もちろん川の中にもユリカモメはいるのですが、こんな感じでひしめき合っているんです。だから誰かのマネをして一斉に飛び立とうとすると、すごいこと、すごいこと! どのカモメにピントを当てたらいいのか、こちらも行き当たりばったりです。

(7)揃ってくれると絵になるのですけどね……。

Pict07791

(8)何だかジャズダンスみたい! ちょうど旋回するところです。

Pict08041

(9)前回私が見た団体飛翔は、みんな同じような行動を取っていたので撮りやすかったのですが、今日の団体飛翔はみんなバラバラに飛んでいました。でもカメラに収めるとかなり揃っている感じですね。次回の撮影はお天気の日にトライしてみましょう。

Pict086511

2007.12.22

博多 夕暮れのクリスマス

今日はまとまった雨の予報でしたが、小雨程度で気温も下がらずちょっとほっとしました。天神に用事があったので、少しだけ夕暮れの街を撮って来ました。もう少し暗くなると、天神の街のイルミネーションも地味なりに情緒があるのですが……。でも暮れゆく街も趣があって好きですね。

(1)博多の街も年々変わっていきます。今日の新聞に旧岩田屋デパート、天神ビル、福ビル辺りが新開発されると出てましたね。ミーナ天神(旧松屋レディース)は外資系に買収されました。さ~てどんな街になるのでしょうね。↓岩田屋新館横。

Pict0366211

(2)地味な飾り付けですが、窓際の植物のシルエットとマッチしてますね。

Pict05741

(3)プレゼントの中身は? 彼女は嬉しいのかな~?

Pict04161

(4)一番撮りたいのは屋台とイルミネーションのコラボ。でも交通量が多いので難しそうです。今日は雨なので屋台はお休みでしょうか? 左の青いビニールシートを被ったのが屋台です。

Pict05321

(5)デパートのまん前に屋台がでるのですね! 知りませんでした。本当はもっと引いて屋台を全部入れて撮りたかったのですが、屋台の手前が横断歩道。信号が青の時は人通りが多くてカメラを構えられません。これがせいいっぱいでした。屋台の屋根だけとイルミネーションのコラボです。

Pict049521

2007.12.20

2007年 お歳暮

拙ブログへおこしの皆様へ

お忙しい中、いつも拙い画像を観てくださり誠にありがとうございます。東京、福岡、ベトナムとあわただしく飛び回る1年でしたが、皆様の温かいコメントや励ましのお言葉で何とかこのブログを続けることができました。

つきましては、感謝の気持ちをお届けしようと、本日天然空のクール宅配便にて、福岡の海の幸をお届けしたく手配いたしました。この宅配便は、上空の冷気を利用し、ガソリンも使わず天然動力を利用したエコ宅配便です。

まもなく皆様のお宅へ届くと存じますので、どうぞご賞味くださいませ。

Pict0356121

※クリックすると拡大します。

2007.12.19

しめしめ やったぜ!

シラサギさんが、晩のおかずをゲットした瞬間です。シラサギさんも生きるために必死ですが、運悪く餌食になったお魚さんもあらん限りの力を振り絞って格闘していました。近所の川でも生き物の壮絶な戦いが繰り広げられています。人間もそうですが、生きるって大変な営みなのですね。

Pict0164121

嘴の中のお魚さんが必死であがくので、シラサギさんはあっちを向いたり、こっちをむいたりして格闘していました。

Pict016813

でもとうとう、お魚さんはシラサギさんの胃袋へ。弱肉強食の世界ですから仕方ありませんね。

2007.12.18

警固公園のクリスマスイルミネーション 2007

ブログ仲間と警固公園のクリスマスイルミネーションを撮ってきました。ここ数年、福岡のイルミネーションを撮っているので、この公園はお馴染みの場所。でも今年は新しい技に挑戦!! ブログ仲間の純さんに教えていただいて、光源ボケで警固公園のファンシーなクリスマスイルミネーションをハデハデに飾ろうとやってみました。

Pict057211

Pict00491

↓オフ会のあった日は強風で、両目にゴミが入った私はコンタクトレンズに苦しみながら涙を流して撮影しました。

Pict0567112

上の2枚は17日、中州に所用で出かけたので天神まで足を伸ばし急いで撮ってきました。

2007.12.17

天神地下街 クリスマスイルミネーション

福岡の中心街、天神のクリスマスイルミネーションを撮って来ました。クリスマスイルミネーションと言えば通常は戸外ですが、ここは地下街。人通りが多くて思うように撮影できないもどかしさはありますが、最大のメリットは雨天の昼間でも撮影できること。夜の外出がままならない主婦にはもってこいの撮影スポットです。

(1)クリックすると大きくなります。

Pict0179112jpg

(2)

Pict00831

(3)

Rimg00111

(4)

Rimg01271

人の動きを見てシャッターを押すのですが、コンデジのタイムラグでなかなかうまく人物が配置できません。おまけに飾りがどんどん変化するので、それと人物をマッチさせようとすると余計に大変でした。もっと上手く撮りたかったですね~。週末は特に人出が多くて難しかったです。

2007.12.16

福岡写真ブログ 忘年オフ会

福岡が故郷とはいえ、お嫁に行って数十年。仲良しの友人はすべて東京と大阪に在住し、福岡に帰郷しても両親の介護の合間に一人で写真を撮る生活をしていましたが、ブログのお蔭で世界が広がりました! 今日はブログで知り合った福岡の方々のオフ会に参加させていただきました。中年の紳士淑女が天神の夜景を撮影し、その後場所を移動して楽しい写真談義に花を咲かせました!

みなさん写真の大ベテラン! 技術はもちろんカメラやレンズに関してもすごい知識をお持ちでした。面白かったのは、みなさんカメラの機種が違うこと。色んなお話が聞けて最高でした!

夜景撮影でお腹がすいたのか、料理を撮影しようとカメラを出したときにはもうお皿の上が乱れておりました~。

Dさんが光を拡散させて綺麗にお料理が撮れる手作りのディフューザーを持ってきてデモをしてくださいました。さすが男性ですね! すごい。私の分までありがとうございました。因みにこのときのDさんのカメラはGX100。このカメラも、欲し~~い!

Rimg01521_2 

で、オフ会の様子を写真に撮りたかったのですが、おしゃべりと食べるのに忙しくて写真はそっちのけ。撮れた写真は↓のみでした。

Rimg01541

参加された皆さん、デジ一歴2年未満の私のことを温かく受け入れてくださってありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

2007.12.15

ご近所ウォッチ 野鳥

今日は実家の近所で見かけた野鳥をアップします。すずめ以外の鳴き声がするので気をつけて見てみると結構いましたね~! 写真の趣味がなければ気にもとめない存在ですが、お花以外の写真も上手に撮れるようになりたいですね。メジャーな鳥なのに名前を見つけるのが一苦労。撮るのは最高に楽しいのですけどね。すべて実家から徒歩2分圏内で見つけた野鳥です。

(1)ヒヨドリ。これはすぐ近くに巣があるので朝から煩いこと、煩いこと。

Pict06711

(2)メジロ。梅や桜の季節にはおなじみですが、ヒヨドリの次によく見かけます。

Pict05671

(3)シジュウガラ  シジュウカラ

Pict013711

(4)ジョウビタキ お天気が悪かったので画像がイマイチですね。

Pict01941

2007.12.13

友泉亭の紅葉

福岡の友泉亭公園に紅葉を観に行ってきました。見ごろは過ぎつつありましたが、お庭がきれいでしたね。ここは公園といっても純日本式の庭園で、筑前藩主、黒田継高が別荘として建てた邸宅を福岡市が歴史公園として有料で開放しているものです。時間がなくてゆっくり撮れませんでした。それに超広角のレンズしか持参しなかったので撮りにくかったです。標準or広角の方がよかったですね~。今日の画像は気に入ってないので公開するつもりはなかったのですが、福岡はここ数日お天気が悪くて撮影ができないので仕方ありません。(撮影は11月29日)

(1)

Pict00271

(2)

Pict0272123jpg2   

(3)お庭の奥には白くて高いマンションが建っていて、超広角だとどうしても写真に入ってしまいます。トリミングしてマンションを除いたのですが、池に映った白いマンションまではトリミングできませんでした~。

Pict02301

(4)

Pict03881

(5)

Pict0482131

2007.12.12

名残の薔薇(2)

2007年、晩秋の香椎花園で撮った「名残の薔薇」第二弾です。昨日と同じ色のお花ばかりですが、残り少ない灯を燃やしながら美しく咲いていました。

(1)

Pict069111

(2)

Pict05891

(3)

Pict07301

(4)

Pict06401

(5)

Pict066711

2007.12.11

名残の薔薇(1)

バラはもう終わりなのですが、まだ咲いていたのでモデルさんをお願いしました。最盛期ですら傷みのないお花を探すのは大変なのに、この時期ですからなおさらです。お花の色が同じ物ばかりになってしまいましたが、練習と割り切って撮ってきました。

Pict078911

Pict0611121

Pict05171

Pict05231

2007.12.10

冬の風物詩 ノウサバ 鐘崎漁港(2)

Pict01171 ネットで調べるまで、鐘埼港が九州でも屈指の水揚げ量を誇る港だとは知りませんでした。ここへ来るまではひなびた片田舎の魚港を想像していたのですが、とんでもない! きれいな漁船がずらっと並んでいて驚きました。

ここは天然トラフグの漁獲高もかなりあるそうです。サメの他にはアワビ、サザエなども獲れるようです。

Pict01881

漁船には電燈がたくさんぶら下がっていました。夜の漁が多いのでしょうね。

Pict051411  この日は日曜日だったので漁はお休み。一艘だけ漁師さんがいらっしゃいましたが、船に乗るのにこんな細い板の上を渡って行くんですね!

Pict01671_2  

Pict01701  一番驚いたのは、この鐘埼は西日本の海女発祥の地だったことです。アワビやサザエの漁獲量が多いことでも頷けますが、もともと鐘埼人は航海術に秀でていたのだそうです。

Pict02181 本当は鐘埼港に沈む夕陽を撮影したかったのですが、鐘埼港から最寄のJRの駅までのバスの便が心配で、夕日撮影は断念しました。

2007.12.09

冬の風物詩 ノウサバ 鐘崎漁港(1)

Pict014011  鐘崎漁港の冬の風物詩、ノウサバを見て来ました。福岡と北九州の中間に位置する鐘崎漁港は、万葉集の中で「金の御崎」と詠まれたところです。その鐘埼漁港のノウサバとは?

Pict0054111  名前はノウサバですが、鯖ではありません。サメを背開きにして寒風にさらしたものです。

鐘崎近辺ではサメをサバと呼ぶ風習があり、延縄にかかったサバが縮まったのが名前の由来だそうです。

Pict04231 年々、寒風にさらしたノウサバを作るお宅もすくなくなってきたそうです。多い時はこのノウサバが数十にも並んでいたとか。

(4)

Pict032211_2

(5)ハエがたからないようにネットを被せて干すお宅もありました。

Pict03701

(6)

Pict0310121

Pict00751 一週間ほど天日に干して作るのだそうです。写真はくるくる廻る器械にサメの開いたのを載せて乾かしていました。その後上のように吊るすのでしょうね。

Pict035511  この辺りではノウサバはお正月料理に欠かせないとか。短冊に切ってタレに漬けて食べます。味が数の子ににていることから「鐘崎かずのこ」とも呼ばれているそうです。 

※12月17日(月)、NHKの「生中継、ふるさと一番!」(12:20)で上の海生丸水産さんのノウサバが取り上げられるそうです。

お店でいただいたレシピには「ノーサバ」となっていたのでそのとおりに書きましたが、TVでは「ノウサバ」と表記されていました。「ノウサバ」に訂正します。

2007.12.08

晩秋の大濠公園

Pict022011 時間が取れたので晩秋の大濠公園へ行ってみました。この日は冬型のお天気で肌寒く福岡では初氷が観測されました。公園の野鳥はいつもより少ないように思いました。

Pict07051 大濠公園といえばユリカモメ。こうやって見ると、ユリカモメの特徴である足と嘴の赤い色がよく判ります。

(3)かわり映えしないユリカモメの飛翔。

Pict05751

(4)

Pict083111

(5)トビかな? カワウだそうです。

Pict043311

(6)ペアで撮るとちょっとドラマになりますね。

Pict001011

(6)ネットの仲間に教えていただきました。オオバンです。

Pict0122111

(7)舞鶴公園でハクセキレイの飛翔を撮りましたが、夕方なので色が冴えません。モノクロになってしまいしました。

Pict0272123jpg

2007.12.06

名残の紅葉 

今年の紅葉は色づきも悪く、葉っぱが傷んでいるものが多かったので接写はむずかしかったですね。それでも何とか撮ってみました。2007年の冴えない紅葉の想い出としてアップします。

Pict05251

Pict01771

Pict04531

Pict04721_2 

2007.12.05

晩秋の光明禅寺 2007 (3)

晩秋の光明禅寺の最終回です。今年はお庭を撮っている時は、陽が射してくれませんでした。グループで撮影に来られた方たちは陽が当たるまでじっと待っていらっしゃいましたね。私は光量不足のまま撮影してしまいした。せっかくの紅葉なのにもったいなかったですね。

(1)お寺を出ると太陽が照っていい感じでした。

Pict028311

(2)

Pict02711

(3)

Pict037811

(4)

Pict03161

(5)

Pict00941_2

お庭に居た撮影グループの方は年配のご婦人と男性の先生でした。太陽を待ちながらのおしゃべりが耳に入ってきました。先生も含めてグループの方はすべてC社のカメラのようでしたが、歳をとると軽いカメラがいいという話をされていました。たまたまその日不参加のお二人はO社とS社をお持ちのようで、これからはO社とS社の軽い一眼レフにしようと皆さんが話していらっしゃいましたよ。グループの中には73歳になってデジ一を始めたというご婦人もいらっしゃいました。すごいですね! 私も鳥や蝶の撮影には軽いカメラとレンズがいいな~と思ってます。AFが速ければ5コマの連写で充分ですけどね。

 

2007.12.04

晩秋の光明禅寺 2007 (2)

私が訪れた29日は、お庭の紅葉は見ごろを過ぎていましたが、前庭のモミジは紅葉真っ盛りでした。いつもは観光客が大勢いるのでなかなかこういう光景は撮れないのですがラッキーでした。

(1)

Pict01301_2

(2)↑の奥のモミジを角度を変えて少しアップで撮ってみました。

Pict0061121

(3)

Pict011211

(4)

Pict01601_2

(5)

Pict02081

 

2007.12.03

晩秋の光明禅寺 2007 (1)

Pict011911  紅葉の季節には毎年訪れる光明禅寺。今年は母の入院などもあって見送るつもりでしたが、晩秋の光明禅寺を訪れてみました。どこのモミジも例年よりは色づきが悪いように思いますが、ここも例外ではありませんでした。それでもさすがに光明禅寺です。やはり落ち着いていて暮れ行く秋に時を忘れて見とれていました。観光客が少なかったので、いつもは撮影できないショットも撮れました。(撮影は11月29日)

(2)

Pict009111

(3)

Pict021911_2

(4)

Pict02561_2

(5)

Pict024711_2 

2007.12.02

九州大学 歴史遺産と秋のキャンパス(2)

Pict00911 九大の箱崎キャンパスは 海に近いせいか校内にはたくさんの松の木があります。九大の学章にもそれが反映されていて、放射状に松葉が配置されています。この学章は昭和25年から使用されているようです。旧帝国大学時代にはなかったのですね。

Pict03571 九大の歴史的な建物といえば、すぐに思い浮かべるのがこの赤レンガの建物です。正門も赤レンガでしたが、それとマッチした建物で、1925年(大正14年)に建てられました。窓枠も特徴がありますね。

大学本部事務局の第一庁舎です。

Pict03021_2 こちらはお隣に建っている第三庁舎。

やはりレンガ造りの建物はは風格があって落ち着いていますね。

Pict01361_2 レンガ造りと並んで目を引くのは大学保存図書館。コンクリート造りですが、昔の学舎は何かしら余裕みたいなものを感じさせてくれますね。同じく1925年(大正14年)に建てられました。

Pict01931_3 上の大学保存図書館の傍には樹木が並んでいます。

この季節はそれが色づいてとても綺麗でした。落ち葉の絨毯も夕陽を浴びて輝いています。

Pict00361_2 大学にはなぜか銀杏がよく似合います。何気ない風景ですが、美しい紅葉に思わずカメラを向けてしまいました。

工学部が移転してるので、こういう淋しい姿も見られました。落ち葉と相まってやはり切なさを感じます。

Pict03591 Pict05531

Pict00651 

こちらは1927年(昭和2年)に建てられた工学部応用化学教室。通りの前の紅葉が綺麗でした!

Pict02741 最後の建物は旧守衛所です。赤レンガの正門を入るとすぐ右手にあります。文字どおり九大を見つめ続けてきたのでしょうね。

九大の歴史的な建物に興味のある方はこちらをご覧ください。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa