« 友泉亭の紅葉 | トップページ | 福岡写真ブログ 忘年オフ会 »

2007.12.15

ご近所ウォッチ 野鳥

今日は実家の近所で見かけた野鳥をアップします。すずめ以外の鳴き声がするので気をつけて見てみると結構いましたね~! 写真の趣味がなければ気にもとめない存在ですが、お花以外の写真も上手に撮れるようになりたいですね。メジャーな鳥なのに名前を見つけるのが一苦労。撮るのは最高に楽しいのですけどね。すべて実家から徒歩2分圏内で見つけた野鳥です。

(1)ヒヨドリ。これはすぐ近くに巣があるので朝から煩いこと、煩いこと。

Pict06711

(2)メジロ。梅や桜の季節にはおなじみですが、ヒヨドリの次によく見かけます。

Pict05671

(3)シジュウガラ  シジュウカラ

Pict013711

(4)ジョウビタキ お天気が悪かったので画像がイマイチですね。

Pict01941

« 友泉亭の紅葉 | トップページ | 福岡写真ブログ 忘年オフ会 »

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

瑠璃さん こんばんは~(^^)/

えっ! 御自宅から2分以内で これだけの野鳥が見られるなんて、いいですね!

冬は餌が少ないので、庭の木の枝に 半分に切ったミカンなどを突き刺して置くと、メジロなどが喜んで来るでしょうね。そうなれば、被写体に不自由しませんね!(^_^)v

(なお、シジュウガラは シジュウ「カラ」が正しいです)

♪紅とんぼさん
そうなんですよ。実家の窓から鳥の鳴き声が聞こえてきてあわてて出ます。実家の庭の木にも時々来ていますが、まだ撮影に成功してませんね。
今日、野鳥に詳しい方にうかがったら、背景は緑など葉っぱがあったほうがいいみたいですね。
電線に留まったのは空が白トビするし味気ないですものね。
シジュ「カラ」が正しいのですね。ありがとうございます。

あれあれ! 最近 瑠璃さんの二重投稿が見られるように なってきましたね(^^;)
管理者は 削除できるんでしょう?

そりゃー小鳥の周りは緑の方が良いですよ。自然な感じの鳥を撮るなら 
ミカンも画面に入らない方が良いですね!
でも、野鳥は 芸術写真には なりにくいです^^;

昨日sweetに170-500のレンズを着けて撮ったらやっぱり遅いのでアルファ7に望遠を、sweetにはマクロを着けることにしました。 それでやっぱり鳥を撮ったのですが、ジョウビタキがみつからないです。この鳥前から見るとすごいきれいですね。
福岡は暖かいですか?
こちらは昼間はセーター1枚で大丈夫ですよ。

♪紅とんぼさん
二重投稿、管理画面で削除できるのにさぼってました~。ちゃんと指摘してくださる方がいて私は幸せです。また何か気がついたらおっしゃってくださいね。

野鳥より水鳥の方が芸術作品にはなりやすいかもですね。でも楽しんで撮影するのが一番ですよね。特に私は野鳥の撮影を始めたばかりなので、撮れただけで楽しいです!!

みかん、やってみますね。でも、晩秋は落ち葉の掃除が大変で歳をとるとお庭は要りませんね~。母は石庭に改造してしまったので、ほとんど木も切り取ってしまいました。自分の世話だけで精一杯のようです。マンションに住んで緑のお庭を管理費で管理してもらう方が楽ですね。

体力も、視力も。気力もこれから衰える一方なので今を精一杯楽しみたいです!

♪ryoiさん
やはりαSDのAFは遅いですか?! α100の方が速いならSonyも進化してるってことですので、後継機に期待がもてます。私は最悪の機材で撮っているってことなので、これより悪くはならないし、将来が楽しみです。

福岡は暖かくなかよ。寒か~。海の近くで、日本海気候と同じやけん、冬の福岡はすかん! 便利な東京がよか!

わおぉぉぉー!ついに出ましたね~ 瑠璃さんの 正調博多弁!(^_^)v

♪紅とんぼさん

うふふ、博多弁も鉄矢やタモリのお蔭で全国的になったのでしょうか? 私の博多弁、理解できました?

幼少の頃は北九州の小倉、その後熊本や長崎にも住んでいたので、博多弁といってもあちこちの方言が混ざってるんですよ。

転向した中学の英語の授業で「How old are you?」を「あーたが年はどがしこね?」って先生が訳したときは日本語の方がわからず腰を抜かしました。理科の時間に「穴ば、きゃー掘って」と言われて、きゃー掘る??ってどんな状態に掘るのかと思ったら、きゃーは接頭語で「掘る」を強めているのだと教えてくれました。、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 友泉亭の紅葉 | トップページ | 福岡写真ブログ 忘年オフ会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa