« 冬の風物詩 ノウサバ 鐘崎漁港(2) | トップページ | 名残の薔薇(2) »

2007.12.11

名残の薔薇(1)

バラはもう終わりなのですが、まだ咲いていたのでモデルさんをお願いしました。最盛期ですら傷みのないお花を探すのは大変なのに、この時期ですからなおさらです。お花の色が同じ物ばかりになってしまいましたが、練習と割り切って撮ってきました。

Pict078911

Pict0611121

Pict05171

Pict05231

« 冬の風物詩 ノウサバ 鐘崎漁港(2) | トップページ | 名残の薔薇(2) »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

どのお写真も花の特徴が出て綺麗に表現されていると思います。
今度は、
特徴のひとつ「刺」をモデルにどうですか?

今の時期は花芯に潜り込む虫達も少なく、綺麗な個体が多いのでは?

♪偏屈さん
ありがとうございます。トゲですか?!気がつきませんでした。今度トライしてみます!

瑠璃さん おはようございます!

旬が過ぎたバラ・・・なんだか
”滅び行く美”を感じますね!

鐘崎港・・・地元 再発見ですね!
出歩いて、自然に接すると ストレス解消になるし、健康に良いし、見聞が広がって・・・一石三鳥ですね!

♪紅とんぼさん
「滅び行く美」を感じていただけましたか?! 嬉しいです!ありがとうございます。
MF専用のレンズなので色々なところにピントを当ててみて画像を選べばよかったと反省しています。
近場にこんな漁港があるなんて知りませんでした。地元再発見ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の風物詩 ノウサバ 鐘崎漁港(2) | トップページ | 名残の薔薇(2) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa