« おもしろい物発見! のこの島アイランドパーク | トップページ | レフレンズで楽しむ水仙 のこの島アイランドパーク »

2008.01.21

500mm レフレンズで遊ぶ ストック

のこの島アイランドパークでは斜面一面に水仙が咲くのですが、残念ながらまだ全部は咲いていませんでした。その斜面に行く途中でカラフルなストックが咲いていました! 500ミリのレフレンズで撮ったストックですが、ちょっとおもしろい画(え)になりました!(クリックすると拡大します)

(1)

Pict02161

(2)

Pict02241

(3)

Pict02281

(4)

Pict023411

(5) またまたハクセキレイに出合いましたので撮って来ました。

Pict02441

(6)このメジロは能古島に着いてすぐ、バス停のところで撮りました。レンズは標準レンズ。能古島のあちこちで山茶花が咲き誇っていてメジロがたくさん来てました。レフレンズで狙ったのですが全部ブレブレでした~。

Pict005413

« おもしろい物発見! のこの島アイランドパーク | トップページ | レフレンズで楽しむ水仙 のこの島アイランドパーク »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

ストックがストイックな感じに撮れてますね。(笑)
500mmレフレックスは、換算750mmですし、
絞りもF8固定ですよね~、手ブレも被写体ブレも
起きやすいですから、ベルボン辺りの一脚とコンビ
で使うと良いかもですね~。
ベルボンUltra Stick 43とか。(笑)

♪純さん
やはり手持ちは厳しいですね。中央固定のピントなので日の丸構図になるのでトリミングして中央をはずしてるのもあるのですが……。ストックとストイックとスティック、おもしろ~~い!一脚は東京にあるのですけどね~。

センターで、狙う被写体にシャッター半押しでピントを合わせてから、
半押しのままカメラを上下左右に微調整して、フレーミングされたら
良いように思いますが・・・・。
AFのモード選択がコンティニュアスとかにされてるのでしょうか。

♪純さん
フォーカスロックはいつも上手く行かないのでやってないんです。センターをはずしたい時は大抵MFです。レフレンズはセンターをはずせないのでフォーカスロックしかないかもですね。モードはDMFでした。
やはりブレてますよね。特にこれは低い大勢で撮ったので余計です。

ストック、綺麗ですね。(2)か(4)?(5)?がいいです。どちらかといえば(2)かなー。
それぞれレフレンズの特徴が出ていますが、レフミラーボケの好ましくない特徴も出ています。
色は充分にグラデーションも再現されていますし、にごりもなくいいんじゃないですか!!
>中央固定のピント・・・シャープネス・フォーカスについてはカメラの構造機能が分かりませんが、カメラ本体でフォーカス・ロックあるいはAFエリアの選択等が出来るのではありませんか?

こんばんわ。
ストイックという花ですか、初めて聞く花の
名前です、レフレンズというのも使ったことが
ありませんので良く分かりませんが、3枚目が
とても雰囲気があって好きですね。(^^)

↓の画像Noは2枚目ではなく3枚目でしたー。(笑)

♪イソップさん
4の番号が間違って5になってたので訂正しました。判りずらくてすみません。
1枚目のリングボケがちょっと煩いですかね。私はけっこう好きですけどね。
フォーカスエリアの選択を試してみたのですが、夜の室内だと暗くて作動しませんね。明日エリアが選択できるかどうか試してみますが、彼岸花のときはダメだったような記憶があります。
カメラ本体でのフォーカスロックですか? 2月には東京に戻るのでマニュアルを読んでみますね。

♪tusima-kajiさん
3枚目、いいですか?! ありがとうございます。レフレンズはくせがありますが、おもしろいですよ! 500ミリにしては軽いし女性でも大丈夫。鳥はほとんどこれで撮ってます。

1枚目の雰囲気がすきです。
メジロ残念!

♪偏屈.さん
一枚目、ちょっと変わった画像になりました。不思議な感じでおもしろいですね~。メジロはたくさんいたのですが一旦レンズから目を離してメジロを探してレフレンズを当てて撮るとどうしても遅くなりますね~。300ミリくらいならもっと速く対処できるかもです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おもしろい物発見! のこの島アイランドパーク | トップページ | レフレンズで楽しむ水仙 のこの島アイランドパーク »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa