« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

植物園にて

温室の時計草を撮った日は雨上がりでどんより曇っていましたが、今日は時々お日様が顔を出してくれたのでまた行ってきました。お天気の悪い日は温室で撮影すればいいと軽く考えていた私は太陽の光がどれほど大事かということを思い知らされました。やはりピントも合わせにくいし手ぶれするし温室を軽くあなどってはいけません。

(1) 29日撮影した蘭。

Pict019911

(2) 温室の蘭。本日の撮影ですが用事があったので数輪撮っただけでした。

Pict030521

(3) 温室の前庭にぽつんぽつんとポピーが咲いていました。29日は雨上がりだったのでまだ雫がついてます。

Pict03161

(4) 梅もずいぶんほころんできました。

Pict06371

(5) 色が違うような気がしますがキセキレイかな? legatoさんよりこの鳥はアトリだと教えていただきました。ありがとうございます。どんより曇った日の夕方に撮ったので今日は期待して同じ場所に行ったのですが、どじょうは二匹いませんでした。

Pict06321

2008.01.30

カモさんが飛ぶ

Pict06791_2   多々良川にはたくさんのカモさんがいるのに、クロツラヘラサギやユリカモメばかり脚光を浴びてモデルさんとしてはあまり出番がありません。それでも時々カモさんの飛翔を撮ったりしていますが多々良川は撮影にはちょっと遠い感じです。舞鶴公園や大濠公園の方がいいカモしれません。今日は多々良川で気分転換に撮ったカモさんの飛翔を集めてみました。

(2)

Pict026211

(3)

Pict03302

(4)

Pict05171

(5)

Pict068111

(6)

Pict06821

(7)

Pict06831

(8) ↓は飛翔ではありませんがオ・マ・ケ。

Pict03751

こうやって見るとカモさんって可愛いですね! でも種類が多くて色も色々です。鳥好きは分類も詳しいのですが、私はどうも図鑑的なことに興味が沸かないので楽しいシーンが撮れたら調べることにしましょう。で、↑はヒドリガモかも。

2008.01.29

温室の時計草

Pict08501_2  今日の福岡はどんよりと曇り、戸外での撮影は難しいので植物園の温室へ行ってきました。お花を見れば時間を忘れて写真を撮ってしまうのですが、今日の画像はどれもピントが甘く、手ぶれもしていてちょっとガッカリな結果になりました。アメジスト時計草は大好きなお花ですが、今日は温室でこんな時計草を見つけました。

(2)

Pict07841

(3)

Pict08301

(4) 昨年の夏に撮ったアメジスト時計草。

Pict041021_2

2008.01.28

鳥がねぐらへ帰る頃

夕焼けに染まる多々良川で見る鳥は一段とロマンチックです。太古の人々は夕陽を浴びながらねぐらに帰っていく鳥を見て何を感じたのでしょうか? 今日は映画『アース』を観てきました。ひとつの連鎖が地球全体に波及する温暖化を考えると、ベルグソンやホワイドヘッドが唱えた有機体の哲学が思い出されました。

(1)

Pict05701

(2)

Pict06731

(3) うっかりかさごさんより↓は世界でも2000羽程度しかいない希少種の「ヅグロカモメ」だと教えていただきました。ありがとうございます。

Pict081621

(4)

Pict043611

(5)

Pict066712jpg1

2008.01.27

飛んでくるくるユリカモメ

Pict00881  またか!と言われそうですがユリカモメの飛翔写真を撮ってきました。多々良川の川岸にはカナメモチが植えられていて、ユリカモメがその木を目指して団体で飛んでいき,、また川に帰っていきます。今日の画像はそのシーンではありませんが、ユリカモメが団体で飛んでくるところです。川に向かって撮ってますので逆光撮影になりました。

(2)

Pict0263121_2 

(3)

Pict02661

(4)

Pict00981_2

(5)

Pict01531

(6)

Pict00721

(7)

Pict00651

(8)

Pict02151

2008.01.26

冬の花庭園 (2)

Pict03221jpg11   昨日は雨が降り出したので撮影を中止せざるをえませんでしたが、今日は久しぶりに日差しに恵まれました。お花も活き活きとして昨日とは見違えるようでした。やはり元気がいいお花を撮るのは楽しいですね! 週末なのでお客さんも多く三脚を抱えたカメラマンもたくさん見られました。でも条件はよかったのに同じような画像しか撮れなかったのがちょっと不満ですね。

(2)

Pict01251

(3)

Pict02221

(4) 

Pict010211

(5)

Pict025512

(6)

Pict056651

2008.01.25

冬の花庭園 (1)

Pict04121   冬の箱崎宮花庭園は冬牡丹で有名です。新年早々冬牡丹を撮影したときはまだ蕾が多かった梅の花も今はもう見ごろを過ぎようとしています。今日は牡丹以外のお花と庭園の様子を撮りにまた花庭園に行ってきました。お昼頃は日が射していたのですが、用事をすませて庭園に着いたころは曇り空。撮っているうちに雨まで降り出してきてお天気のフルコースを味わいました。今日は練習撮りなのでそれもいいでしょう。

(2)

Pict00311

(3) 練習だから割り切って撮りましたが、色々なお花がてんこ盛り。

Pict02641

(4) 寒あやめ 

Pict01271

(4)

Pict041511

PCのご機嫌が悪いです。急にネットに繋がらなくなり、いろいろやってもダメなので一度PCを切って再度立ち上げたら繋がりました。今日のお天気のように気まぐれでした。

2008.01.24

空高く舞うトンビ

Pict00071_3    カモやユリカモメだけでなく多々良川にはミサゴやトンビなども生息しています。少し前に撮った画像ですがトンビがユリカモメに混じって飛んでいました。逆光で撮ると色が判りにくいし、鳥に関しては素人なのでミサゴかもしれないと思ってましたが、図鑑によると尾羽の形や翼の先端部の色などから判断できるようですね。空高く舞うのはトンビではないでしょうか!

(2)

Pict00181_3

(3)

Pict00161

(4)

Pict00081

(5)

Pict002711

(6)

Pict001011

(7)

Pict00171

2008.01.23

夕暮れのカモさん

福岡の川ではカモがたくさん泳いでいます。あまりにも普通に見られるのでめったカメラに収めることはないのですが、それじゃカモさんが可哀想。これからはもっと撮ってあげようと思ってます。まずは夕暮れに撮ったカモさんです。

(1)

Pict023111

(2)

Pict01801

(3) 3羽がシンクロでこの格好をしている画像があったのですが、先日鳥の画像を大量に捨てました。その中に入れてたみたいですね。ちょっと残念ですが、また撮りましょう!

Pict02771

(4)

Pict0955121

2008.01.22

レフレンズで楽しむ水仙 のこの島アイランドパーク

Pict05051_2 のこの島 アイランドパークは水仙の名所ですが、今回はちょっと時期が早かったようです。でも観光客の少ない水仙の斜面をお仲間と独占して思う存分撮って来ました! といっても500mmのレフレンズで狙う水仙はちょっと勝手が違います。潮風になびく水仙を遠くから狙うのに苦労しましたが、マクロ撮影はどこでもできると言い聞かせて楽しんできました!

咲き始めはまだ枯れたお花の残骸があちこちにないので撮りやすいともいえますね。

(2)

Pict030111

(3)

Pict03521_3   

(4)

Pict02781_4

(5)

Pict037721_2

(6) Caplio R6 で撮影した画像を追加します。(2008/01/28)

Rimg0318211_4

2008.01.21

500mm レフレンズで遊ぶ ストック

のこの島アイランドパークでは斜面一面に水仙が咲くのですが、残念ながらまだ全部は咲いていませんでした。その斜面に行く途中でカラフルなストックが咲いていました! 500ミリのレフレンズで撮ったストックですが、ちょっとおもしろい画(え)になりました!(クリックすると拡大します)

(1)

Pict02161

(2)

Pict02241

(3)

Pict02281

(4)

Pict023411

(5) またまたハクセキレイに出合いましたので撮って来ました。

Pict02441

(6)このメジロは能古島に着いてすぐ、バス停のところで撮りました。レンズは標準レンズ。能古島のあちこちで山茶花が咲き誇っていてメジロがたくさん来てました。レフレンズで狙ったのですが全部ブレブレでした~。

Pict005413

2008.01.20

おもしろい物発見! のこの島アイランドパーク

Pict00451_2   昨日はのこの島アイランドパークへ行ってきました。お昼前後は晴れるとの予報を信じて福岡ブログ仲間の純さん、mimiさんとご一緒に愛宕浜の渡船場からフェリーで能古島へ。出発時はうす曇りのお天気でしたが、デッキでの撮影も大丈夫。のこの島アイランドパークはシーズンオフの半額料金で、喜びながら入ったとたん、私達を迎えてくれたのは……!

(2)  な、な、なんと大量の洗濯物のような干し大根!

Pict00871

(3) (4) 切り干し大根を作るのため?それともお漬物用?

Pict01171_2

Pict01221_2

     Pict02361

(5)この日は潮風が強いのでお花のマクロ撮影は早々ギブアップ。500ミリのレフレンズとコンデジのRichoR6で撮影することにしました。500ミリでは遠くへ下がらないとお地蔵さん全体は入りません。仕方なく顔のアップです。自然豊かな島だということがよく判ります。本当に鳥さんの多いこと! 

Rimg02521_3 (6) 水仙の斜面へ行く途中、薪で火をおこしているおばさんにお会いました。お料理は薪を利用して作るとか。木が豊富にあれば安上がりですね~。昔はみんなこうやってたんですよね!

Rimg02791_3  (7)中の竈(かまど)でお豆を煮てました。 毎日こうやってお料理をしてるんですって。現代の定義で「優雅な人」とは、ゆっくりとした時間を生きて生活を楽しめる人といえるかもしれませんね。お金があっても忙しい人はたくさんいるでしょうし、タイム イズ マネーでは優雅とは程遠い気がします。暇はあっても生活に困るのは優雅じゃないし。

Rimg02831_2   (8) ついでに五右衛門風呂も見せてくださいました。昔、私の家は五右衛門風呂ではありませんでしたが、親戚の家に行くとこのお風呂でした。子供心にちょっと恐ろしかったのを憶えています。

水道の左にある丸い板をお湯に浮かべてそれに乗ってお風呂に入るんですよね。小さい子は重くないので板がゆらゆらして恐る恐る入りました。

ちょっと懐かしい物に出合えた「のこの島アイランドパーク」でした。

2008.01.19

福岡城跡のハクセキレイ

昨日は福岡城の跡地(舞鶴公園)で撮った梅をアップしましたが、ここの梅はまだちらほらしか咲いていませんでした。でも梅の木の下の花壇ではパンジーが咲き誇り、そのそばでハクセキレイがのんびりと遊んでいました。どういうわけか今年はメジロとハクセキレイに縁がありますねぇ。またかと言われそうですがハクセキレイを撮って来ました。花壇のお花はみな背丈の低いものだったので、お花とハクセキレイのコラボを撮ろうとあれこれ工夫したのですが、なかなかうまく行きませんでした。色もきれいに出るといいのですが……。証拠写真です。

(1) この画像だけノートリミングです。

Pict09141

(2)

Pict09121

(3) 

Pict09171231

(4)

Pict09841

花壇から離れてもずっと追っていたのでハクセキレイの画像はたくさんあるのですが、どれも似たり寄ったりなので省略します。動いているとつい追いかけてしまいますね。

2008.01.18

ほころび始めた梅の花 福岡市内

福岡では早くも梅がほころび始めました! 太宰府天満宮の飛梅も例年より9日も早く開花したようです。いよいよ春ですね! 早速東公園と舞鶴公園へ行ってみました。東公園の梅のほうがたくさん咲いていました。梅の開花は嬉しいのですが、難しい梅の撮影に今年もまた手こずることでしょうね。

(1) 山茶花と共演する東公園の梅

Rimg02311

(2)

Rimg022111

(3)

Pict005412

(4)  

Pict04342

Pict007922

Pict03952

2008.01.17

どーた! ご機嫌なユリカモメ

いつもの多々川ではこんなシーンも見られます。それにしても大きな魚をしとめたものですね! ゲットする瞬間は見てないのですが、口にくわえて歩いているのを発見したので早速カメラに収めました。飲み込むのに苦労してましたが、この後くわえたまま周りにユリカモメがいないところまで飛んでいき無事着地してうまく飲み込みました。

Pict0381121 

この後、くわえたまま飛ぶシーンも着地して飲み込むところも撮れているのですが、ピントがイマイチでした。この時ばかりは早くカメラを買い換えたいと思いましたね。でも鳥と昆虫の撮影の時だけ不満を感じる程度なので未だにαSDを使い続けています。αSDでも鳥の飛翔を上手に撮れる人がいるところをみるとやはり腕なのかなと思ってしまいます。

2008.01.16

ねこ撮影の練習

難しいお花撮影で疲れたので、気分転換に散歩をしてると、ノラネコを発見。ネコ撮影の練習!と思ってカメラを構えたのですが、レンズはまたしてもあの単焦点。このレンズはネコに縁があるみたいですね~。次々に集まってきたノラネコは6匹もいました。今回はなるべく2匹を撮ることにしました。面白いシーンを狙ったのですが、短時間でそうそう面白いポーゾなどしてくれるわけがありません。まあ、練習できればいいやと割り切ってネコ撮影を楽しんできました。

(1) 車体にほっぺを摺り寄せていると思ったら……。

Pict00271  

(2) こういうことだったんですね。ニアミスでした。単焦点なのでとっさに後ろに下がって2匹を入れたのでちょっとピントが狂いましたね。大幅にトリミングしてます。

Pict002451

(3)

Pict03721

(4)

Pict02421

(5)

Pict03991

2008.01.15

黄色の世界 寒咲花菜と蝋梅

昨日植物園に行ってきましたが、この時期これといったお花はありませんね~。寒咲花菜と蝋梅が咲いていました。でも二つとも一眼レフで初めて撮るお花なのです。Dimage A200で撮った記憶がありますが、まだ絞りの操作ができない時でした。昨年の今頃はベトナムだったので蝋梅も寒咲花菜も撮るチャンスがなかったのですね~。黄色は難しい色なので多分、未だもってよく解らない色飽和をおこしている可能性がありそうです。

(1) 蝋梅は斜面の上に数本咲いていたのですが、見上げて撮る構図ばかりでした。でも閉館間際に一本だけ平らな所に咲いていたのを見つけて撮りました。これ一枚きり。

Pict04021

(2) さて問題は寒咲花菜です。黄色は難しい~~!

Pict0492121

(3)

Pict05041

2008.01.14

夕暮れのお散歩 クロツラヘラサギ

十日えびすに行った後、多々良川のクロクラヘラサギを見に行ってきました。福岡の冬は午前中いいお天気でも午後からどんよりと曇る日が多いのですが、この日はめずらしく午後までいいお天気でした。紅い夕陽とまでは行きませんでしたが、クロツラヘラサギが夕暮れの川をのんびりとお散歩中でした。

(1)

Pict06111

(2)

Pict040611

(3)

Pict05391

(4)

Pict04971

(5)

Pict06401

2008.01.13

春を待ちわびて 山茶花

どこのお宅の山茶花もいっぱい花を咲かせて春の訪れを告げてます。山茶花のお花と戯れるメジロを撮った日(9日)、お花も撮って来ました。久しぶりのマクロ撮影でしたが、たくさんのお花が乱舞しているというのも難しいものですね。お花の海の中で若くて綺麗なお花を探してもお隣にしっかりお局様が監視してたりして……。まだまだ撮るチャンスはあるでしょうから、練習とわりきって撮りました。

(1)

Pict00261

(2) お花は開いてないのに、ちょっと花びらが傷んでました。

Pict00121

(3)

Pict002911

(4) 盛りを過ぎたお花ですが一生懸命咲いていました!

Pict08051

2008.01.12

東公園の十日えびす祭 (2)

Pict06641   初詣と違って十日えびすは境内の中がカラフルで賑やかですね。それに「えびすさん」の笑顔をを見れば、こちらまで笑みがこぼれてしまいます。

しかも福引は空クジ無し。次から次に「大当たり~」の声が響き渡り、景品を抱えた人もみな一様に笑顔で帰っていきます。

十日えびすでもなければ、真赤な大鯛やうちわを抱えて道を歩くのは気恥ずかしいのですが、今日はみんな笑顔で意気揚々と歩いています。Pict07281

(3)

Pict00061

(4) (5)

Pict06811_2Pict06951_2

Pict06441_3   (6) 屋台では懐かしい遊び道具も発見。おもちゃを撮るのもけっこう難しかったですね。

Pict02511_3

(7) 子供のわらじもありましたが、今頃履く人はいないので飾でしょうかね?

Pict03801_3

 (8) 最寄の駐車場まで帰るご夫婦の後姿にも満足感が感じられましたね。来年も今年のお飾りや景品を持って十日えびすに来ることでしょう。

2008.01.11

東公園の十日えびす祭 (1)

Pict00581_2   東公園の恵比寿神社で行われる十日えびすに行ってきました。恵比寿さんをお祀りするこの神社では恒例の正月行事です。残念だったのは日にちを間違えて博多芸者の「徒歩(かち)参り」を見逃したこと。それでもこの日も最寄の駅から神社まで人並みが途切れることはありませんでした。

(2)

Pict02861

(3)

Pict07651

(4)(5) 最寄の駅から恵比寿神社まで屋台が300店ほど並び、お参りと福引の両方に長蛇の列ができていました。(4)の左側が福引に並んだ人の列。

Pict063314 Pict05241

(6)(7)

Pict01521

掛け声に思わず買いたくなるのが屋台! 人が多かったけど、気分転換になって楽しかったです。

Pict06021

えびす祭りらしいディスプレーに思わず足が止まりました! 万札の扇は、お好み焼きやさんの屋台にありました。

2008.01.10

八百屋さんの店先で 

香椎川でシラサギを撮った日、街を散策してみました。商店街の八百屋さんの店先でしゃれたディスプレーを発見。その傍には露天の八百屋さんも出てました。

Pict00981

Pict010111

↓おまけです。もちろん八百屋さんではなく、パチンコ屋さん。

Pict02211

2008.01.09

山茶花に囲まれてご満悦のメジロ君

福岡は春のように暖かい一日でした。満開の山茶花にはメジロのお客様が来てました!! メジロは咲き誇った山茶花に囲まれて、いたくご満悦の様子。いろんな仕草を見せてくれましたよ!(上3枚はクリックすると拡大します)

(1)

Pict068611

(2)

Pict06031

(3)

Pict060611

(4)

Pict05991

(5)

Pict06001_2

2008.01.08

香椎川のシラサギ

午前中は青空が広がっていたのに、午後からは冴えないお天気に。ニュースによると一足早い春霞で視界が悪くなったのだそうです。撮影の予定を変更して近所を散策してみました。香椎川でシラサギを発見。川幅はわずか数メートルの川ですが、真っ白なシラサギが1羽いました! 今日は川面に映る景色や波紋を楽しみました。

(1)

Pict02922

(2) 落ちているゴミがはっきり見えるということは、きれいなのでしょうか? 

Pict028811

(3) ちゃんと天然のエサは確保できてるみたいですね。

Pict03471

(4)

Pict002511

2008.01.07

博多 新天町商店街 

   大きく様変わりする博多の街で、昔の面影を残しているのが天神の新天町商店街。子供の頃は天神に岩田屋デパートしかありませんでしたから、新天町商店街の賑わいは大変なものでした。もちろん今は商店が入れ替わっていますが、それでも子供の頃足を運んだお店がまだ健在だったりして懐かしいですね。今日はその新天町商店街を撮って来ました。

Pict03601

Pict04781  現在の天神には紀伊国屋書店やジュンク堂など大型書店が進出してきていますが、子供の頃、大きな書店といえば新天町にある「積文館」か「金文堂」でした。参考書を買いによく来たものです。

Pict03111  よく憶えてないのですが、商店街の中に八百屋さんもあったのですね~。ネーミングからすると最近できたお店のような気もしますが……。この新天町は昭和21年の創業です。

Pict05461 新天町でよく見かけるのが托鉢僧。お坊さんと関係ありませんが、この商店街は日本で始めて商店街のコマーシャルソングを作ってるんですよ! 昭和22年のことだそうですから、私がまだ生まれる前ですね!!

他にも日本初というのがあるそうです。昭和57年に完成したメルヘンチャイム。当時の店主がお金を出し合って作ったとか。毎時違う曲が流れるんですよ。午後6時は「黒田節」。さっすが~! チャイムのある通りはけっこうハイカラな感じです。

Pict03271_2 Pict04931_2

この商店街の裏も意外とモダンでした!

Pict025611 

駆け足で撮影してきましたが、博多の街を再発見して楽しかったですね。新天町ではありませんが、天神で↓も発見。いけませんね~。

Rimg03321

2008.01.06

多々良川のハクセキレイ

ハクセキレイはどこにでもいる水辺の鳥です。多々良川にも数羽のハクセキレイが飛び回っているので、被写体に困った時はモデルをお願いしています。今日は面白いポーズを披露してくれました。(クリックすると画像が拡大します)

(1) 小さい頃バレーを習っていましたが、こんなポーズをさせられましたね。たしか私のパートはカッコーでした。

Pict011111

(2) 500ミリでハクセキレイを撮るとどうしてもメタボさんになってお気の毒です。

Pict023311

(3) 後ろから撮ってもやっぱりメタボさん。ムチムチですね。

Pict028911

(4) 500ミリでハクセキレイの飛翔を撮るのは本当に難しいですね。300ミリくらいだと撮り易いかも。500ミリでも蝶が撮れるのだからと言い聞かせているのですが、蝶は小鳥ほど速く飛ばないのでしょうね。飛び立つ時がチャンスのようですが、それじゃ面白くないな~。

Pict013611

(6) こういうのではなくもっと水平飛翔が撮りたいですね! でも500ミリでは追いかけるのが至難の技です。

Pict06411

2008.01.05

冬牡丹 筥崎宮花庭園

Pict00251   四日の日に箱崎宮花庭園へ冬牡丹を撮りに行ってきました。今の時期はお花が少ないのでついここに足が向いてしまいます。今年は暖冬の影響か、お花の咲くのが早かったような気がします。

開いたお花が多くて見ごろのお花を見つけるのが大変でした。

Pict01511   昨日はレンズを一本しか持って行かなかったので今日また再度撮りに行って藁ぼっち全体が写るように取り直してきました。

冬牡丹の撮り方も大体決まってきますね。

(3)

Pict02221

(4)

Pict01821jpg1

(5)

Pict054411

2008.01.04

取り残された画像より 野鳥

今日の福岡は久しぶりに暖かく、真っ青な空が広がって撮影日和でした。今日も箱崎に行ってきました。お目当ては箱崎宮花庭園の冬ぼたん。撮影してる時はとっても元気だったのに、家に帰ってから風邪なのか、花粉症なのか、くしゃみが止まりません。ちょっとも画像の整理が進まないので、「取り残された画像」より、野鳥編をアップします。

Pict08381

Pict035114jpg1

Pict02571

2008.01.03

筥崎宮玉取祭(玉せせり) 2008年

Pict01551 正月三日に筥崎宮で行われる恒例の行事、玉せせりに行ってきました。見物するのは初めて、もちろん撮影も初めてです。様子が判らないのでまず少し高い場所から撮影してみることにしました。

Pict01821_2   この玉せせりは500年の歴史を誇るお祭で、陰陽の二つの玉のうち陽の玉(重さ8キロ)が筥崎宮を出て締め込み姿の男衆の手に渡ります。

Pict01931_2   岡組と浜組みに分かれた男衆がこの玉を奪い合い、最後にどちらの組が筥崎宮の神職に渡すかによって、その年の豊作か大漁かが決まります。

Pict020111 この玉を頭上にかざすとその年の幸運が舞い込むとされるため、男衆は競って玉を頭上にかざし、成功した人は担ぎ手になったりして次の男衆にチャンスを譲ります。こうやって男衆が次々に代わりながら玉を奪っていきます。

(5) 今日は午後から曇り空。時折薄日が射しましたが、逆光でした。

Pict02911

(6)

Pict02381

(7) 今回は力水がかかったシーンの撮影にあまり成功しませんでした。

Pict04391

(8)

Pict036911

(9)

Pict03811

※私は鳥居を背に撮影したのですが、反対側からの撮影のほうがよかったかもです。背景に神社と鳥居が入るから。でも脚立持参じゃないと撮影は無理でしょうね。

2008.01.02

2008年の初撮り 多々良川のユリカモメ

Pict03251 今日は天気予報に反して快晴のお天気でした。抜けるような青空が広がったので心はウキウキでしたが、気温は冷たく夕暮れの川べりはカメラを持つ手がかじかむほどでした。数日間降った雨の影響で水量が増えたためクロツラヘラサギは中州にじっとしていました。

(1) ユリカモメがほんの少しの間、飛翔したので撮って来ました。

Pict0576121

(2)

Pict058111

(3)

Pict0620121

(4)

Pict053111

(5)

Pict062111

(6)

Pict0569141

(7)

Pict0577111

2008.01.01

初詣 2008年 筥崎宮

明けましておめでとうございます。福岡の元旦はあいにくのお天気で幕を開けました。午前中はみぞれのような雪が降り、うっすらと雪化粧しましたが、午後にはそれも解けて寒い寒いお正月になりました。お天気が悪いので駅からすぐの筥崎宮にお参りに行ってきました。あいにくのお天気なのにかなりの人出で、本殿へのお参りに長蛇の列ができていました。今年の初撮りは筥崎宮の初詣からスナップです。今年もどうぞ宜しくお願いします。

Pict02801

Pict02421

Pict00901

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa