« 夕暮れのお散歩 クロツラヘラサギ | トップページ | ねこ撮影の練習 »

2008.01.15

黄色の世界 寒咲花菜と蝋梅

昨日植物園に行ってきましたが、この時期これといったお花はありませんね~。寒咲花菜と蝋梅が咲いていました。でも二つとも一眼レフで初めて撮るお花なのです。Dimage A200で撮った記憶がありますが、まだ絞りの操作ができない時でした。昨年の今頃はベトナムだったので蝋梅も寒咲花菜も撮るチャンスがなかったのですね~。黄色は難しい色なので多分、未だもってよく解らない色飽和をおこしている可能性がありそうです。

(1) 蝋梅は斜面の上に数本咲いていたのですが、見上げて撮る構図ばかりでした。でも閉館間際に一本だけ平らな所に咲いていたのを見つけて撮りました。これ一枚きり。

Pict04021

(2) さて問題は寒咲花菜です。黄色は難しい~~!

Pict0492121

(3)

Pict05041

« 夕暮れのお散歩 クロツラヘラサギ | トップページ | ねこ撮影の練習 »

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

黄色というのは輝度の一番高い色です。色彩ではありませんが、黒が輝度の一番低い色(?)なんです。したがって、黄色を現すときはバックをなるべく色彩の低い色にするのがコツです。
蝋梅は色のバランスがよいのですが、黄菜は前後のボケが少々煩い感じがします。

黄色と黒のバランスで輝度の違いを一番うまく使っているのが交通表示などに使われている警戒標識や工事現場で使われている遮断馬などであることはご存知のとおりです。
カラーバランスを考える時に、役に立つのがマンセル色相環なので、時間のあるときに調べてみてはいかがでしょうか。これに基づいてカラーの画面組み立てをすると写真が見違えるようになります。コンテストの入賞を狙うのもその辺をどう理解しているかで左右されることが多いのです。

♪イソップさん
黄色は難しいですね。狼狽の撮影も難しかったです。
やはり菜の花は黄色が多すぎましたか。
マンセル色相環のお話は前にも教えていただきましたよね。もう一度調べなおしてみます。ありがとうございました。

みなさん こんにちわ~ (^^)/

瑠璃さんこそ エネルギッシュな活動振りですね!”もうすぐ春”の感じですね。北九州は冬がないのかな?

ギャハハハ!と笑っちゃ失礼ですか・・・ロウバイの撮影に”狼狽”されたようで、瑠璃さんのカキコミが『狼狽の撮影も難しかったです。』になってますよ!(^O^)
そうそう、ベトナムの正月(旧正月元旦)は2月7日です。6日の大晦日夜からベトナム人の家庭を訪問していると、正月の風習が見られます。
爆竹は依然として禁止されているのでしょうね?

イソップさん
マンセル色相環?ーーー初めて聞く単語です(^^;)
私も「マンセル色相環」を検索してみます。

♪紅とんぼさん

ぎゃ~、蝋梅の撮影に苦労したので狼狽になってますね。斜面に咲いている蝋梅は青空バックにとても綺麗でしたが、全部下からのぞくお花ばかりで、単焦点とレフレンズだけだったので色々工夫しましたが全滅でした。枝が重なり合って難しい~~。

旧正月に夫が帰ってきます。東京で確定申告をするので私も東京に行き、一緒にまた山口、福岡と帰ってきます。

マンセル色相環のことは以前にもイソップさんから教えていただきました。でも補色関係のことだけを見るのかと思ってました。私も勉強しなくちゃ。

♪イソップさん

うう、すみません。「狼狽」じゃなくて「蝋梅」です。もうすぐ「老婆」になるので頭が混乱してますぅ。
斜面の蝋梅の撮影、青空バックによかったのですが、お花の中を覗く構図ばかりで情緒がありませんでした。レフレンズとMFレンズで苦労しましたよ。

蝋梅の画面構成は素敵ですね~。
背景暈けとの配置バランスが秀逸ですね。

♪純さん
ありがとうございます。椿園の下の方に蝋梅が数本満開でした。これは温室に行きがけにある蝋梅です。一枚でも撮れてよかったです。蝋梅って本当に難しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕暮れのお散歩 クロツラヘラサギ | トップページ | ねこ撮影の練習 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa