« 鳥がねぐらへ帰る頃 | トップページ | カモさんが飛ぶ »

2008.01.29

温室の時計草

Pict08501_2  今日の福岡はどんよりと曇り、戸外での撮影は難しいので植物園の温室へ行ってきました。お花を見れば時間を忘れて写真を撮ってしまうのですが、今日の画像はどれもピントが甘く、手ぶれもしていてちょっとガッカリな結果になりました。アメジスト時計草は大好きなお花ですが、今日は温室でこんな時計草を見つけました。

(2)

Pict07841

(3)

Pict08301

(4) 昨年の夏に撮ったアメジスト時計草。

Pict041021_2

« 鳥がねぐらへ帰る頃 | トップページ | カモさんが飛ぶ »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

たまあには温室でじっくりと言うのもいいですね。
トケイソウの花も種類がたくさんあってそれぞれ撮り甲斐のある面白さを持っています。この造形は神の力としか言いようがない素晴らしさです。
(2)がいいですね。もう、私の云う事は解っちゃっているでしょうけど、惜しむらくは左の花びらの先端が欲しい!!

♪イソップさん
そうなんですよ!! うぇ~ん、左端がちゃんとあるのははピンアマばかりでした。中腰だったので手振れもひどかったです。足腰が弱った証拠ですね。
時計草は神様しか造れない作品です。

時計草ってこんな複雑なお花なんですね。
珍しいお写真をありがとうございます。
しっかりしたイメージが沸きます。

♪偏屈.さん
本当にこの時計草には驚きました。このお花の撮影も結構難しいんですよ。長く咲くお花なので撮影のチャンスは多いのですが、同じような構図になってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥がねぐらへ帰る頃 | トップページ | カモさんが飛ぶ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa