« 東公園の十日えびす祭 (1) | トップページ | 春を待ちわびて 山茶花 »

2008.01.12

東公園の十日えびす祭 (2)

Pict06641   初詣と違って十日えびすは境内の中がカラフルで賑やかですね。それに「えびすさん」の笑顔をを見れば、こちらまで笑みがこぼれてしまいます。

しかも福引は空クジ無し。次から次に「大当たり~」の声が響き渡り、景品を抱えた人もみな一様に笑顔で帰っていきます。

十日えびすでもなければ、真赤な大鯛やうちわを抱えて道を歩くのは気恥ずかしいのですが、今日はみんな笑顔で意気揚々と歩いています。Pict07281

(3)

Pict00061

(4) (5)

Pict06811_2Pict06951_2

Pict06441_3   (6) 屋台では懐かしい遊び道具も発見。おもちゃを撮るのもけっこう難しかったですね。

Pict02511_3

(7) 子供のわらじもありましたが、今頃履く人はいないので飾でしょうかね?

Pict03801_3

 (8) 最寄の駐車場まで帰るご夫婦の後姿にも満足感が感じられましたね。来年も今年のお飾りや景品を持って十日えびすに来ることでしょう。

« 東公園の十日えびす祭 (1) | トップページ | 春を待ちわびて 山茶花 »

写真」カテゴリの記事

四季折々」カテゴリの記事

コメント

こういう写真は、毎年記録しておくことに意義があり、また、価値も出てくるものです。その時代の証言者になるわけですよね。私も、時代の流れを追いかけていた事もありました。
難しいでしょうけど、何年か続けてみるのも貴重な結果となりますよ・・・

3枚目のお写真が素敵です。
女性のえびす顔を想像したり遊び心のある
素敵なお写真だと思います。
こんなスナップ撮りたいです。


♪イソップさん
スナップも難しいですが面白いです。一昨年もここに来たのですが、出店が少し様変わりしていましたね。今年は不景気の影響か、初詣もえびすさんもかえって賑わっていました。同じ行事を追いかけるのも貴重な資料となるでしょうね。
トルコに居る時に昔のトルコの写真(複製)を何枚も見たのですが、人物が写っている方がはるかに面白かったです。60年代の吉祥寺の写真も見ましたが、車や洋服や道路工事の写真でさ懐かしかったですね~。

♪偏屈.さん
ありがとうございます。瞬間に切り取らないといけないので、実践が一番だと思って頑張ってます。偶然に撮れることもあるので、ますます写真が辞められませ~ん!

瑠璃さん こんにちは~ (^^)/

何だか懐かしい風景ですね!
おっしゃる通り、「えびすさん」の笑顔・・・いいですね~!
笑顔があるところに、ケンカ無し、病気無し、不幸無し・・で 家族円満!
笑顔の効用は計り知れませんね~。
“笑顔教の教祖”に なりたいくらいです(^_^)v

こんにちわ。
十日恵比寿のスナップいい雰囲気が出てますね。
3枚目の女性の笑顔は確かにいろいろな含みを
感じさせて面白いです。

ラストのご夫婦の後姿もなんとなく幸せそうな
感じ、赤いうちわが効いてますねー。

♪紅とんぼさん
ホント、笑顔の効用は計り知れません! 紅とんぼさんが「笑顔教の教祖様」になってくだされば、信徒が増えますよ。私を一番弟子にしてくださいねー。

♪tusima-kajiさん
ありがとうございます。
おしゃれで若い女性が、えびすさんの福引でえびす顔というのがちょっと意味深で面白いかもですね。他の画像は意図的に顔を出さないようにしましたよ。

10日に出かけられたんですね。
私は9日、実家の帰りに寄ってみました。
実は初めて出かけてみたんですよ。
芸妓さんのかち詣りを撮ろうと待ったんですが、人の波で・・・失敗でした(-_-;)
よく考えてみると建物から出てくる帰り道を待てばよかったんですよね。
なんだ、これでお終いだと帰ってきてしまいました。
人の顔を入れるのも気が引けて結局ほとんど撮影しないままでした。

♪legato さん
おお、9日にいらしたのですね。徒歩参りを狙って!
私は10日えびすだから10日が徒歩参りだと勝手に思い込んでました。やはりカメラマンが多かったのですね。
他の県のえびす祭りでは福娘にもカメラの列で驚きました。10日はだれも福娘は撮っていませんでした。一眼を持ってる人も見かけませんでしたよ。でも、人が多くて疲れました~。おしくら饅頭をしながら写真を撮ってるようなもので、ブレ写真を増産しました。

瑠璃さんこんにちは!
行きかう人々の話し声や笑い声が聞こえてきそうなスナップ写真ですね。
「赤」がテーマ色の組写真のようにも思えました。

おめでたい雰囲気がとても伝わってきました♪

♪じょうろさん
嬉しいコメントありがとうございます。スナップにも挑戦してるんですよ! なかなか瞬間に切り取らないといけないので大変ですが、面白いですよ。
野川公園の彼岸花の廊下、とても懐かしかったですよ。冬はひっそりとして彼岸花の時期がうそみたいですね。武蔵野は野草に紅葉に野鳥といろいろ楽しめて羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東公園の十日えびす祭 (1) | トップページ | 春を待ちわびて 山茶花 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa