« ねこ撮影の練習 | トップページ | ほころび始めた梅の花 福岡市内 »

2008.01.17

どーた! ご機嫌なユリカモメ

いつもの多々川ではこんなシーンも見られます。それにしても大きな魚をしとめたものですね! ゲットする瞬間は見てないのですが、口にくわえて歩いているのを発見したので早速カメラに収めました。飲み込むのに苦労してましたが、この後くわえたまま周りにユリカモメがいないところまで飛んでいき無事着地してうまく飲み込みました。

Pict0381121 

この後、くわえたまま飛ぶシーンも着地して飲み込むところも撮れているのですが、ピントがイマイチでした。この時ばかりは早くカメラを買い換えたいと思いましたね。でも鳥と昆虫の撮影の時だけ不満を感じる程度なので未だにαSDを使い続けています。αSDでも鳥の飛翔を上手に撮れる人がいるところをみるとやはり腕なのかなと思ってしまいます。

« ねこ撮影の練習 | トップページ | ほころび始めた梅の花 福岡市内 »

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

すごい。こんな大きな魚を丸呑みするんですね。


実機 ピントが合わないのでしょうか?
カメラ単品とレンズ単品でピンと調整出来ていても組み合わせでズレてしまう事もあると聞いた事があります。
一度、カメラ屋さんに相談してみてはどうでしょうか?

♪偏屈.さん
ええ、こんな大きな魚を丸呑みするんですよ!!ちゃんと鱗がのどにささらないように呑み込んでます。魚ももがくのですが、しっかり挟んで放しません。

実はこの画像は少し前のもので、その後『夕暮れのお散歩』を撮った時はAFが合っていたので、多分腕が悪かったか、お天気が悪かったのでそのせいかもしれません。もう少し様子を見てみますね。いつもいつもピントバッチリというわけにはいかないですよね。ご心配かけてすみません。

しかし大きな魚をゲットしたもんですねー。この魚は何ですか?

AFであってもセンサーの反応が光の波長によって多少のずれが出るようです。たまたま高輝度の部分がセンサーの測距部分に当たれば反応は早いし、やはり苦手な色もあるようです。あまりこだわる事もないと思います。

この後、くわえたまま飛ぶシーンも着地して飲み込むところも
撮れているのですが、ピントがイマイチでした。
↑レンズは何ミリ位をお使いでしょうか?
望遠の長い焦点距離に対して、シャッター速度が
遅かったの
かもしれませんですね。

♪イソップさん
この川は色んな鳥に合った魚が豊富だそうですよ。それにしても大きいですよね。何の魚でしょうかね? 

はい、気にしないことにします。良いときもあれば悪いときもありますよね。ただ、ユリカモメのエサをくわえた飛翔シーンはまだ撮ってないのでちょっともったいなかったです。ずっと食べ終わるまで追っていたんですよ!

♪純さん
いつも500ミリのレフレンズで鳥を撮ってます。この日はお天気が冴えなかったので、SSが出なかったのかもしれませんね。
今日、キットレンズの300ミリの望遠でユリカモメを追いましたが、AFは単焦点の方が早い感じがします(気のせいかも)。

m(__)mおばんです!?胸を張って誇らしげなユリカモメ、お題通りで解りやすいですか(^^)こちらも蝋梅、は7分ほど咲きました例年より10日程早い様です。黄色はホント難しいです。自然光も然る事ながら、その時間帯を選ぶのが難しいですね!?菜の花等はピーカンの青空が好い様な気がしますがそこをピッタリと決めるのがまた難しい(^^ゞ黄色は永遠のテーマですね!?そうそうデジカメマガジンで猫写真のコンテストしています。
http://photo-cafe.jp/index.htmlです。ではでは

瑠璃さん こんばんは~(^^)/

こんなに大きな魚を飲み込んで、大丈夫ですかね? 胃袋が重くなってヨタヨタしながら 飛んだり(^^;)
むしろ、奪い合った方が、魚が細切れになって 食べやすくなるのでしょうけど。
鳥は嘴で細切れにして食べる習性がありませんね。
鱗がノドに引っかからないように、魚の頭の方から 飲み込むだけです。

♪拓隊長さん
お返事遅くなってすみません。そちらの春の訪れも早いですか? 福岡ではもう梅が咲き始めました。
菜の花は青空をバックに撮りたかったのですが、植物園は木が多くてなななか青空をバックに撮れませんでした。黄色は誰にとっても難しい色なんですね。色々撮りながら勉強していきます。
コンテスト情報ありがとうございます。

♪紅とんぼさん
こんなに大きい魚を独り占めしてすごいですよね。鳥は丸呑みするんですね。それにしてもよくこんなに大きな魚をゲットできたものです。上手い具合に落とさないように頭から呑みこんですごいですね。歩くのが大変だったでしょう。当分飛びたくなったかもですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこ撮影の練習 | トップページ | ほころび始めた梅の花 福岡市内 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa