« 取り残された画像より 野鳥 | トップページ | 多々良川のハクセキレイ »

2008.01.05

冬牡丹 筥崎宮花庭園

Pict00251   四日の日に箱崎宮花庭園へ冬牡丹を撮りに行ってきました。今の時期はお花が少ないのでついここに足が向いてしまいます。今年は暖冬の影響か、お花の咲くのが早かったような気がします。

開いたお花が多くて見ごろのお花を見つけるのが大変でした。

Pict01511   昨日はレンズを一本しか持って行かなかったので今日また再度撮りに行って藁ぼっち全体が写るように取り直してきました。

冬牡丹の撮り方も大体決まってきますね。

(3)

Pict02221

(4)

Pict01821jpg1

(5)

Pict054411

« 取り残された画像より 野鳥 | トップページ | 多々良川のハクセキレイ »

写真」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
冬牡丹も今が見ごろですね。藁ボッチは冬牡丹の特徴です。今年は暖かですから無理でしょうけどこれで雪でもあれば言うことなしですがね。
(3)と(5)がなんとも言えません。花の形といい、花びらの透明感といい非常に良い描写です。藁ボッチはちょっと写っていれば旧知の事実として通用します。全体を写そうとして主題が弱くなり失敗することが多いんです。やはり主題はあくまでも花ですから・・・全体に発色は決まっていますし、構図も決まりました。
(4)と(6)はもうちょっとです。何処だか分かりますか?

こんばんわ。
冬牡丹いいですね、藁ボッチを被るようにして
咲いている様子が可愛らしくて風情がありますね。
花の色調も素晴らしいです。

♪イソップさん
やはり藁ぼっち全体を入れる必要はないのですね。全体を撮るとお花がめだちませんものね。元旦の日に薄ら雪が積もったので午後から行ったのですが、地面ももう解けていました。
4、6番はお花と葉っぱの間がまが抜けていて向こうが透けて見えるからでしょうか?

♪tusima-kajiさん
こんばんは。
お花の撮影もけっこう難しいのですが、やはり撮らずにはいられませんね~。こういうお花は撮り方が決まってくるのでいっそう難しいです。

♪イソップさん
一番下に画像を入れました。こちらのほうがよければ4番と変えたいのですが。

座れば・・・なるほどゴージャスな花ですね。覆いの下で大事にされているのを見ると一瞬花とは違う生き物のような錯覚を覚えます。
だんだん花が増えてきますね。

5枚目のフレーミングに惹かれました。
花姿と焦点深度が絶妙ですね~。

おはようございます。
最後のカットを入れ替えてみてください。
(6)は藁苞(わらづと、藁ボッチ)の扱いはいいんですが、右下の半欠けの花に問題があるんです。上から目線で花をたどり、最後に来たときにフゥーと力が抜けてしまいます。全体の締まりがここへ来てゆるんでしまいます。と言って下の葉は欲しいところですし、下をカットするとバランスが悪くなるし、難しいところです。
花撮りのときには、ファインダー内で、構図、カメラの位置方向を再確認する癖をつけましょう。

花は知っているが庭園は知らない、私は。

一歩二歩引いた庭園の雰囲気が判るお写真が欲しいと思いました。

♪イソップさん
お返事大変遅くなって申し訳ありません。昨日は父の89歳の誕生日だったので3人でお祝いしたら父が夜中の2時過ぎまで寝てくれなくてずっとお付き合いをして起きてました。朝はあちらはとっくに起きてるのに、私は起きられませんでした。

前にアップした最後の画像はやはりお花が半分切れてるのがまずいのですね。全体を入れた画像もあるのですが、色があまりよくないのでアップしませんでした。で、3枚目に赤紫の牡丹の画像を居れ、最後のはカットしました。
いかがでしょうか?
大変勉強になります。ありがとうございます。

♪ryoiさん
コメントの順番が入れ替わってすみません。
この藁の覆いは藁ボッチというのですが、ここに雪が積もってくれると冬らしくてぴったりなんですけどね。
こういうお花は難しいです。ryoiさんがどう撮られるのか見てみたいですね。これからお花の季節になるので楽しみです。

♪純さん
5枚目、いいですか?! いつもあまり考えずに感覚で撮っているので、2度とできないかもです。でも経験を積んでいけば身に付くものもあるでしょうから楽しみながら頑張ります。辛口のコメントも宜しくお願いします。

♪偏屈.さん
そうなんですよ。庭園の風景をと思って二度目に撮りに行ったのですが、うまく撮れなかったんです。そんなに広くない庭園なのですけどね。くねくね通路が曲がっていて両脇にお花が植えてあるんです。次回はもっとよーく観察してみますね。2枚目に少し様子が判る画像を入れましたが、あまり出来はよくないんですぅ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 取り残された画像より 野鳥 | トップページ | 多々良川のハクセキレイ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa