« 冬の花庭園 (2) | トップページ | 鳥がねぐらへ帰る頃 »

2008.01.27

飛んでくるくるユリカモメ

Pict00881  またか!と言われそうですがユリカモメの飛翔写真を撮ってきました。多々良川の川岸にはカナメモチが植えられていて、ユリカモメがその木を目指して団体で飛んでいき,、また川に帰っていきます。今日の画像はそのシーンではありませんが、ユリカモメが団体で飛んでくるところです。川に向かって撮ってますので逆光撮影になりました。

(2)

Pict0263121_2 

(3)

Pict02661

(4)

Pict00981_2

(5)

Pict01531

(6)

Pict00721

(7)

Pict00651

(8)

Pict02151

« 冬の花庭園 (2) | トップページ | 鳥がねぐらへ帰る頃 »

写真」カテゴリの記事

野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

こうして見ると、カモメもみんな違う顔をしていて面白いです。面相までバッチリ撮れていてみんないい絵ですねー。
ところで、カモメはモチの実を食べにくるんですか? そう云えば船でおせんべいか何かをあげているところを見たことがありますが・・・

♪イソップさん
愛好会の人は多々良川のクロツラヘラサギの顔もちゃんと識別できるみたいですよ。ですからユリカモメもそれぞれ違うんでしょうね。
ネットで読んだのですが、カナメモチの木に来るのは食べるためということでしたよ。大濠公園で人が投げているのはおせんべいですかね。自然のエサがあるのに大勢の人がエサをやるのは考え物ですね。

瑠璃さん おはようございます!

カモメの撮り方に 慣れてきましたね! 練習の成果!
私なんか こんな情景の時には どれを どう撮ったら良いのか・・・パニックになりますね^^;

♪紅とんぼさん
飛んでくる鳥の撮影はけっこう難しいですよね。飛んでくる場合は単焦点が有利なような気がします。MFで一発勝負ということも聞いたことがありますね。ホントどの鳥に焦点を当てるか困りますが、私の場合は考えるよりとにかくシャッターを切ったほうがいい場合が多いです。


ブログ、 引っ越す事に決めました。
http://tak-home.cocolog-nifty.com/blog/
ココログ(プロバイダーで利用している為)に引越しです。
お手数ですが、リンクの変更よろしくお願いします。

ブログタイトルは
Tack's Photo Blog もしくは
無いものねだりの左手 手放せない右手
でお願いします


かもめ 飛んでるところよく捕らえられますね
AFですか?
俺はカモの飛んでる所写したくても追いつかずでした。。。汗

♪たっくさん
お仕事に慣れましたか? お忙しいところブログのお引越しも大変ですね。ココログだと親戚同士になりましたね。これからもどうぞよろしくおねがいします。
すべてAFの連写で撮ってますよ。

5枚目と7枚目
 もう少しだけ右に振っていたらと思うと
 残念です。
3枚目はのびのびとした優雅さがあり
モデルも満足していると思いますよ。

♪偏屈.さん
そうなんですよ! なかなか思うとおりに行きません。ピントが当たってくれるだけでもありがたい状況なので、さらに練習を重ねますね。α700が安くなってきたので考えています。αSDに不足はないので踏み切るのに勇気が要りますね。AF精度だけですものね。

こんにちわ。
ユリカモメの逆光撮影、面白いですね、
順光とは違って独特の雰囲気があるようです。
難しい撮影をよくこなしていますねー。(^^)

1、2枚目が好きです。

♪tusima-kajiさん
なかなか思うように行きませんが飛翔撮影は楽しいです! ピントが当たってくれるだけで喜んでいる段階なのでまたがんばってみます。これは多々良川で撮りましたが大濠公園のカモメの方が人に慣れてるし近いので撮りやすいです。
1,2枚目、気に入ってくださって嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の花庭園 (2) | トップページ | 鳥がねぐらへ帰る頃 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa