« 多々良川のジュディー・オング | トップページ | 目黒不動尊を訪ねて (2) »

2008.02.16

目黒不動尊を訪ねて (1)

江戸の昔から庶民に親しまれた目黒不動尊。広い境内には謂れのある物も残されていて歴史を感じさせてくれます。興味のある方はこちのHPをご覧ください。

(1) 目黒不動尊の正式名は、天台宗、泰叡山、瀧泉寺だそうです

Pict0409121

(2) 階段の上にあるのが本堂。木立から本道の屋根が見えてます。

Pict043711

(3) 目黒の「め」は馬、「くろ」は畔を意味し、馬の牧からきた地名のようです。日本の建築も曲線と直線が和合して見事ですね。

Pict03751

(4) ここは韋駄天を祭っているんですね。入り口の仁王門に飾られているわらじ。

Pict04241

(5) 謂れのある独鈷の瀧(とっこのたき)もあり未だに枯れることはないそうです。

Pict03491

(6) 14日はこの冬一番の寒さで、冷たい風に絵馬が音を立てて揺れていました。

Pict04161

(7) 縁日には骨董市なども開かれますが、普段はひっそりとしています。神社横のバスどおり。

Pict03691

« 多々良川のジュディー・オング | トップページ | 目黒不動尊を訪ねて (2) »

写真」カテゴリの記事

写真 風景」カテゴリの記事

コメント

cameraスコーンとした青空へ抜けた鬼さんがいいですね。シャープネスといい、テクスチャーといい、見事です。
この不動尊は三つ巴の紋なんですか? やはり謂れのある古刹なんでしょう。
境内をゆっくり見たことはありませんが、絵になる風情がたくさんあるようですね。
最後のカットはとても味かあり、好きですねー。
私のコマダテを盗まれたかなー・・・

cloverイソップさん
ここは三つ巴の紋のようですよ。由緒あるのでしょうね。徳川家光とも縁があるとか。
イソップさんの新宿のお写真を拝見してやはりすごいと思いました。神社や公園はそれなりにレイアウトされた空間なのであまり無駄がないので切り取り易く、それほど気を遣いませんが、街は違います。それぞれが勝手に進化して合体した空間なので切り取るのがとても難しいです。しかも未熟なくせに世相を反映させたいと理想だけは高くて……。
イソップさんの技術やセンスを盗めるくらいの技量が欲しいです!
盗んだってすぐに判るような画像を堂々とアップするほど鈍感ではないつもりですが、いつの間にか影響されてるんでしょうね。重ね重ねありがとうございます。

こんにちわ。
6枚目の絵馬の画像に惹かれましたー、
木漏れ日でしょうか、美しく浮き上がった
一枚の絵馬、澄んだ青空と影になった黒い塔の
コントラストが素晴らしいです。(^^)

clovertusima-kajiさん
ありがとうございます。
とても寒い日で震えながらシャッターを押しました。もっと色々表現したかったのですがなかなか技術が追いつきません。少しずつですね。

今回は2、5、6枚目のフレーミングに惹かれました~。
2枚目は、おじいさんが良いですね~。
5枚目は心持ち右から、ほんの少し引いて撮られたら、と言う気もしますね。(笑)
6枚目はシルエットと光線の扱いが秀逸ですね~。

clover純さん
2枚目、もう少し引くんですね。右にはよれなかったような気がしますが、引けました。
6枚目、ありがとうございます。
とっても寒くて集中力の問題でしたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多々良川のジュディー・オング | トップページ | 目黒不動尊を訪ねて (2) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa