« 旧前田公爵邸 和館 | トップページ | 近所で見つけたコゲラとシジュウガラ »

2008.02.11

旧前田公爵邸 洋館

Pict00661  今日は旧前田公爵邸の洋館をご紹介します。この洋館は旧加賀百万石のお殿様(16代当主前田利為)が建てたもので1929年に完成しました。鉄筋コンクリート建てですが、スクラッチタイルで覆われているので一見レンガ造りのようにも見えます。英国の後期ゴシック様式を簡略化したチューダー様式の建物だそうです。

Pict008911   地上2階(一部3階)、地下1階で屋根は銅版葺きの建物です。嬉しいことに内部の写真撮影も許可されていますが、当時の家具は置かれていません。

(3) 車寄せの前は丸い植え込みがあり真正面からは撮れないので、植え込みの後ろから撮りました。もう少し雪が積もっていると情緒があるのですけどね。

Pict04731

(4)入ってすぐ右手は応接間。椅子は当時のものではなく私たち見物人のために置かれているのでしょう。写真の左手にはマントルピースがありました。

Pict00941_4

Pict020812jpg1_3   (5) この応接間は書斎と繋がっています。書斎の出窓も円形でしゃれいます。出窓の対面の壁には大きな作り付けの書棚がありました。

(6) 旧食堂ですが食堂は二部屋ありました。写真左が来客用、右が少し狭かったので家族用でしょうね。

Pict02351_2 Pict02541

(7) 入ってすぐ左手にある階段。写真の左が玄関です。

Pict01381

(8) 階段を上がったところ。窓は簡素なステンドグラスです。

Pict02431

(9) (10) 一階にある夫人の寝室(左)と寝室に隣接するサロン(右)。寝室には彫刻を施した大理石の鏡台が置いてありました。↓(14)が拡大した大理石の鏡台。

Pict03251 Pict02621

(11)、(12) 色々なインテリアのデコレーション

Pict02051 Pict02821

(13)、 (14)

Pict01681 Pict03221

(15) (16)

Pict035111 Pict039911

(17) 駒場公園から眺めた旧前田公爵邸。

Pict05141

« 旧前田公爵邸 和館 | トップページ | 近所で見つけたコゲラとシジュウガラ »

レトロ探訪」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

やはり、昔の建物は何処を見ても重厚さが違いますね。ここで生活していて、今だったら維持費がどの位掛かるのかなーなんて下世話な想像をしてしまいます。

大変多くのカットを撮ったようですが、上手に繋がっています。建物の内部を撮るコツは一のカットを次につなげてゆく事です。
これを専門用語では「ひっかける」と言いますが、要するに前後のコマに繋がりがあるようにと言うことです。画面の何処かに前のコマに写っている部分があることをいいます。

cloverイソップさん
ひっかけるんですね! 解りました~。
次回の時も忘れずにひっかけます。

イソップさんにはお判りのように色があまりに違いすぎて驚いています。お天気とレンズが違うとこうも違うのかとびっくりしました。
超広角は福岡に置いてきたので昨日は17-35mmのα7Dのキットレンズで撮りました。今日の室内はシグマの14mmF2.8単焦点です。とってもねむい画像を出すレンズなのでカメラの設定でコントラストや彩度を思いっきり上げました。そのせいでしょうか色がずいぶん違っておかしいですね。でも大胆にもアップしちゃいました~。

レンズによって発色の違いのあることは仕方ないことですが、フイルムより、デジのほうが極端に出るようですね。でも、それもひとつの"味"だと思えば許せるのではないでしょうか。
私がデジに踏み切れない理由もその辺にあるのかも・・・

建物内部は、光線状態が以外に複雑ですから
撮り難いものですが、巧くフレーミングされて
ますね~。
10、12、14枚目に強く惹かれました~。

こんにちわ。
ちょっと暖かな感じの色調がとてもいい
ですね、7枚目の赤い絨毯と緩やかな
カーブを描く階段が素晴らしいです。(^^)

cloverイソップさん
レンズによってずいぶん違うのですね。ベテランになればレンズの性質をうまく利用して絵作りができるのでしょうが今はまだ撮るだけでふうふう言っています。早く上手になってフィルムの画角でも撮ってみたいです。

clover純さん
室内の光源は本当に難しいですね。ベトナムのレストランでお料理を撮るときなど苦労します。今回、家具がない分撮影はしやすかったかもしれませんね。10、12、14枚目いいですか? ありがとうございます。私は門司のレトロ地区の撮影も楽しかったですよ。洋館は建築の知識があるともっと楽しめそうですね。

clovertusima-kajiさん
階段は最初撮ったのですが気に入らなくて……。ですから撮り直しに行きました。玄関と廊下の壁まで入れたくて。それに二階の時計やステンドグラスも上手く写したかったので。色調とマッチしていると言ってくださって嬉しいです。門司のレトロ地区へもぜひどうぞ。佐賀からJRで昔のまんまの門司港駅舎に着くと感激しますよ! 旧三井倶楽部では内部の撮影も許可されているのでアインシュタインが泊まった部屋も撮影できますよ!!

この重厚なお邸で、当時、どんな風に暮らしていたのかしらと想像するのも楽しいですね。
室内での撮影はあまり経験がないのですが、外からの光といろんな光源が混ざって難しそう・・・。
瑠璃さんはいろんな被写体に挑戦されてますね。
私も頑張らねば!!

cloverlegatoさん
このお宅に和室が2部屋あるのですが、使用人の部屋のようでした。ふふ、でも今の私の部屋より広かった~~。
legatoさんは構図ばっちりだから鳥さん以外でもすぐにのめりこみますよ! 博多もいろいろあるからがんばってください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧前田公爵邸 和館 | トップページ | 近所で見つけたコゲラとシジュウガラ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa