« 目黒不動尊を訪ねて (1) | トップページ | 福岡の水仙 »

2008.02.17

目黒不動尊を訪ねて (2)

目黒不動尊の近くにいたときはただぶらりと散歩をするだけでしたが、調べてみると古刹は奥深いものがあるのですね。江戸五色不動というのがあり、東京には目黒不動の他に目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動などもあるそうです。五行思想の五色からきているとのこと。どの宗教もそうなのでしょうが数や元素などが基本にあって宇宙的というか非常に哲学的ですね。そのうち五色不動を訪ねてみたいと思います。

(1)

Pict04091

(2) 近所には林試の森もあり緑も多く、江戸時代には鷹狩も行われたそうです。

(Pict05311_2

(3) 本堂裏にある銅造大日如来坐像。裏からこの世の移り変わりをじっと眺めてきたのでしょうね。

Pict05461

(4)  白梅が咲いていましたがもう散り始めていました。

Pict031711

(5)

Pict05671

(6)

Pict0440121

« 目黒不動尊を訪ねて (1) | トップページ | 福岡の水仙 »

写真 風景」カテゴリの記事

コメント

camera奥行きのある静寂さを感じる写真ばかりですね。
ぜひ、五色不動を撮影巡幸し、まとめてみたらよい写真集が出来ると思います。あなたの腕ならきっと納得できるものに仕上がることでしょう。

cloverイソップさん
ありがとうございます。目黒不動尊のすぐそばに住んでいたのにもったいないことでした。
五色不動は面白そうですね。四季それぞれに訪ねてみると面白いでしょうね。じっくりと取り組みたいです。

静かな佇まいのお寺ですね。
こんな場所が近くにあるなんてうらやましい。
風景やスナップが苦手でいやになります。
瑠璃さんのように精力的に出かけて撮ってみないといけないなぁと思いながらどうしても敬遠してしまって(^^ゞ

cloverlegatoさん
けっこう東京にも静かなお寺があるんですよね。
風景やスナップが苦手とご自分で勝手に思ってるだけじゃないかしら?
でも仕事じゃなくて趣味だから好きなものだけ撮ってもいいと思いません?
人それぞれ好みが違うし、人と同じじゃつまらないですもの。
私はこれからの人生、興味のある物しか撮らないと思いますよ。
主人に「もう若くないから、好きなことをしてこれからの人生を過ごしたい!」と言ったら、「あたなは若い頃から好きなことばかりやってきたけど、まだ不足なの?」って言われました。
確かに私は好きなことばかりやってきたのでした~。


5枚目結ばれたおみくじの色が神秘さと
静寂を感じます。素敵ですね。

clover枯露柿さん
ありがとうございます。
夕方の古刹もなかなか味がありますよね。
東京もまだまだ捨てたものじゃありません!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目黒不動尊を訪ねて (1) | トップページ | 福岡の水仙 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa