« 庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (1) | トップページ | 家路 »

2008.03.20

庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (2)

Pict00871

(1)動植物園に入ってすぐ左が歴史博物館、右手がフンブオン廟。動植物園に廟があるのも珍しいですね。

Pict02111

(2)この国では小さい頃から将来お坊さんや尼さんになるための学校に入る人も多いようです。日本と違って戒律的にお坊さんは結婚できないとか。

Pict04811

(3)12ヘクタールの敷地には高い樹木が生い茂り、本当に楽園という感じです。ホーチミン市の中心にあって排気ガスとは無縁で、しかも静かな環境というのがありがたいですね。

Pict02621  (4)この日はブライダルの記念撮影のほかにモデルさんが登場してコマーシャルの撮影も行われていました。暑い中、何度も歩いたり、同じ動作を繰り返したりモデルさんも大変ですね。アオザイって本当に優雅で素適です!

Pict00381 

(5)以前にも書きましたが、ベトナムでは蓮の花は聖なるお花です。飾るだけでなく食材やお茶などにも利用されています。動植物園には蓮池がありますが、残念ながらあまり手入れは行き届いていませんでしたね。 

Pict00211

(6) トンボもいました!

(7)名前が判らないお花も咲いていました。植物園なので名札がありそうですが、ここはお勉強よりも憩いの場という感じです。

Pict0015111

(8)

Pict01161

(9)

Pict0215112jpg1

(10)ここは日曜日ともなると家族連れで賑わうのですが、園内を走る列車のほかには観覧車などの遊戯施設がないので本当に落ち着ける場所です。

Pict0104121;

(11) 蓮池の近所ではウグイスの鳴き声がしていました。ここは高い木が多く、おまけに葉っぱが生い茂っているので、小鳥の撮影はけっこう大変ですね。ハトより少し大きいくらいの鳥がいました!

Pict06261

« 庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (1) | トップページ | 家路 »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真 風景」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

camera
本当にオアシスという感じですね。
物思いに更けりながら、慌てず急がずゆっくりものを見つめられる場所があるのもいいことです。
名前は分かりませんが、魅力的な花も一杯あるようで、どう料理しようか考えながらレンズを覗くなんて最高の贅沢です。
時間の経つのがゆっくりという感じが画面から伝わってきます。

こんばんは。
4枚目、アオザイを着た美しいモデルさん達が素晴らしくいいですね。(^^)
9枚目の花は写欲をそそりますね、いろいろな花がありそうで、
ゆっくり楽しめそうな動植物園ですね。

cloverイソップさん
緑が多いでしょう! 休日は家族連れでにぎわってるので休日ははずして行きますが、平日はあちこち木陰に熱々のカップルがいて下手にカメラを構えられません。
蘭は今が一番綺麗なようですね。他の時期は暑すぎて写欲がわきませんね。世の中なかなかうまく行きません。

clovertusima-kajiさん
モデルさん、素適でしたよ! 午前中ずっと私もモデルさんを撮影してました。全部の画像をまだ見てないのですが、とっても楽しかったです。レンズの連写速度が遅くてもどかしかったです。おかげで他の撮影ができず、お昼は家に帰ってバタンキューでした。
(9)のお花は日本にもありそうな気がしますね。

あまりにも素晴らしくて感動してしまったので、mixiに掲載しても宜しいでしょうか。

☆ KENJIさん
ようこそいらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
旅行中でコメントに気づくのが遅くなりお返事が遅れて申し訳ありません。

mixiへの掲載、ありがとうございます。
私もmixiには登録していますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (1) | トップページ | 家路 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa