« ベトナムにもヒンドゥ文化が! ミーソン遺跡 | トップページ | 古都フエで宮廷料理を食す »

2008.03.07

フエのドンバー市場でであった人々

どこに行っても必ずあるのが野菜から日用品まで売っている市場です。フエには数ヶ所の大きな市場があるようですが、ガイドさんが連れて行ってくれたのはフエ最大のドンバー市場でした。ホーチミン市のベンタイン市場より狭く雑然としていますが、外国人に強要することもなく穏やかな印象を受けました。

(1) カメラを向けるとはにかんで笑顔を作ってくれました。この笑顔はアジア人独特の笑顔でしょうかね。本当にありがとう!

Rimg01061

(2) こちらも嫌な顔もせず写真を撮らせてくださいました。ありがとうございます。おばさんの向こうは金売り場。ホーチミン市のベンタイン市場は何でも売ってますが、金は見かけませんでした。アラブでは眩いばかりの金がずらっと売られているゴールドスーク(金の市場)があり、グラム売りでしたが、ここも量り売りなのでしょうかね?

Rimg008811

(3)

Rimg01101

(4)

Rimg008011

(5)

Rimg010921

« ベトナムにもヒンドゥ文化が! ミーソン遺跡 | トップページ | 古都フエで宮廷料理を食す »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

街角風景」カテゴリの記事

コメント

あ、外国人に買って買ってと声をかけてこないんだ。いいねぇ、
で、金売り場の前のおばさん、そんな所に座って野菜を売っているんですか?
計りが新しいので馴れない人なのかな?
そんな所で、それだけの品物を売って・・・
不思議で強烈、顔がホンコンさんみたいですね。

cloverryoiさん
ベンタイン市場はツアー客が多いので外人慣れしてますね。フエの市場の人々は穏やかでしたよ。やはり地方にいけばおっとりしていますねぇ。
金売り場の前のおばさん、本当に儲かってるのでしょうかね。顔が香港さんみたいですか?!

α350の体験レッスン、福岡はもう満席でした。いつもがらがらなのに……。初期不良があるので少し様子を見てみます。今回、αSDが故障したときのためにDimage A200を持ってきたんですよ。そうそう、R6かGRDのどちらか忘れましたが、二度ほどファームアップをしましたよ。

camera
庶民の生活雰囲気がそのまま出ていますね。
こういう所にも、金、売り場があるなんてチョット信じがたいですが、外国人観光客目当てなんでしょうか?
店構えも簡略で大丈夫なんですかね。その方を心配してしまいます。

cloverイソップさん
ホーチミン市の市場よりもっと庶民の生活に密着した感じがしますよね。夫も私も金売り場があるので驚きました。海ののシルクロードの名残でしょうかね。トルコやアラブではごく普通の光景なんですけどね。
店構えは簡素ですよね。金は多分ベトナム人用ではないでしょうかね? フエは昔宮廷があったし、財産として持つのに最適ですものね。国が侵略されたりしたとき、財産として持ち運ぶのに一番便利だからと聞いたことがあります。お金は外国ではすぐには通用しないし。

今回は1、3、4枚目に惹かれました。
1枚目は良い笑顔ですね~。
3、4枚目はフレーミングが秀逸ですね~。

こんばんは♪

ちょっぴり懐かしいベトナムの景色を見て、また行きたい気持ちがふつふつと沸きあがってきました。
良い写真有難うございます!

今回は鳥は撮ってませんか~?

clover純さん
一枚目、本当にいい笑顔ですよね! きっと素朴なお人柄なんでしょうね。
フレーミングも数をこなしながら練習するしかないですよね。がんばります。

cloverうっかりかさごさん
インドの鳥さんをそちらのブログに観に行きますね! 今回は500ミリをホーチjミンまで持ってきてますが、フエ、ホイアンには持っていきませんでした。ミーソンで青い鳥がもう少しのところで撮れそうでしたが、逃しました。まぁ、200ミリなので撮れてもたいしたことはないでしょうけど。ホイアンのホテルにもスズメ以外の鳥がいましたよ!! 今の時期は気候もいいし、フエ、ホイアン、ミーソンでは本当に鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナムにもヒンドゥ文化が! ミーソン遺跡 | トップページ | 古都フエで宮廷料理を食す »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa