« あのベトナムのおばさんに再会! | トップページ | 庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (2) »

2008.03.19

庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (1)

Pict00751_2 (1)ホーチミン市の歴史博物館に隣接するサイゴン動植物園へ行ってきました。中心街から徒歩でも行けるこの動植物園は樹齢100年を越す樹があちこちにあり、都会の喧騒を忘れさせてくれるオアシスでした。

Pict021512

(2) 入り口こそお子様向けですが、どうしてどうして由緒ある立派な動植物園です。設立は1865年、フランス統治時代のことです。入ってすぐ左手が歴史博物館。

Pict00071

(3) この日、結婚式を挙げたばかりのカップルが記念撮影をしていましたので、撮らせていただきました。撮影用のポーズとはいえ、一般市民も役者根性が要りますね。

Pict05661_2

(4) 初めて樹木に蘭が咲いているのを見ました。ベトナムは蘭も変わってるな~と思いきやすぐにからくりが解かりました。根の出ている欄を樹木に縛り付けているとそのうち樹木に根をおろして寄生するんですね。

(5) 視点を変えて同じ黄色い蘭を撮ってみました。

Pict022621_2

(6) 同じく樹木に咲いている蘭。まだ名札が下がってますねぇ。

Pict050811

(7) 日本でもお馴染みのランタナですが、南国のランタナってこんなに可愛いかったのですね。しばし見とれてしまいました!

Pict041811_3

(8) 今の時期はお花が活き活きとして今までで一番綺麗ですが、どういうわけか蝶があまりいませんでしたね。

Pict028211

(9) 鉢植えの蘭ももちろんありましたが、こちらは地に植えられてすくすくと伸びた蘭。2メーター以上の高さなので見上げて撮るしか撮影方法を思いつきませんでした。

Pict07431

(10) 

Pict07632

(11) 日本的なお花も発見! そうそう、盆栽ガーデンもありましたよ!

※ryoiさんからリンゴアザミのようだと教えていただきました。ありがとうございます。

Pict00801

« あのベトナムのおばさんに再会! | トップページ | 庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (2) »

ベトナム見聞録」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真 風景」カテゴリの記事

花ごよみ」カテゴリの記事

コメント

新郎新婦のこのポーズはカメラマンの要求?
PCの前で照れるのは私だけ?

ランタナも最後のアザミ似の花も素敵ですね。
欄はお花も大きいのでしょうか?

clover枯露柿さん
ええ、ポーズはすべてカメラマンの要求です。助手が手の位置や向きなど細かく注文をつけてますよ。
蘭のお花自体は日本で見るのと同じですが、丈が2メートル以上もあるので驚きました。お花が咲いている株は少ないですけどね。

camera
今日の東京は午後から雨になりました。予報では、今晩からかなり本格的に降るようです。
植物も動物も一緒に見られるなんて、被写体には困りませんね。
やはり、花は自然光が一番です。蘭も良い色が出ていますし、例え、人工的に寄生させたとしても本来の生育環境に生き生きとしていますね。

この度、JAL123墜落を扱ったブログに色々要請があり、ちょっっとゴタゴタ(良い意味で)して、忙しいことになっており、新規投稿が滞っている状態です。coldsweats02

cloverイソップさん
太陽光線が強いのでお花は敬遠していましたが、蘭の色がきれいに出てるとのこと、ほっとしました! ありがとうございます。
大きな樹木が生い茂り本当にホーチミン市の真ん中かしら?と思ってしまいます。我が家から歩いて10分のところにあるんですよ。行きはタクシー、帰りは夕方なので歩いています。

JAL123墜落の現場写真やイソップさんのご経験がお役に立つんですね! よかったですね~。ブログってこういう繋がりができて本当に不思議な世界ですよね。お忙しいでしょうが、落ち着かれたらお花を楽しみにしています。

蘭が暖かい所でのびのび咲いている感じです。
蘭て地植えにするとそんなに大きくなるんですねぇ。花の数は同じなんですね。
一番下の花、リンゴアザミではありませんか!

cloverryoiさん
本当に植物がすくすくと育っています。でもだんだん湿気が多くなって蒸し暑くなりました。
一枚目の中央の門の奥にあるチケット売り場でルミックスを盗まれました。ここでやられている日本人がけっこういるみたいです。数人がグルになって取り囲んでおしくらまんじゅうをやり、その間に盗むんですよ。お財布はしっかりガードするけど、コンデジは忘れてしまうのでそこが狙われます。たいていデジカメをやられてますね。

suncloverryoiさん
肝心なことを忘れてました。
リンゴアザミ、調べてみました。
確かにムラサキルーシャンのようですね!
ありがとうございました。
さすがryoi さんです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あのベトナムのおばさんに再会! | トップページ | 庶民のオアシス、サイゴン動植物園 (2) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Lapislazuli内の検索

**


  • copyright(c) LAPISLAZULI  2004 All rights reserved

aa